山梨
山梨観光
周囲を山に囲まれた、国産ワインの有名産地

河口湖音楽と森の美術館(旧河口湖オルゴールの森美術館)

かわぐちこおるごーるのもりびじゅつかん

4,324

view

ここは小さなヨーロッパ!オルゴールの音色と富士山の絶景が楽しめます

河口湖音楽と森の美術館(旧河口湖オルゴールの森美術館)

一歩足を踏み入れると、まるでヨーロッパの街に迷い込んだような世界が広がります。ドイツやイギリスなどヨーロッパで作られたアンティークオルゴールや、タイタニック号に乗せる予定だった自動演奏楽器などが展示されています。世界的にも貴重なオルゴールの演奏や生演奏コンサートなどのショーも開催。館内の「カリヨン広場」や「感動テラス」からは富士山の眺望を楽しめます。

このスポットが紹介されている記事

【甲信越】女子一人旅におすすめの観光スポット12選

二千年余りの歴史を刻む名社・戸隠神社や、標高2,000mの野外彫刻美術館・美...

2022年11月10日|132 view|トリップノート編集部

甲信越の人気美術館TOP11!旅行好きが行っている美術館ランキング

河口湖音楽と森の美術館や美ヶ原高原美術館、松本市美術館などの甲信越の美術館を...

2022年5月13日|758 view|トリップノート編集部

甲信越の人気観光スポットTOP33!旅行好きが行っている観光地ランキング

富士急ハイランドや松本城、善光寺に旧軽井沢銀座通りなどをはじめとする甲信越の...

2022年5月2日|1,773 view|トリップノート編集部

【山梨】1泊2日で河口湖・忍野八海・山中湖・鳴沢氷穴をめぐる観光モデルコース

1日目は山中湖に花の都公園、忍野八海、北口本宮冨士浅間神社、新倉山浅間公園を...

2021年4月30日|12,034 view|トリップノート編集部

山梨デートに!カップルにおすすめのデートスポット30選

”新日本三大夜景”に認定された夜景の名所「笛吹川フルーツ公園」や、花畑越しに...

2020年3月17日|151,852 view|トリップノート編集部

【2022年版】全国の人気美術館TOP23!みんなが行った美術館ランキング

2022年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデー...

2019年7月16日|124,256 view|トリップノート編集部

【山梨】河口湖は車なしでも楽しめる!バスで巡る1日観光モデルコース

河口湖は富士山がきれいに見える人気の観光スポットですが、車がないとあまり楽し...

2019年4月2日|32,117 view|Yui Imai

山梨の人気観光スポットTOP35!旅行好きが行っている観光地ランキング

富士急ハイランドや忍野八海、富士山などをはじめとする山梨の観光スポットの中で...

2018年1月10日|6,573 view|トリップノート編集部

富士山とグルメを堪能!河口湖・山中湖周辺のおすすめスポット15選

山梨県と静岡県にまたがる日本一の高さを誇る山で、世界文化遺産に登録された「富...

2017年4月24日|3,369 view|サトホーク

素敵♪がいっぱい!富士山麓の観光スポット11選

世界に誇る日本の名峰、富士山の麓には、魅力的なスポットがめじろ押し。絶叫マシ...

2017年4月18日|1,985 view|Olive

河口湖音楽と森の美術館(旧河口湖オルゴールの森美術館)の写真

  • 河口湖音楽と森の美術館(旧河口湖オルゴールの森美術館)

河口湖音楽と森の美術館(旧河口湖オルゴールの森美術館)の基本情報

  • アクセス
    その他:
    富士急行河口湖駅から河口湖周遊バスで約24分、河口湖オルゴールの森美術館バス停下車すぐ
  • 住所
    山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20 [地図]
  • 電話番号
    0555-20-4111
    ※お問い合わせの際は「トリップノートを見た」とお伝えいただければ幸いです。
  • WEB
  • 営業時間
    9時~17時30分(入館は~17時)
  • 定休日
    無休(冬期は休館日あり)
  • 料金
    おとな1500円、大学・高校生1100円、小中学生800円
  • 予約
  • キーワード
  • 備考
※このスポット情報は2017年3月13日に登録(2022年5月13日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

山梨の予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります