北海道
北海道
雄大な景色と豊かな海産物が人気の日本最北の島

1億5千万年前から続く神秘世界!北海道指定天然記念物・当麻鍾乳洞

2017年7月25日更新

278view

お気に入り

北海道指定天然記念物である当麻鍾乳洞(とうましょうにゅうどう)。約200年でたった3㎝ほどしか成長しない鍾乳洞が、1億5千万年前から形成されたものです。人類が誕生する遥か昔から、想像を絶するほどの長い年月をかけて成長してきた鍾乳洞は、まさに神秘の世界。思わず拝みたくなるほどの、神々しい景色の数々を見ることができます。当麻町に伝わる「蟠龍伝説」と共に、その内部をご紹介します。

当麻鍾乳洞の起こり

今から約1億5千万年前。まだ恐竜がいたとされている中世代ジュラ紀より、この鍾乳洞の形成は始まりました。

当時の地球は地殻変動も穏やかで、恐竜などが繁殖を広げ、生物達があらゆる進化を遂げた時代です。そんな大昔から、約200年でたった3㎝ずつという僅かな成長を重ねて、鍾乳石は現在の姿へとなっていったのです。

当麻鍾乳洞の特色

昭和32年に発見された当麻鍾乳洞は、全長135m。地下空洞の天井や壁から染み出た地下水の溶触作用によって、長い長い年月をかけて作り上げられた石灰洞窟です。

決して大きな鍾乳洞ではありませんが、その鍾乳石の数々は不純物が少なく透明度が高い、極めて質の良いものだそうです。北海道天然記念物に指定されるほどの非常に貴重な価値を持っています。

気軽に訪れることのできる鍾乳洞

鍾乳洞と聞くと、少し構えてしまう方も多いかもしれませんが、洞窟を進んでいく難易度は高くありません。

一般的にイメージするような、水面と天井がギリギリで見ているだけで息苦しくなってしまうようなゾーンもありませんし、ヘッドライトの付いたヘルメットをかぶる必要もありません。

行きたい!と思えば、装備やガイドさんも無しに簡単に行けます。ただ、薄暗く、足元や頭上が危険ということは変わりありません。階段も多く、道も濡れていて滑るので、ハイヒールや靴底が滑りやすいものは避けましょう。

また、外の気温が30度を超えていても洞窟内は涼しく肌寒いので、羽織るものなどを持っていくことをお勧めします。

当麻鍾乳洞、神秘の内部

いよいよ、その神秘的な内部について紹介していきます。

洞窟内はひんやりとしていて、夏でも肌寒いほど。薄暗い内部はライトアップされており、神秘的な雰囲気を更に助長させています。

明るく照らし出されているおかげで、鍾乳石の細部や、奥の見えづらいところまでしっかりと見ることができます。

細い道や狭い道はもちろん、足元は濡れていて滑りやすくなっているので、かなり注意が必要です。かと言って、足元ばかり気にしていると「頭上注意」の看板も数多くあるので、上に気を払うこともお忘れなく。

思わず、拝みたくなるほどの厳かさ。歩を進めるごとに目に入ってくる、想像を絶するほどの年月と大自然が造り出してきた神々しい光景に、ただただ息をのむばかりです。

様々な鍾乳石

洞窟内では様々な種類の鍾乳石を見ることができます。つらら石や石柱は判りやすく見つけやすいので、意識しながら歩いてみると楽しみが増えることでしょう。

他にも、以下のような特徴的な形をした鍾乳石が数多く見られるので、ぜひ探してみて下さい。

  • 石筍:筍のような形をした鍾乳石
  • フローストーン:霜柱が1つの場所に密集したような鍾乳石
  • カーテン:カーテンのような形をした鍾乳石

貴重な価値を持つ鍾乳石を意識しながら歩いてみることも、楽しみ方の1つとしてお勧めです。

当麻町に伝わる「蟠龍伝説」

当麻町を歩いていると、よく見かける2頭の龍。これは町に伝わる「蟠龍(ばんりゅう)伝説」を元にしたものです。

昔、突然雲の中から2匹の夫婦龍が現れ、大空を飛び回ったり、大地を駆け回ったりしていたそうです。その姿を先人達が見つけ、自分たちの守り神として、この地の発展を願ったとされています。

この蟠龍伝説で、龍神が休む所が「えぞ蟠龍洞(当麻鍾乳洞)」とされているのです。昭和32年の発見当時の中の様子は、龍が寝そべっているように見えたそうです。

まだまだ解明されていない、恐竜が生きた大昔の時代。現代の我々が「龍」と呼ぶような生き物がいたとしても不思議ではありませんね。

龍が寝そべっているように見えたその形は、実は龍の化石かも…。大の大人にそんな考えを抱かせてくれるほどの、人知では計り知れない不思議さが、この洞窟には満ちています。

ただただ神秘の世界に包み込まれるも良し、貴重な鍾乳石を学術的な観点から見るも良し、神話に思いを馳せるも良し。あなたのお好きなままに、当麻鍾乳洞を楽しんでください。


当麻鍾乳洞の基本情報

住所

北海道上川郡当麻町開明4区

電話番号

0166-84-3719

営業時間

9時~17時

営業日

4月下旬~10月下旬(冬季休業)

入場料

大人:500円
子供(小・中学生):300円
幼児:無料

当麻鍾乳洞
北海道 / 自然・景勝地
住所:北海道上川郡当麻町開明4区
電話:0166-84-3719

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月10日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【札幌】大仏とモアイ像を拝む!安藤忠雄作の新名所・真駒内滝野霊園

札幌といえば、時計台や羊ヶ丘展望台など有名な名所がありますが、最近にわかに話題になっているのが真駒内滝野霊園(まこまないたきのれいえん)!1981年の開園ですが...

富良野だけじゃない!? 札幌で楽しむラベンダー畑6選!

夏の北海道の風物詩といえばやっぱりラベンダーですが、富良野に行かないと見られないと思っていませんか?実は北海道で最初にラベンダーが栽培されたのは札幌市なのです!...

札幌から一足伸ばして行ける!おすすめスポット3選

旅行先として、大人気の北海道札幌市。市街には多数の観光地やグルメスポットがあり、何度でも訪れたくなる街です。ですが、札幌市街から一足伸ばせば自然豊かなスポットが...

北海道の定番・観光スポットならココ!30選

札幌、函館、小樽、十勝、知床・・・日本でも有数の観光地である北海道には、数多くの観光都市があり、雄大な大自然を堪能できるスポットや、レトロで情緒ある街並み、世界...

ゆりと海と雲海と!インスタ映え抜群の小樽春香山ゆり園!

小樽市春香町にある「オーンズ春香山(はるかやま)ゆり園」をご存知ですか?ゆりと海と雲海の共演が夏の間だけ楽しめる、北海道最大級のゆり園です。2018年度からはB...



この記事を書いたトラベルライター

生粋の転勤族ライター
生まれ育った実家も、お嫁に行った先も、「転勤族」という生粋の転勤族です!
転勤しながらその土地、周辺のご当地情報を発信しています!

現在は1歳を目前に控えた赤ちゃんと、楽しく鳥取県を中心に周辺の魅力をみてまわっています♪
人様のご迷惑と赤ちゃんの安全を考えた上で、「子育てママ」概念にとらわれない自由旅を満喫中☆

そして、旅行と同じくらい「書くこと」が大好きです!
「正確に」「詳細に」「スピーディーに」を目指して、楽しみながら更新しています!

旅行やお出かけの際にお役に立てるような記事を書けるよう、頑張ります!



私の書いた記事が少しでも誰かの、何かの、役に立つことがあったらこの上ない喜びです。

税込980円でこの鮮度!【鳥取県】賀露港・市場食堂で新鮮海鮮を!

日本海に面している鳥取県は海の幸にも恵まれています。今回ご紹介する賀露港・市場食堂は鳥取県賀露港のすぐそばにあり、新鮮な海鮮物をまさかの税込1,000円を切る値...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

いつ行く?鳥取砂丘!~鳥取砂丘の季節別楽しみ方&見どころガイド~

一生に一度は行っておきたい鳥取砂丘!「今年こそは行くぞ」と意気込んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?さて、漠然と「今年こそは」と考えているものの、どの...

【鳥取県】「すなば珈琲」巡礼!聖地指定8店舗とその周辺の見所紹介

2012年の10月某日、平井鳥取県知事が民放番組にて発した「スタバはないけど日本一のスナバはある」という言葉をきっかけに生まれたと言われている、鳥取県を代表する...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?