2016年12月22日更新

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だからこそ美味しいグルメを食べる旅もおすすめ。冬の海外旅行におすすめの国を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

オセアニアは春〜夏を迎える

オーストラリア

  • グレートバリアリーフ

日本の冬の時期はオーストラリアは春〜夏を迎えます。夏は日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは必須。夏といっても夜は爽やかで気持ちがよく、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ブリスベン、ゴールドコーストは比較的過ごしやすい。

オーストラリア

オセアニア・ミクロネシア

 

ニュージーランド

  • マウント・マウンガヌイ

オーストラリアと同じく12月からは夏を迎えるニュージーランド。湿気が少なく過ごしやすいですが、やはり日差しが強いため日焼け止めなどは必須です。

ビーチリゾートでゆっくり過ごすのはもちろん、ホエールウォッチングやイルカと一緒に泳いだり、また緑が美しい時期なのでニュージーランドの大自然を楽しむのもいいですね。夏のクリスマスを体験するのも面白いですよ。

ニュージーランド

オセアニア・ミクロネシア

 

東南アジアは冬にベストシーズン

タイ

  • パタヤ

年中暑いタイの観光ベストシーズンは11月〜2月頃。雨季が終わりカラっとした晴天の日が多くなります。パタヤやプーケットと言ったビーチリゾートから大都市バンコク、多くの寺院や遺跡が残るチェンマイなどタイ全土が、この時期ベストシーズンを迎えます。

  • コムローイ祭り

11月にはチェンマイでディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のモデルにもなったと言われる「コムローイ祭り」が開かれ、世界各国から多くの観光客が訪れます。

タイ

アジア

 

カンボジア

  • ベンメリア遺跡

熱帯に属し一年を通して高温多湿のカンボジアも、12月〜2月までは暑さも比較的やわらぎ乾季を迎え雨が少なく、観光に向いているシーズンです。

世界遺産のアンコールワットやジブリアニメ「天空の城ラピュタ」のモデルとも言われるベンメリア遺跡などの遺跡を観光したり、カンボジア随一のビーチリゾートのシアヌークビルで過ごすのもいいですね。

  • ロン島

シアヌークビル沖のロン島は真っ白な砂浜と透明度の高い海で、近年人気を集めています。

カンボジア

アジア

 

フィリピン

  • マニラのキアポマーケット

近年留学先として人気の高いフィリピンのベストシーズンは乾季にあたる11月〜3月。この時期は湿気も少なく、一年を通して暑いフィリピンにおいて比較的過ごしやすい気候です。ただセブ島は雨季と乾季が明確ではなく年中ベストシーズンと言えます。

フィリピン

アジア

 

ベトナム

  • ホーチミンの中央郵便局

南部のホーチミンと北部のハノイでは気温に差があり、ホーチミンは11~3月が乾季で湿気も少なく観光のベストシーズンを迎えます。一方のハノイは乾季という意味では10~2月がベストシーズンですが、夕方には15度を下回ることも多いので服装には気をつけたいですね。

  • ハノイ旧市街

商業都市として活気をみせるホーチミンと、昔ながらの町やフランス統治時代の建物も残るハノイはそれぞれに違った顔を見せるのが面白い。

ベトナム

アジア

 

南アジアも冬に観光シーズンを迎える

インド

  • ヨガの聖地リシケシにあるシュリー・トラーヤンバクシュワール寺院

5月〜6月には40度を超えることもあるインド。乾季を迎える11月〜2月が観光のベストシーズンで雨もほとんど降りません。ただインドの北部は12月〜1月は朝晩に冷え込み、デリーでは5度以下になる日もあります。ですので防寒対策が必要となってきます。

インド

アジア

 

スリランカ

  • キャンディにある 仏歯寺

インドの南にある島スリランカは北東部と南西部でベストシーズンが異なります。人気が高いコロンボやキャンディがある南西部は12~3月が乾季となり、まさに冬にベストシーズンを迎えます。

南西海岸には魅力的なビーチが目白押しなのでビーチリゾートを楽しむのもいいですね。

  • ベントータビーチ

コロンボから車で1時間半ほど、インド洋に面したベントータはスリランカ屈指のビーチリゾートです。滞在型のアーユルヴェーダの施設も多くあります。

スリランカ

アジア

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2015年11月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
小さなおでかけから暮らす旅まで

小さなおでかけから暮らす旅まで、知らない場所へ行って街歩きを楽しんだり、可愛いモノをみつけたり、そしてとくにその土地のカフェを巡るのが大好きです。最も長く滞在したソウルでは毎日いろんなカフェに出向いてはつたない韓国語でお店の人と交流するのを楽しんでいました。これからも国内、海外問わず、さまざまな土地へ出向いてお気に入りのお店を見つけたり、その土地の空気を肌で感じていきたいです。

http://holidaynote.com/

最近人気の記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!