チェコ
チェコ
中世の面影を残す世界遺産の街並

文化財の数はチェコ第2位!小さな学生街オロモウツで教会巡り

2017年11月6日更新

293view

お気に入り

チェコ共和国モラヴィア地域で、最も古いパラツキー大学がある街オロモウツ。ここは小さな学生街ですが、実は街中にある文化財の数の多さはプラハに続く第2位となっております。1日で十分に回れる小さな街に、素敵なスポットがぎゅっと詰まったオロモウツ。今回は、教会に焦点を当てて紹介していきたいと思います。

街のスカイラインとして不可欠な聖ヴァーツラフ大聖堂

オロモウツの街で最も大きな教会が、この聖ヴァーツラフ大聖堂です。正面に2つのタワーを持っている点が特徴的で、街のスカイラインとなっています。3つ目のタワーは100.65mで、モラヴィア地方で一番の高さを誇ります。

  • 聖ヴァーツラフ大聖堂

13~14世紀にゴシック様式に建てかえられ、現在でも建て替えられた跡が見られる部分もあります。教会は2階層になっており、下のエリアでは主教の墓を、上のエリアでは美しい装飾を見ることが出来ます。

  • ヴァーツラフ聖堂 地下

壁や柱のペイントが花柄になっており、非常に可愛らしいです。ステンドグラスの形も可愛らしく装飾されています。

  • 壁のペイント
  • 花柄のステンドガラス
オルガンツアー
月曜日 14時、15時、16時、17時
水曜日 9時、10時、11時、12時
聖ヴァーツラフ大聖堂
チェコ / 社寺・教会
住所:Václavské nám., 779 00 Olomouc, Czech
電話:585 224 236
Web:http://www.katedralaolomouc.cz/FixPage.asp

大司教管区博物館

聖ヴァーツラフ大聖堂の前に広がるヴァーツラフ広場には、大司教管区博物館があります。博物館の建物は、音楽家モーツァルトが滞在したことで有名です。

  • モーツァルトが滞在した建物

館内には、オロモウツの芸術的発達の歴史が展示されています。

大司教管区博物館
チェコ / 博物館・美術館
住所:václavské nám. 811/4, 779 00 Olomouc, czech
Web:http://www.muo.cz/

迫力のあるパイプオルガンを持つ聖モジツ教会

モラヴィア地方最大のパイプオルガンを持つ、聖モジツ教会。オルガンには天使が散りばめられています。

  • 聖モジツの教会 外観
  • モジツの教会 オルガン

石造で重厚感のある外観と、美しいステンドガラスで装飾された内観が魅力的です。タワーには上ることが出来、その高さは46m。タワーの上からは、オロモウツの街を一望することができます。

  • モジツの教会 タワーからの景色

筆者は、この聖モジツ教会で開かれたオルガンコンサートに参加しました。聖モジツ教会のオルガンは、音階と音の強弱の幅に驚かされるととももに、美しい音色に全身包み込まれるような感覚になり、幸せな時間を過ごすことが出来ます。

聖モジツ教会
チェコ / 社寺・教会
住所:8. května 517/15, 779 00 Olomouc, Czech Kostel sv. Mořice
電話:585 223 179
Web:http://www.moric-olomouc.cz/

街のシンボル聖三位一体柱

2000年にユネスコ世界文化遺産に登録された聖三位一体柱。18の聖人の彫刻と12の指導者使者の像、6つの使徒の宗教的な胸像から成り立っています。

  • 聖三位一体柱

柱の頂点には神の美徳信仰、望み、そして愛が卵型の彫刻で具現化されています。また、下左写真、天使の上にある金色のボールは、1758年のプロイセン包囲攻撃の砲弾のレプリカとして飾られているそうです。

  • 聖三位一体柱 頂点
  • 聖三位一体柱 教会

その大きさ、多様性、複雑さ、高級な彫刻の装飾から、世界中を探してもこの柱に並ぶ柱はどこにもないとされています。ちなみに32mの高さを誇る柱のその内部には、直径がたった237cmの小さなチャペルが収容されています。

聖三位一体柱
チェコ / 建造物
住所:Holy Trinity Column in Olomouc, 771 00 Olomouc, Czech

その他の小さな教会

オロモウツの街には、その他にも小さいながら重要な教会が沢山あります。

雪の聖母マリア教会

18世紀に建築された教会。赤い柱が特徴的です。

  • 雪の聖マリア教会
雪の聖母マリア教会
チェコ / 社寺・教会
住所:Denisova, 779 00 Olomouc, Czech
電話:585 234 371

