チェコ
チェコ観光
中世の面影を残す世界遺産の街並

【プラハ】神話の精霊を訪ねて!オペラ『ルサルカ』の世界に浸る旅

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:15ヶ国

2017年7月7日更新

1,013view

お気に入り

写真:YYOKO

音楽の都プラハに行ったらぜひ見たいオペラ『ルサルカ』。ルサルカとは、森の奥深くに住む水の精霊の名前です。…ルサルカは人間に恋し、声と引き換えに、魔女に人の姿に変えてもらいます。裏切りがあれば死ぬという条件付きで…ここまではアンデルセンの『人魚姫』のような話ですが、結末はもっとドラマチック。そんな話を優雅な音楽でオペラにしたのが、チェコを代表する作曲家・アントニン・ドヴォルザーク(Antonín Dvořák)です。ゆかりの地を訪ねて、スラブ神話にも出てくる『ルサルカ』の世界に浸ってみませんか?

この記事の目次表示

音楽の都プラハで感激のオペラ『ルサルカ』観劇!

プラハが愛する作曲家ドヴォルザーク

  • 写真:YYOKOプラハの街

音楽の都として名高いプラハの人たちが愛してやまない作曲家、それがドヴォルザークです。

  • 写真:YYOKOプラハのドヴォルザーク像

チェコの首都プラハ近郊の村で生まれたドヴォルザークは、国際的な名声を得て、アメリカに渡り、交響曲第9番『新世界より』など数々の曲を作りました。そしてチェコに戻ってからはオペラ制作にも力を入れるようになります。

スラブ神話を元に書かれたオペラ『ルサルカ』

  • 写真:YYOKOオペラ・ルサルカのチラシ

そのドヴォルザーク作のオペラの一つが、1900年に書かれた『ルサルカRusalka)』。古代スラブ神話の水の精霊をモチーフにしたというオペラです。

第一幕で流れるアリア『月に寄せる歌(Song to the Moon)』は、人間に恋したルサルカが自分の思いを「彼に伝えて」と月に託す美しい曲です。

洗練された旋律と幻想的な舞台演出のオペラは、まるで夢物語を見ているよう。チェコ語ですが、いつの間にか『ルサルカ』の世界に引き込まれること間違いなしです。

いざ、『ルサルカ』誕生の地・ヴィソカーへ 

華やかな都会から簡素な田園へ

時間があれば、プラハから60kmほど南にある小さな村ヴィソカーVysoka)を訪ねるのがオススメです。

  • 写真:YYOKOヴィソカーの麦畑

車を走らせていると、プラハの都会的な華やかさが嘘のように、簡素な田園風景に一転します。麦畑が広がり静かで自然豊かなこの場所は、ドヴォルザークが愛した土地です。

  • 写真:YYOKOドヴォルザーク記念碑

麦畑のすぐ近くの林にたたずむ記念碑。この地で作曲活動に励んだドヴォルザークと作品の名前が刻まれています。

『ルサルカ』はもちろん、『ユーモレスク』や『スラブ舞曲』など、様々な曲をここで作りました。確かに風になびく麦の穂を眺めていると、何か新しいアイデアが出てきそうです。

  • 写真:YYOKOドヴォルザークの家

ここが、ドヴォルザークが過ごしたとされる家「ヴィラ・ルサルカVilla Rusalka)」。門には「ルサルカ(RUSALKA)」の文字が…『ルサルカ』は特別な思い入れのあった作品だったのかもしれません。

当時のまま!ドヴォルザーク記念館

『ルサルカ』を制作する時、ドヴォルザークがインスピレーションを受けたとされる場所があります。そこは義兄・カウニッツ伯爵のお屋敷、現在はドヴォルザーク記念館になっているところの敷地内です。

