シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

スカイライン・リュージュ・セントーサ

Skyline Luge Sentosa・Luge and Skyride

26,979

view

丘の上からくねくねコースをカートで滑り、帰りはリフトで空中散歩

スカイライン・リュージュ・セントーサ

セントーサのアトラクションの1つで、子供にも大人にも大人気!小高い丘の上から約600メートルのコースを、子供でも操作できるゴーカートのような小型そりで滑り降りてくる「リュージュ」と、スキー場のリフトのような乗り物で、リュージュの終着点から丘の上のスタート地点までまで戻る「スカイライド」の組み合わせ。子供でも楽しめるが身長制限(85cm未満は不可)にはご注意を。

スカイライン・リュージュ・セントーサについて

はじめに

このスカイライン・リュージュは、セントーサ島に点在するアトラクションの1つで、子供にも大人にも大人気!

小高い丘の上から約600メートルのコースを、子供でも操作できるゴーカートのような小型そりで滑り降りてくるリュージュと、スキー場のリフトのような乗り物で、リュージュの終着点から丘の上のスタート地点までまで戻るスカイライドがあります。

もともとはニュージーランドで生まれたもので、東南アジアではこのセントーサが初めてのようです。

身長制限などの注意点について

子供に大人気といっても、身長制限があるのでご注意を。

  • まずリュージュもスカイライドも身長が85cm以上ないと乗れません。
  • さらにリュージュは、110cm以上(かつ6歳以上)あれば1人で乗ることができ、それ以外の場合は大人と2人乗りならばOK。
  • スカイライドは135cm以上あれば1人で乗ることができ、それ以外の場合は大人が同乗していればOK。

となっています。

  • 身長制限あり。事前に計って確認しましょう。
  • 二人乗りの場合

また、妊婦さんや首・背中などに持病をお持ちの方は乗ることが出来ませんのでご注意ください。

  • 持病の方はご注意を。

チケットについて

チケットは、丘の上にあるリュージュの乗り場でも、丘の麓にあるスカイライドの乗り場でも、どちらもで購入可能です。

また、さまざまパッケージチケットがあります。

ためしに、リュージュとスカイライドを1回ずつ乗ってみたい場合なら、コンボA(一人15ドル)。家族4人で同じように1回ずつ乗るならば、コンボDファミリー4(39ドル)がお得ですね。

また、スカイライドだけのチケットや、リュージュのライセンス保有者、セントーサアイランダーカード保有者向けの割引もあります。

さらに、この料金表には記載されていませんが、一人7ドルでエクスプレスパスも購入可能。これがあると、リュージュ、スカイライドともに優先レーンで乗ることができるので、順番待ち時間が大幅に減らせます。

  • 料金表
  • エクスプレスパス(一人7ドル)

リュージュについて

リュージュには「ジャングル・トレイル(Jungle Trail)」と「ドラゴン・トレイル(Dragon Trail)」の2つのコースがあります。

いずれのコースも所要時間は2分ほど。カーブが多いドラゴントレイルの方がやや人気があるようです。

  • コースはドラゴントレイルとジャングルトレイルの2つ

リュージュの乗り場ですが、左側が一般の順番待ちレーン。週末になると100名以上の列になることも。

一方、右側は優先レーン。ここはエクスプレスパスの購入者(一人7ドル)、リュージュのライセンス保有者、もしくはリュージュの回数券でこの日2度目以降の人が並ぶことができます。最初にリュージュに乗ったとき、コースの最初のあたりにいるスタッフの方が手の甲にスタンプを押してくれるので、2回以上乗る人は消さないように注意しましょう。

  • 優先レーン

ここがリュージュのスタート地点です。スタッフの方が操縦方法を教えてくれます。これがとても簡単。ハンドルを引っ張ると前に進み、さらに引っ張るとブレーキです。あとはハンドルを左右に動かして向きを変えるだけ。本当に簡単ですよ。

  • リュージュのスタート地点

ここが丘の麓のリュージュの終着ポイントです。

  • リュージュの終着点です。

スカイライドについて

リュージュの終着ポイントから、スカイライドに乗って丘の上に戻ります。まさにスキー場のリストそのまんまですね。

  • リュージュの終着点とスカイライドの乗り場。
  • スキーのリフトそのまんま!

途中の柱にカメラが仕掛けてあります。あとで購入可。

このスカイライド、意外と怖いです。かなりの高所・・・。遠くにマリーナ地区のビル群も見えます。

  • スカイライドの途中にはカメラが設置されてます。降りたところで購入可能。
  • スカイライドからシンガポールの金融街が見えます。

恐る恐る後ろを振り返ってみると海が見えます。

いちおう、所々にネットが張ってあるのですが、なんというかすごく適当な場所に張ってあるので、気休めにすらなりません(笑)

  • スカイライドはスキーのリフトそのまんま
  • スカイライドはかなりの高所。落とし物が車にぶつからないようにネットが張ってあります。

なんとか丘の上に到着。所要時間5分ほど。

  • スカイライドの丘の上側の終点

さいごに

子供に大人気のアトラクションですが、大人でも十分に楽しめます。特にリュージュはそれなりにスピードが出るので、コーナリングなどを工夫してタイムを計ったり、大人同士で競争したりするとかなり楽しめると思います。

セントーサ島というと、ユニバーサルスタジオが一番人気ですが、こちらのアトラクションもぜひ試してみてくださいね。

さいごに、公式サイトのプロモーション動画をどうぞ。

※これは2014年10月頃の情報です。

トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

このスポットが紹介されている記事

シンガポール・セントーサ島の人気観光スポットTOP14!旅行好きが行っている観光地ランキング

ユニバーサルスタジオやシー・アクアリウムなど、シンガポール・セントーサ島の観...

2018年9月13日|16,588 view|トリップノート編集部

シンガポールで体験したいアクティビティ7選!

シンガポール旅行でアクティビティを楽しみたい!海外っぽい豪快なアトラクション...

2015年1月4日|24,552 view|トリップノート編集部

シンガポールを子連れで観光!家族旅行のおすすめスポット11選

シンガポールには、子供が楽しめる観光スポットが盛りだくさん!動物園、アミュー...

2014年12月12日|92,489 view|ツダゼンタイ

スカイライン・リュージュ・セントーサの写真

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    持病の方はご注意を。

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    二人乗りの場合

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    丘の上のリュージュの乗り場のチケットカウンター

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    身長制限あり。事前に計って確認しましょう。

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    コースはドラゴントレイルとジャングルトレイルの2つ

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    料金表

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    エクスプレスパス(一人7ドル)

  • スカイライン・リュージュ・セントーサ

    優先レーン

スカイライン・リュージュ・セントーサの基本情報

※このスポット情報は2014年7月23日に登録(2019年12月3日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

  • テイスト・オブ・シンガポール

    チキンライスやラクサなど、メジャーなローカル料理が揃うカジュアルレストラン

    (アジア料理|徒歩1分)

    テイスト・オブ・シンガポール
  • タイガー・スカイ・バー

    (居酒屋・バー|徒歩1分)

  • アズーラ

    週末にはDJイベントも☆オープンエアのレストランでリゾート気分を味わおう

    (居酒屋・バー|徒歩2分)

  • 周辺のグルメをもっと見る

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります