バリ島
バリ島
日本人に人気のエキゾチックアイランド

【バリ島】見学もできて、お土産も買える‼︎おすすめ手作り工房3選

2018年8月13日更新

97view

お気に入り

バリ島では様々なものが手作りされていて、お土産として人気が高い籠バッグや金、銀細工もその多くが手作りされています。そこで今回は手作りの作業風景も見学できて、お土産も買えるおすすめの手作り工房をご紹介します。

この記事の目次表示

【1】Bali Handy

まずご紹介するには、日本人の女性に大人気な籠バッグの手作り工房”Bali Handy”です。ウブドの中心街から車で15分くらいのところにあり、アクセスもよく気軽に行くことができます。

工房に着くと、日本語が話せる店員さんが籠バッグの作り方を手順を追って説明してくれます。Bali Handyの多くの店員さんは日本語を話すことができるので、いつ行っても日本語での解説を聞くことができ安心です。

Bali Handyで売られている籠製品は全て、この工房で作られたもので、その種類もかなり多くありました。これだけ多いと一つはお気に入りの籠製品が見つかりそうですね。

店員さんによるとBali Handyで人気が高いのは、この丸い籠バック(450,000ルピア=約3,750円)とのことでした。日本でもこのタイプの籠バックを持っている方をよく見かけるので、やはりトレンドは同じなのかもしれません。

先ほどの籠バックは少し高いと思った方には、コースターがおすすめです。値段も2つセットで、24,000ルピア=約200円とお手頃なので、お土産にも最適です。

Bali Handy
バリ島 / 工場・施設見学 / お土産 / ファッション
住所:Jl. A.A. Gede Rai No.70, Lodtunduh, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571 インドネシア

【2】Sari Amerta

次にご紹介するのは、ウブドとクタの間あたりに位置している”Sari Amerta”というブティックです。ウブド、クタどちらからも車で30分くらいで行くことができます。

その外観だけ見ても少しわかりにくいので、Sari Amertaに行く際にはしっかり住所をドライバーに伝えましょう。

ブティックとは言っても、Sari Amertaではバリ島らしいアジアンテイストなワンピースやシャツを手軽に購入することができます。ウブド市場などの観光地にあるショップの方が格段安くこのような衣類を購入できますが、バリ島で売られているワンピースやシャツは安かろう悪かろうが多いのが現状です。

バリ島に来た記念にアジアンテイストな衣服を買いたいと考えている方は、少し値が張っても、Sari Amertaのようなちゃんとしたブティックで購入することをおすすめします。

Sari Amertaの店内は撮影禁止だったので、詳しい商品をご紹介できませんが、このようなシャツやワンピースであれば、3,000円〜5,000円くらいで購入できます。

Sari Amertaでは商品が並ぶ店内への入り口の向かい側に工房があり、間近でその作業風景を見学することができます。細かな作業を行う風景を見ると、しっかりと作られており、その値段にも納得すること間違いありません。

Sari Amerta
バリ島 / 工場・施設見学 / ファッション
住所:Jl. Raya Batubulan No.9, Batubulan, Sukawati, Kabupaten Gianyar, Bali 80237 インドネシア

【3】Yatra Gallery

最後にご紹介するのは、”Yatra Gallery”という銀細工の工房です。店内には所狭しと銀細工が並んでいて、見ているだけも不思議な感覚になります。

この工房にも日本語が堪能な店員さんがいるので、安心して詳しい解説を聞くことができます。銀細工の作業は本当に細かな作業が多く、ピンセットで1ミリもないような小さな装飾を取り付けています。

銀の指輪は4,000〜5,000円からと少し高かったのですが、Yatra Galleryで売られている銀細工はバリ島の中でもかなり高いランクの商品なので、一つ記念に購入するのもいいかもしれません。

予算が厳しいという方は、このガムランボールがおすすめです。ガムランボールは身につけていると願いが叶うと言われている、鈴のような小さな楽器がついたバリ島の幸せのお守りです。値段も85,000ルピア=約700円から購入できるので安心です。一つ一つ手作りされており、その装飾も音色も異なるので、自分のお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

Yatra Gallery
バリ島 / 工場・施設見学 / その他ショッピング
住所:Jl. Raya Singapadu No.87, Singapadu, Sukawati, Kabupaten Gianyar, Bali 80582 インドネシア

まとめ

今回は手作りしている作業風景も見学できる工房を3ヶ所ご紹介しました。車をチャーターすれば全てを1日で回ることもできるので、ぜひ皆さま行ってみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月5日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【バリ】現地でしか買えないお土産から定番土産まで!おすすめ7選

ナシゴレンの素やココナッツオイル、地元アーティストによるデザイン雑貨やナチュラルコスメなどが豊富で、バリではお土産選びやショッピングが一日中楽しめます。今回は特...

バリ島お初の方向け!王道満喫1日プランのご紹介!

2017年3月に、LCCのエアアジアXが成田空港~バリ島(デンパサール空港)までの直行便を発表しました。片道¥9,900~から発売されているお得なチケットもあり...

【バリ島】コスパ最高⁉︎ウブドのスーパー「COCO」で買えるおすすめのお土産5選

海外旅行でお土産を買う時、スーパーマーケットで購入すると、お土産屋さんで買うよりも安く買えることが多くありますよね!そこで今回は、ウブドの中心部にあるスーパーマ...

バリでカワイイを探す旅!メキシコ風からNZ風まで色とりどり♪

リゾートとして名高いバリで、海やエステの他にも楽しめるのが街歩き。欧米からも観光客が集まるこの地では、流行を先取りするオシャレなショップが集まるストリートや、ヨ...

バリ島【ウブド】で女子力をアップする5つの方法

バリ島といえば、ビーチリゾートとして人気のスポット。でも「白肌死守!日焼けはNG」「ゆったりリラックスしたい」という大人女子には断然、大自然の樹々に囲まれたフォ...



この記事を書いたトラベルライター

旅メディア編集長兼ウェブライター
「旅を日常にする」ため、多方面に活動中の旅メディア編集長兼ウェブライターです。大学時代に初めての海外経験だったベトナムで海外で受ける刺激に味をしめ、1年間のドイツ留学、15カ国以上の海外旅行と怒涛のようにトラベルフリークと化しました。

学生時代にはヨーロッパを中心に旅行経験が多かったのですが、最近はもっぱら東南アジアが楽しくて、中国、タイ、カンボジアなどに行っています。

ゴープロとバックバックだけを持って、どこでも旅して回ります!
間も無く世界一周の旅に出ます!

僕が旅をする時は、ガイドブックに載っているような「観光」だけではなく、ローカルの方々やその土地の文化との「交流」を大切にするスタイルで楽しんでいます。

少しでも多くの方に「こいつの記事を読んだら、旅したくなった!」と思ってもらえるように、「旅を日常にする」情報発信をしていきます!

僕が運営する旅メディア「TraveLife Hack」もチェックしてみてください!
https://www.travelifehack.com/
トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?