  • 写真:YYOKO屋敷に続く並木道

門を入ると遠くまで道が続いています。一本一本が太くて立派な木々…雄大な並木道を進みます。

  • 写真:YYOKO敷地内の記念碑

道なりに進むと別のドヴォルザーク記念碑が見えてきます。

  • 写真:YYOKOドヴォルザーク記念館

さらに進むと、木々の緑と芝生のグリーンにマッチしたクリーム色のおしゃれな建物が見えてきます。それがドヴォルザーク記念館。

  • 写真:YYOKO記念館内

家族写真や直筆の楽譜が保存され、ピアノや調度品も当時のまま。タイムスリップしたような気分を味わえます。

ルサルカに出会えるかも?神秘的な沼へ

ドヴォルザークの散歩道だったといわれる敷地内は木々に囲まれ、とても静か。

  • 写真:YYOKO散歩道の東屋

奥まで延びる小道を進むと水が流れる音が聞こえてきます。何かが浄化されていくような気持ちよさです。

  • 写真:YYOKOルサルカの沼

少し進むと小さくて神秘的な沼が見えてきます。水草や森の緑が反射しているのか沼の色は深い緑。水の精霊が出てきそうです。ここがドヴォルザークが『ルサルカ』のインスピレーションを受けたという場所。

水の精霊でありながら、人間に恋をしたルサルカ。この景色を見ながらプラハで見た『ルサルカ』を思い出すと、また違った気持ちになるかもしれません。

関連情報

プラハの劇場における『ルサルカ』予約サイト

ルサルカは、プラハのいずれかの劇場で公演していることの多い演目ですので、ぜひ、探してみてください。
https://www.pragueopera-tickets.com/search/jp

ヴィソカーのドヴォルザーク記念館(Památník Antonína Dvořáka)

  • 開館時間

・1〜3月、11・12月(火〜金曜日) 10〜15時
・4〜6月、9・10月(火〜日曜日) 10〜16時
・7・8月     (火〜日曜日) 10〜17時
※時間よりも早く閉まることがあるので、遅くても閉館時間の1時間前には入っておくと安心です。

  • 閉館日 毎週月曜日、12月23日〜31日と1月1日

チェコの旅行予約はこちら

チェコのパッケージツアーを探す

チェコのホテルを探す

チェコの航空券を探す

チェコの現地アクティビティを探す

チェコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

驚きの人骨アート!セドレツ納骨堂をはじめとするチェコの3つの骸骨教会

ヨーロッパには本物の人骨で装飾された「骸骨教会」がいくつかあり、中でもチェコ共和国の骸骨教会はユニークな観光スポットとして人気を集めています。壁一面に骨が敷き詰...

この記事を書いたトラベルライター

気ままな旅人のマニアック道中
旅先で初めにすること、それは地図を手に入れること!地図を片手に散らばる名所をいかに効率よく歩いて回るか、それが私の旅の醍醐味です。綺麗なところで写真を撮って、疲れたらお茶して、お腹が空いたら食べる、それが私の気まま旅。帰ってから、訪れた場所がどんなところだったのか、調べます。時々行っておけばよかったと思うこともありますが、そんな時は、めげずにもう1回!可能な限り行ってみます。マニアックにまとめて、旅先の意外な魅力を楽しんでいただけたらと思います。

【ノリッジ】英国人に人気!知られざる美しい街を訪ねる旅

2016年にガーディアン紙による「英国人が選ぶ働きやすい街No.1」に選ばれた、イギリス東部の街ノリッジ(Norwich)。中世の街並みが残る美しく穏やかな街は...


【高野山】永遠の聖域!弘法大師が瞑想を続ける奥の院

聖域・奥の院は高野山の信仰の中心。弘法大師・空海が今もなお、世の平和と人の幸せを願って瞑想を続けていると信じられています。弘法大師が入定しているという御廟までの...


【山口県・壇ノ浦】パワースポット!平家ゆかりの地をめぐる旅

1185年、平家と源氏の軍船が関門海峡に集結し、平家一門は滅亡に向かいました。幼い安徳天皇を抱いた清盛の妻・二位の尼が入水し、戦いは終結。そんな平家滅亡の面影は...

【高野山】幻想的な体験!普賢院の宿坊と恵光院のナイトツアー

高野山を訪れるなら一度は滞在したいのが、宿坊。参詣者が宿泊できるお寺です。どの寺院でも精進料理や写経、朝の勤行などを体験できますが、ぞれぞれの特色はさまざま。客...

【ネパール】ポカラでアンナプルナの絶景を楽しもう

アンナプルナ連峰の麓に広がる町・ポカラ。どこにいても雄大な山々を一望できる町には、山並みを楽しめる絶好の展望台や、日本人が建てた高台の寺院、ヒマラヤの歴史や文化...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります