フィリピン
フィリピン観光
美しいビーチリゾートでの英語留学も人気

100円で大満足♥フィリピンで食べ歩く地元スイーツ&グルメ!

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年8月2日更新

3,750view

お気に入り

写真:トラベルライター

フィリピンフードってどんなもの?日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、新鮮な海鮮料理やフルーツなどなど、フィリピンは美味しいグルメの宝庫。「レストランもいいけど、せっかくなら地元のものが食べたい・・・そう、できるだけ安くて美味しいものを」そんな時は、いざストリートへ出掛けよう。予算はズバリ100円だ!

この記事の目次表示

フィリピンのおすすめツアー
【WEB予約限定商品】《送迎なしのシンプルプラン》《直行便利用》フルサービスキャリア・フィリピン航空で行くセブ島◇滞在時間たっぷりフライト![成田午前発/現地午後発]◇セブシティエリア:コスパ重視なあなたにオススメ!【キャッスルピークホテル宿泊】部屋指定無し2泊3日間
44,000円~148,800円
【WEB予約限定商品&正規割引航空券利用】《送迎なしのシンプルプラン》《直行便利用》フルサービスキャリア・フィリピン航空で行くセブ島 [成田午前発/現地午前発]◇セブシティエリア:コスパ重視なあなたにオススメ!【キャッスルピークホテル宿泊】部屋指定無し3泊4日間
47,100円~50,000円
【WEB予約限定商品】《送迎なしのシンプルプラン》《直行便利用》フルサービスキャリア・フィリピン航空で行くセブ島 [成田午後発/現地午前発]◇セブシティエリア:コスパ重視なあなたにオススメ!【キャッスルピークホテル宿泊】部屋指定無し2泊3日間
48,800円~148,800円

「タホ」を売る、銀のバケツ男を探すべし!

フィリピンの街中を歩いていると、なにやら大きなバケツをぶら下げた男の人たちの姿がちらほら。「タホ〜タホ〜」と叫んでいる彼らを見かけたら、勇気を出して声をかけてみましょう。そう、実はこれこそフィリピン人が大好きなローカルスイーツ「タホ」です。

  • 写真:トラベルライターいた!銀色のバケツをぶら下げたおじさんだ!

お豆腐スイーツ「タホ」

バケツの片方に入っているのは、熱々のお豆腐

スプーンで豪快にすくったあとは、ぷりぷりのタピオカを。そこにもう一つのバケツに入っている黒蜜シロップをたっぷりかけて出来上がり。

  • 写真:トラベルライターお豆腐スイーツ「タホ」(大サイズ・約45円)。ストロー付きなので食べ歩きに最適!

肝心のお味はというと・・・激ウマです♥

ツルリとした滑らかなお豆腐とタピオカがベストマッチ!日本人にはなかなか想像がつかない組み合わせかもしれませんが、これがとっても美味しいのです。イソフラボンと甘さ控えめの黒蜜が女性にも嬉しいですね。

そして気になるお値段は・・・大=20ペソ(約45円)小=10ペソ(約22円)。・・・うーん、安い!!

しかし、すべてはおじさん次第

「売り歩き」ということで、食べたい時に必ず「タホおじさん」に会えるとは限らない。そう、すべてはおじさんの気分次第・・・。

そこで出没時間帯を狙いましょう。マニラで地元の人に聞いたところ、朝7〜8時頃、出勤通学時に多く出没するとのこと。特に学校、オフィス、駅前などが狙い目なのだそう。ホテルで朝食よりも、地元の人々と一緒にタホをゲットして、元気に1日をスタートさせてみてはいかが?

無敵の美味しさフライドバナナ

世界有数のバナナ生産量・出荷量を誇るフィリピンだからこそ、スイーツも充実。「揚げバナナなんて・・・」などと思うなかれ。想像を超える美味しさ、ここにあり!

とろ〜りとろける「バナナ・トゥロン」

あちこちの屋台でゲットできる、フィリピンのストリートフードを代表する一品。

カリカリっとした食感の秘密は、春巻きの皮。一口噛むと、クリスピーな皮の中からトロトロのバナナが溢れ出して、これまた絶品の美味しさ。

  • 写真:トラベルライターこのバナナ・トゥロン(1本約22円)はフィリピン大学前でGET。カリッカリの春雨の皮と甘いバナナがベストマッチ!

筆者ATAがトライしたものには、ジャックフルーツも入っていて、美味しさUPでした。1本=10ペソ(約22円)なり!

焦がしキャラメル「バナナ・キュー」

ご覧の通り、「揚げバナナの串刺し」です・・・。

  • 写真:トラベルライター市場でGETした「バナナ・キュー」(約22円)はフィリピン人大好物のおやつ

「なんだか味が想像できるよ」という声がみなさんから聞こえてきそうですが、ご安心を。ただの揚げバナナではなく、"キャラメルバナナ"なんです。カリッカリッと焦がしたキャラメルバナナは、まるでクレームブリュレ。大満足の美味しさで、1本=10ペソ(約22円)なり!

歩き疲れたら「ハロハロ」で休憩しよう

暑〜いフィリピンの街中で、歩き疲れた時にぴったりなのがキンキンに冷えた「ハロハロ」。日本でも某コンビニで売っているので、その名前を知っている人も多いかもしれません。

  • 写真:トラベルライターキンキン凍った「ハロハロ」(約94円)で炎天下を乗り切ろう!

紫色の「タロイモ」アイスは甘さ控えめで◎ なめらかプリンと豆の下には、キンキンに冷えたかき氷。タガログ語で「ハロハロ」は「混ぜ混ぜ」という意味だということで、豪快にミックスして召し上がれ!

屋台でもゲットできますが、見つからない時には、フィリピン街中あちこちにあるファーストフードChowkingのハロハロがおすすめ。サイズいろいろ、47ペソ(約94円)〜!

ローカルフードも充実

おしゃれなレストランで食事もいいけれど、小腹が空いた時には屋台でローカルフードがおすすめ。マニラ市内あちこちで屋台が開かれていますが、ここでは北部の高原都市「バギオ」の夜市を紹介します。

日も暮れた20〜21時頃、あちらこちらから出店が現れ、ストリートは瞬く間にフィリピーノたちで溢れかえります。地元の人たちと肩を並べて食べてみましょう!

  • 写真:トラベルライター「マミ」のお店

「フィッシュ・ボール」

  • 写真:トラベルライター魚、イカ、タコ、野菜などいろいろな味が楽しめる「フィッシュ・ボール」はどれでも1本=5ペソ(約11円)と激安!

日本でいう「かまぼこ」。魚、タコ、イカ、野菜など、いろんな味が選べます。好きなものを選んで、店のおばちゃんおじちゃんに渡せば、その場でカラリと揚げてくれます。

  • 写真:トラベルライター揚げたて熱々!フィッシュボールを頂きます!

店頭に置かれた酢や甘辛餡かけソースをかけて頂きます。外はカリカリッ、中はふんわり。ちょうどいい塩加減は、ビールのつまみにも最高!

1本=5ペソ(約10円)だから、何種類でも食べたくなっちゃうこと、間違いなし!

ヘルシーな「パンシット」

  • 写真:トラベルライター春雨「パンシット」はペロリ!といけちゃう美味しさ

つるつるの春雨と野菜の炒め物。オイスターソースのような、コクのあるソースが決め手です。シークワーサーをかけていただくと美味しさUP!

春雨だから、カロリーが気になる女性でも安心して頂ける一品。こちらは、5人前の大皿で130ペソ(約260円)。ということは・・・一人あたり約52円

絶品ラーメン!「マミ」

最後にご紹介するのが、ぜひ屋台で試して欲しい「マミ」。日本でいうラーメンです。

  • 写真:トラベルライター半熟卵付き「マミ」(約50円)は日本でいう牛肉ラーメン

こちらのお店のマミは、牛スープ味。注文すると、じっくりとダシをとった熱々スープを注いでくれます。麺はコシのある固麺で、スープとよく絡みます。半熟卵を混ぜれば、まさに絶品!大満足の一杯は25ペソ(約50円)なり!

ルソン島北部を旅した時には、ぜひ「バギオ」夜市にも出かけてみて!

バギオ ナイト マーケット
フィリピン / 市場・朝市
住所:Harrison Rd, Baguio, Benguet, フィリピン地図で見る
Web:https://www.facebook.com/baguionightmarket/

フィリピングルメの真髄はストリートにあり!

いかがでしたか?フィリピーノたちと肩を寄せ合って食べる地元グルメには、美味しい発見がたくさん。フィリピンを旅行するなら、小銭を持ってストリートに出掛けましょう!

マニラ
フィリピン / 町・ストリート
住所:マニラ フィリピン地図で見る

フィリピン旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばフィリピンのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でフィリピンのすべてのツアーをみる>>

フィリピンの旅行予約はこちら

フィリピンのパッケージツアーを探す

フィリピンのホテルを探す

フィリピンの航空券を探す

フィリピンの現地アクティビティを探す

フィリピンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?