コスタリカ
コスタリカ観光
環境保護に積極的で貴重な動物の宝庫

海・川・丘・森・山!中米コスタリカの自然を遊び尽くそう!

2018年2月1日更新

357view

お気に入り

中米7か国中、最も観光に力を入れている国、コスタリカ。自然の宝庫であるコスタリカは、自然環境に配慮し生物の多様性を保護しつつ、それを最大限に活かした観光業にも力をいれています。この、国を挙げた環境政策は、世界で随一のエコツーリズム発祥の地ともよばれ、充実した観光ツアーはコスタリカを訪ねる多くの人々を魅了しています。今回は、感動と驚嘆のコスタリカをお届けします。

コスタリカの自然

日本の四国と九州を合わせた程の大きさのコスタリカは、熱帯雨林、サヴァンナ気候に位置しています。

国のほとんどが緑に覆われ、実に1/4の国土が国立公園や自然保護区を制定し、それらの広域な自然を法律で守っています。

それでは早速、コスタリカの自然を巡る冒険へ出かけましょう!

海〜マヌエル・アントニオ国立公園

東にカリブ海、西は太平洋に挟まれたコスタリカは、美しいビーチが多くあります。中でも特に美しいと言われているのがこちらのプラヤ・マヌエル・アントニオ。

太平洋に面した透明度の高い海で、波が穏やかなため、海水浴やシュノーケルにも適しています。常に暑いコスタリカでは、地元の人々にも憩いの場となっています。

このビーチは、国立公園の中にあり、そこへ行くまでは森に包まれています。国立公園内の遊歩道では沢山の野生動物に出会うことができます。

バードウオッチングをされてる方も多いです。

筆者は見つけることができませんでしたが、ここには「なまけもの」が多く棲息しているそうですよ。是非、珍しい動物を探索してみてくださいね!

マヌエル・アントニオ国立公園
コスタリカ / 公園・動植物園
住所:Manuel Antonio National Park Quepos 6350

川〜コトス川

こちらの川は、首都サンホセより陸路マヌエル・アントニオ国立公園へ向かう34号線の途中にあります。とても美しい川ですね。

しかし、橋から川を見下ろしよく見ると、、、

「遊泳禁止」の標識がなくとも、ここで川遊びをする人はいなそうです。

コスタリカは山の国ですので、川も多く流れています。上流にはワニもいませんので、リバーラフティングやカヤーなどのアクティビティも盛んですよ。

充実している日本語ツアーサイトもありますので、もし興味のある方はこちらをご覧ください。

コトス川
コスタリカ / 自然・景勝地
住所:Paquita,Costa Rica

丘〜DOKAコーヒー農園

コーヒーベルト地帯に位置するコスタリカは、コーヒーの産地としてあまりにも有名ですね。

コーヒー農園はいくつもあり、そのほとんどでコーヒー豆が出来上がるまでの工程を見学できます。今回は「DOKAコーヒー農園」をご紹介。

こちらは1940年にコーヒー栽培を始めた古くからある農園で、今もコーヒーの栽培を続けています。

コーヒー苗木の植栽から始まり、

栽培、

収穫、

精製、選別、

乾燥、

麻袋に詰めるところまで順を追って見学し、

最後に美味しいコーヒーをいただけます。

挽きたてコーヒーのなんと美味しいこと!もちろん、購入もできますよ。

DOKAコーヒー農園の見学ツアーは、こちらからも申し込みができますので、ツアーではなく個人で行かれる場合は事前に予約して行くとよさそうです。

Doka Estate(コーヒー農園)
コスタリカ / 工場・施設見学
住所:129-4050 Alajuela, Costa Rica
Web:https://dokaestate.com/

森〜レインフォレスト

こちらはまさに熱帯雨林を感じることのできる一大エンターテイメントな公園です。熱帯雨林の自然の中を散策できるほか、併設の動物園には珍しい鳥が飛び交い、昆虫館では色彩豊かな様々色の蝶が多く舞っています。

レインフォレストと名の付くとおり、ここへ近づくにつれて、これまで晴天だった空が急に暗くなっていきます。

しかし、雨の多い熱帯雨林の地域は、その天気を吹き飛ばすような、鮮やかな色の鳥が飛んでいますね。

こちらは飼われている鳥ですが、公園以外でも多くのカラフルな野鳥が飛んでいます。

鳥や動物はじっとしていないので、なかなかカメラに収めることが難しいですね。

公園内の遊歩道はしっかり整備されているため歩きやすいです。常に暑いコスタリカでもここレインフォレストだけはいつでも涼しいので、一枚多く羽織るものを持って行った方が良さそうです。

レインフォレスト コスタリカ
コスタリカ / 公園・動植物園
住所:Ruta 32, junto al Parque Nacional Braulio Carrillo. A 45 mins de San José, Route 32, next to Braulio Carrillo National Park, 45 mins from San José, downtown, Limón, Guápiles, コスタリカ
Web:https://www.rainforesttours.com/

山〜ボルカン・ポアス国立公園

コスタリカには多くの活火山があり、この国立公園でもポアス火山を見学できます。

国立公園入口より10分ほど歩くと見えてくる火山クレーター。綺麗な水色です。

活火山のため強いガスがでており、20分以上ここに滞在しない方が良いようです。

噴出している煙は硫黄の独特の臭いです。

ここまで来ると、コスタリカという国がどれだけ山が多いかを実感できます。見渡す限り山が連なり、とても綺麗な景色です。

※注 2017/4にポアス山が大規模噴火したとのことです。現在(2018/1)は沈静化しているようですが、お出かけの際は事前に情報をご確認ください。

ポアス火山
コスタリカ / 自然・景勝地
住所:Parque Nacional Volcán Poas, コスタリカ

最後に

いくつかご紹介した大自然、いかがでしたでしょうか。これもコスタリカにあるほんの一部のアクティビティですので、是非、様々な自然を探しにでかけてみてくださいね!

日本からのコスタリカへは2018/1現在、直行便はありませんので、アメリカ、もしくはメキシコ経由で首都サンファンに入られるとよいかと思います。

ツアーはとても充実しており、どのホテルでも申し込みができます。スペイン語が公用語のコスタリカですが、ツアーコンダクターは必ず英語を話せるので、両方の言葉で説明してくれます。

あるいは、レンタカーを借りて回るのもオススメです。上記でご紹介した国立公園などは、首都サンホセからそれぞれ1~2時間半の地域にあります。幹線道路が充実しているので、効率的に回れます。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2015年1月4日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

Curious Jetsetter
これまで訪ねた130ヵ国およそ300都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景を皆様とシェアし、ご自身もそこへ行ったかのように感じてもらえると嬉しいです。

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


原野に現れた壮大な未来都市!想像を遥かに超えたカザフスタンの首都アスタナ

中央アジアを東西に大きくまたがるカザフスタンがロシアから独立したのはたった25年前(西暦1991年)のこと。その後、アルマトイから遷都され首都となったアスタナは...

メキシカンドライブ!~レンタカーで気ままに行こう!遺跡とタコスとカンクンビーチ~

メキシコのユカタン半島に点在するマヤ文明の遺跡は、大小合わせて4,400ヵ所以上にも上るそうです。未だに謎に包まれている遺跡の多くは、遠い過去の繁栄と衰退を感じ...


優美で豪奢な昼の顔とハードトランスな夜の顔~ギャップに驚く世界屈指の富裕国ルクセンブルク~

ルクセンブルク公国はヨーロッパの中心に位置する小国です。小国というのは、面積や人口がそれを指しているためで、1人あたりのGDPは世界一と、経済的には超大国です。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?