ドミニコ会教会(聖母マリア無原罪懐胎の教会)

簡素なデザインのフランシスコ会の教会。1451~1468年に建てられました。キリストがガラスで出来ている、なんとも美しい教会です。

  • 聖母マリア無原罪懐胎の教会
  • ステンドガラスで出来ている

屋根は1492年に改装されたもので、五角形の司祭館を持ちます。またこの教会では、貴重なゴシック様式の壁画を見ることも出来ます。

ドミニコ会教会
チェコ / 社寺・教会
住所:Slovenská, 779 00 Olomouc, Czech
Web:http://olomouc.op.cz/

プラハからオロモウツへのアクセス

プラハからは電車で約2時間。電車はレジオジェットという会社がおすすめです!

座席が広く値段も手ごろで、ミネラルウォーターの配布やコーヒーや紅茶の無料提供など、サービスが充実しています。車内販売には寿司もあるので、挑戦してみるのも面白いかもしれません。

おわりに

上記に紹介してきた教会は、すべて歩いて回ることが出来ます。オロモウツには素敵なカフェも沢山あるので、歩き疲れたらカフェで足を休めることが出来ます。

  • cafe la fee、カプチーノ/チーズケーキ 108Kč(約500円)

ただ、写真からも分かるように、チェコは非常に天気が変わりやすく、朝晴れていても雨が降ることがしばしばあります。お出かけには折りたたみ傘の携帯が必需です!

その他にも噴水や伝統的な建築物が街に沢山散りばめられたオロモウツ。ぜひ散策してみて下さい!

cafe la fee
チェコ / カフェ・喫茶店
住所:Ostružnická 13, 779 00 Olomouc, Czech
電話:773 658 058
Web:http://cafelafee.cz/
オロモウツ
チェコ / 町・ストリート
住所:Olomouc

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

これぞ世界遺産!景観の美しいヨーロッパの街並み10選

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、景観の美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳...

まるで絵画!!世界で一番美しい街【チェコ】チェスキー・クルムロフ

「世界で一番美しい街」のキャッチコピーで人気上昇中のチェコ、チェスキー・クルムロフ。首都プラハから約190km、南ボヘミア州に位置するこの小さな街は、16世紀ル...

一度は見てみたい!世界のステンドグラス3選

教会にあることが多い、美しいステンドグラス。光に当たったステンドグラスは、とっても幻想的!世界にはいろんなステンドグラスがありますが、「一度は見てみたい!」そん...

【チェコ・プラハ】アールヌーヴォーの美しさにクラクラ!「プラハ市民会館」

チェコの首都・プラハの中央部にある「プラハ市民会館」はコンサートホールであるスメタナホールを擁していることで有名です。またこの「市民会館」はチェコを代表するアー...

【チェコ】優雅でキュート!プラハの街歩き案内

ヨーロッパで人気の観光地、プラハ。カレル橋やプラハ城などは行くべき王道スポットですが、プラハをエンジョイするなら街歩きがオススメです。「世界一美しい街」と言われ...



この記事を書いたトラベルライター

原動力は好奇心!中東欧の文化に魅了された現役女子大生
茨城県生まれの現役女子大生。大学では国際文化を学び、マネージャーとしてラクロス部に所属。趣味は動物園や博物館に行くことと、居心地のいいカフェや雑貨屋さんを見つけること。大学で出会った中東欧の文化に惹かれ、大学3年生の秋よりチェコに1年間留学中。“興味を持ったら何でも挑戦”をモットーに好奇心旺盛に生きています!

スロバキアの小さな首都ブラチスラバに“かわいい”を探しに行こう!

1993年にチェコスロバキアが解体し、独立したスロバキア共和国。東京からはるか9,000kmも離れた小さな新しい国ですが、実はスロバキアには日本人女子の心をくす...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...

いつもとはちょっと変わった年越しを!ポーランドで過ごす年末年始!

ワルシャワを首都とするポーランド。最近は、日本でもポーリッシュポタリー(ポーランド食器)やポーランド映画が注目されていますが、まだまだ日本人にとってマイナーな国...

ムーミンを訪ねて~北欧フィンランドでムーミンスポット巡り~

その可愛らしいフォルムと独特な雰囲気の世界観から近年日本で大人気のムーミン。そんなムーミンが生まれたのは北欧フィンランドです。2017年の夏には、タンペレにある...

【ドイツ】一度は見たい圧巻のケルン大聖堂とあまーいチョコレート博物館

ゴシック様式の代表建築として中学生の世界史の教科書にも挙げられるケルン大聖堂。その名前は誰でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。実はこの「ケルン」という町...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?