コスタリカ
コスタリカ観光
環境保護に積極的で貴重な動物の宝庫

中米の楽園・コスタリカ×バックパッカーツアー⇒究極の冒険旅!

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年1月19日更新

1,140view

お気に入り

パナマとニカラグアナの間に位置し、太平洋とカリブ海に挟まれている「中米の楽園」コスタリカ。自然の宝庫として知られ、欧米ではすでに人気の観光地ですが、日本ではコスタリカの魅力にまだスポットがあたっていません。今回は、一人旅でも安心&いつもと一味違った旅のスタイル「バックパッカーツアー」と、コスタリカの魅力をあわせてご紹介していきます!

この記事の目次表示

コスタリカのおすすめツアー
★野生動物の楽園★中米のスイスと呼ばれる軍隊を持たない国《コスタリカ6日間》朝食付き!市内中心の好立地にお手頃価格で滞在「バルモラル」/往復送迎付き
220,000円~352,000円
★野生動物の楽園★中米のスイスと呼ばれる軍隊を持たない国《コスタリカ6日間》朝食付き観光にも便利な4つ星ホテル「ラディソンサンホセ」/往復送迎付き
226,000円~358,000円
★野生動物の楽園★中米のスイスと呼ばれる軍隊を持たない国《コスタリカ7日間》朝食付き!市内中心の好立地にお手頃価格で滞在「バルモラル」/往復送迎付き
240,000円~375,000円

バックパッカーツアーとは?

世界中から集まったバックパッカーが参加する、現地発着のツアーのことです。

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では多くの旅好きや若者が旅の仲間や刺激を求めて、このようなツアーを利用して世界中を旅しています。貸切バスに乗って移動しながら旅をしたり、キャンプをしながら旅をするなど、旅のスタイルは多種多様なものがあります。

バックパッカーツアーの魅力

  • 国際色豊かなツアーメイトと出会い
  • 一人旅よりも安心・安全
  • 現地人ツアーマネージャーがガイド
  • ガイドブックに載っていない観光・体験
  • 楽しさや感動を共有できる仲間
  • 宿・移動手段の手配が不要
  • 相部屋を選べば一人旅よりもリーズナブル
  • 現地の人と交流
  • 英会話力の向上
  • 自由時間も確保

コスタリカで遊ぶ!

筆者が参加したバックパッカーツアーでは、現地に到着してからツアーマネージャーに概要やおすすめを聞いたり、ツアーメイトと相談しながらアクティビティをオプション(ツアー代とは別途料金)で選ぶ、というスタイルでした。

バックパッカーツアーによって多種多様なアクティビティが設定されているので、自分の興味があるツアーが必ず見つかるはず。

これからご紹介するのは、筆者が14日間の旅の中で体験したオプションのアクティビティや、ツアーマネージャーが無料で行ってくれたアクティビティー、フリータイムでの一部です。何をするかは自分で選んで予定を組むことができるので、どれだけ旅を楽しくできるかは自分次第!

キャニオニング

  • 写真:トラベルライターロープをつたってほぼ垂直に落下

コスタリカの大自然の中で体験できる「キャニオニング」は爽快感があり、スリルを存分に楽しめます!滝つぼに飛び込んだり、岩でできたスライダーを滑ったりと、全身ずぶ濡れで豪快に遊びましょう!

トレッキング

  • 写真:トラベルライター頑張って登ったあとの絶景
  • 写真:トラベルライター苔むした木々の中をトレッキング
  • 写真:トラベルライター色鮮やかなトーチジンジャーの花を発見

休火山であるチャット山のトレッキングでは、マイナスイオンたっぷりの熱帯雨林の中をアクティブに歩き回り、コスタリカの自然を間近に感じることができます。

コーヒー農園見学ツアー

  • 写真:トラベルライターコーヒーの実を実際に収穫しながらの説明

コーヒーの産地であるコスタリカでは、コーヒー農園見学のツアーもあります。コーヒーの収穫から焙煎に至るまでの行程を見られ、試飲もさせてもらえるので、コーヒー好きにはたまりませんね。

