グアテマラ
グアテマラ観光
ティカルとキリグアに代表されるマヤの大遺跡

【グアテマラ】秘境セムクチャンペイで楽しむ驚愕のアクティビティ!

取材・写真・文:

2020年4月29日更新

271view

お気に入り

写真:Yasu

中米のグアテマラには「秘境」と呼ばれる欧米からの観光客に大人気の絶景スポットが存在します。その名は「セムクチャンペイ」。トラックに揺られてたどり着いた先にある絶景と、そこで楽しめる驚愕のアクティビティを紹介します。

この記事の目次表示

グアテマラってどういう国?

コーヒー好きならその名前を一度は聞いたことはあるかもしれませんが、どこにあるのか、何があるのかもわからない人も多いでしょう。グアテマラはメキシコに隣接する中米の国で、かつてはマヤ文明が栄えていました。世界遺産に登録されているマヤ遺跡のティカルは見ごたえ十分。現在でもマヤの文化は色濃く残り、美しい民族衣装をまとった女性たちの姿に目を奪われます。

セムクチャンペイとは?

マヤ文明の面影が色濃く残るグアテマラで「秘境」と呼ばれているのがセムクチャンペイ。トラックで舗装されていない山道を進んでいった先にある、石灰石の堆積でできた美しく神秘的な階段状の湖です。日本ではあまり知られていませんが、様々なアクティビティを楽しめるので、欧米からの旅行者には大人気のスポットです。

  • 写真:Yasu

驚愕のアクティビティ!

筆者は、セムクチャンペイ近くにある宿から1日ツアーに参加しました。驚きと興奮の連続だったツアーの内容を紹介します。

ドクターフィッシュまみれの湖

宿から歩いてセムクチャンペイの公園の入り口へ向かいます。公園内に入って展望台へ向けて山道を登っていきます。階段が整備されているところもありますが、滑りやすいのでサンダルではなく歩きやすい靴がいいでしょう。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

山道を歩くこと約30分で展望台に到着します。そこからエメラルドグリーンをした階段状の湖を見下ろすことができます。この高さからでも水が澄み切っているのを確認できます。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

もちろん見るだけでなく美しい湖で泳ぐこともできます。水があまりにきれいで驚きます!飛び込んでみたり、のんびり泳いでみたり、楽しみ方は人それぞれ。中には小さな魚がたくさん泳いでいて、天然のドクターフィッシュでフィッシュセラピーなんていうのも楽しめます。近くにはロッカーも整備されているので、荷物を気にする必要はありません。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

洞窟探検

棚田状の湖が出来ているのは、この周辺の大地が石灰岩でできているため。同じく石灰岩の大地に出来上がるものと言えば鍾乳洞があります。セムクチャンペイ周辺にもたくさんの鍾乳洞が存在しており、そこの中を探検することができます。

ろうそくを片手に暗闇の中へと入っていきます。中には水が流れていて、時には足がつかない場所もあり、暗闇の中を頼りないロープに掴まりながら泳いで進むしかありません。1人がやっと通れるような狭い隙間を抜けたり、水が激しく流れる滝のような場所をよじ登ったり、極めつけはろうそく片手に滝つぼにダイブするというかなりハードな内容。それだけにスリルは満点です。ハラハラドキドキの1時間になることは間違いありません。(あまりの暗闇のため写真はうまく撮影できませんでした。)

巨大ブランコから川へとダイブ!

洞窟から出ると目の前に流れている川には巨大なブランコが設置されていました。ハイジのオープニングでしか見たことのないサイズです。これを使って川にダイブします。スリル満点です。動画を見てもらえればわかりますが、筆者は真正面から川に飛び込んだのでお腹を強打しました。挑戦する場合は、要注意です。

川の流れに身を任せてチュービング

最後のアクティビティはチュービングと呼ばれるもの。車のタイヤチューブを浮き輪にして川下りです。ゆったりとした流れに身を任せてホッと一息と思っていましたが、ところどころで急流も出てきて最後まで気は抜けません。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

チュービング中もこうして冷えたビールを売りに来てくれます。彼が服を着たまま川に飛び込んできたときは大笑いしました。

  • 写真:Yasu

その他にも・・・

近くを歩いていると地元の人々が声をかけてきます。食べ物やお土産を売ろうとしているわけですが、しつこい感じは一切ありませんでした。女性は当たり前のように民族衣装を身に纏っています。こうしたちょっとした交流も旅の醍醐味です。

  • 写真:Yasu
  • 写真:Yasu

最後に・・・

グアテマラはマヤの遺跡が有名ですが、大自然が作り出した景色とアクティビティも楽しむことができます。しかも、日本では味わえないようなスリル満点。(安全面はご自身で確認をお願いします・・・。)

今回の記事で紹介したセムクチャンペイは「秘境」という名の通り、たどり着くまでに未舗装路の山道を越えていかなければなりません。まさに行きも帰りもアクティビティです。それだからこそ景色がより美しく見えてきます。ちょっと普通とは違った体験をしたい人にはぜひおすすめです!

セムクチャンペイ
グアテマラ / 自然・景勝地
住所:San Agustín Lanquín, グアテマラ地図で見る

グアテマラの旅行予約はこちら

グアテマラのパッケージツアーを探す

グアテマラのホテルを探す

グアテマラの航空券を探す

グアテマラの現地アクティビティを探す

グアテマラのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年4月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

自転車世界一周中の旅人
2011年に自転車で日本一周。そして、2017年6月から自転車で世界一周中です。
2017年6月から11月でオーストラリアとニュージーランドを走破。一時帰国し、2018年5月から北米~中米~南米~アフリカ~ヨーロッパ~アジアを走る予定です。

自然、文化、食・・・世界のあちこちからさまざまな情報を発信していきます。
https://feel-the-real-tell-the-real.jimdo.com/

【メキシコ】マヤ文明の美しき遺跡4選

アメリカ大陸の3大文明の1つであり、今なお多くの謎に包まれているマヤ文明。メキシコのユカタン半島には、そんなマヤ文明の遺跡が数多く残されています。今回は特におす...


【ニュージーランド】気軽に楽しめる2つの氷河 「フランツ・ジョセフ」と「フォックス」

日本では、簡単に見ることの出来ない氷河ですが、ニュージーランド南島には、近くの町から気軽に見に行くことが出来る氷河が存在します。その名も「フランツ・ジョセフ・グ...


【アメリカ】絶景の宝庫!グランドサークルの定番&穴場スポット

グランドサークルとは、アメリカのユタ州とアリゾナ州の境にあるエリアの総称。グランドキャニオンを筆頭に、国立公園が10ヵ所、国定公園が16ヵ所ある絶景の宝庫です。...

【オーストラリア】世界遺産「ブルーマウンテンズ」の定番&超穴場ビューポイント

オーストラリア最大の都市といえばシドニー。オペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、そんな街からたった2時間で行ける「世界自然遺産」があります。その名もブルー...

【ニュージーランド】エイベル・タスマン国立公園で海と森の大自然を満喫する!

ニュージーランド南島の北端に位置するエイベル・タスマン国立公園。国内では最も小さな国立公園でありながら、夏になると最も多くの人が訪れると言われています。今回は「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?