自然温泉

  • タバコン温泉

コスタリカには超高級リゾートスパ「タバコン温泉」がありますが、入浴料がとても高いのです・・・。でも地元の人なら知っている、無料で入れる温泉もあるんですよ。ジャングルの中に流れる川で温泉に入るなんて、とっても貴重でワイルドな体験です。

ビーチ

  • 写真:トラベルライターカリブ海でシーカヤック
  • 真っ白な砂と青い海、すぐ後ろにはジャングル
  • 写真:トラベルライター夕日に染まる太平洋

太平洋とカリブ海に挟まれているコスタリカでは、サーフィンにシーカヤック、シュノーケリングなどのマリンアクティビティも充実しています。

野生動物

  • 写真:トラベルライターナマケモノ
  • 写真:トラベルライタータランチュラ
  • 写真:トラベルライターイグアナ
  • 写真:トラベルライタートゥーカン

自然生物が多く生息しているコスタリカでは、多種多様な野生動物を思いがけず見ることができます。コスタリカは手塚治虫の『火の鳥』のモデルになったといわれる鳥「ケツァール」の生息地。見た者は幸せになれると言われており、ケツァールを見られる場所としても有名です。

  • ケツァール

市内観光

  • 写真:トラベルライター露店でフルーツを買ったり
  • 写真:トラベルライターショッピングモールでお買い物

首都・サンホセは飛行機の発着で必ず立ち寄ります。日本と大きく文化の違うコスタリカでは、気ままな街歩きもとても新鮮に感じるはず。

のんびり

  • 写真:トラベルライターコスタリカの豆を使ったコーヒー
  • 写真:トラベルライターハンモックに揺られてリラックス

ツアーといってもフリータイムがとれるのも大切なポイントです。宿の周りをふらっと歩いたり、カフェに行ったり、ボーっとしたり・・・思い思いの時間が過ごせます。

コスタリカで食べる!

ツアー中の食事は、基本的にツアーマネージャー含めツアーメイトみんなで一緒に食べます。現地に詳しいツアーマネージャーが連れて行ってくれるローカルなレストランやバーは、どこも絶品&コスパ良し!

ツアーマネージャーの自宅で、コスタリカ流BBQを美味しくいただきながらローカルの人々と交流、という大変貴重な体験をする機会もありました。

ローカルフード

  • 写真:トラベルライターご飯、炒め物、煮豆、焼きバナナと日本人の口にも合うものが多い
  • 写真:トラベルライター手作りのローカルフード

コスタリカの食事は日本人の口に合うものばかりで、美味しい食事を堪能できます。

  • 写真:トラベルライター本場のトルティーヤは絶品
  • 写真:トラベルライター生演奏でラテンミュージック♪

トルティーヤにたっぷり野菜とチキンを巻いて頬張ると・・・本場のタコスはもう絶品!バンドによる生のラテン音楽を聞きながら食事をすれば、気分もノリノリですね。

コスタリカビール

  • 写真:トラベルライターコスタリカのビール・インペリアル

南国らしい軽めのビールでツアーメイトと乾杯だってできちゃいます!

コスタリカで泊まる!

ゲストハウスや二~三ツ星レベルのホテル

  • 写真:トラベルライターHotel Casa Las Orquídeas
  • 写真:トラベルライターHotel Las Colinas

ツアーで使用する宿泊施設は、清潔感のある、広々とした宿が多いです。相部屋の良さは、ツアーメイトとの仲をグッと縮められるところ。もちろん個室を選ぶことも可能ですよ。参加するツアーのサービスレベルによって、ホテルのグレードは変わってきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?冒険心をくすぐられる自然の宝庫・コスタリカで、国際色豊かなツアーメイトと体験する、バックパッカーツアーの旅。一生の思い出になること間違いなしです!

コスタリカは日本から遠い国ではありますが、一歩踏み出せばそこには究極の冒険旅があなたを待っています!

今回紹介したバックパッカーツアー会社
「G Adventures」
https://www.gadventures.com/

コスタリカの旅行予約はこちら

コスタリカのパッケージツアーを探す

コスタリカのホテルを探す

コスタリカの航空券を探す

コスタリカの現地アクティビティを探す

コスタリカのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2017年1月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?