ハンガリー
ハンガリー観光
ドナウの真珠と言われる首都の夜景が美しい

伝統工芸品の生産も盛んなハンガリーの活気溢れる市場に潜入しよう!

取材・写真・文:

チェコ在住

2018年1月4日更新

1,514view

お気に入り

「中欧のパリ」「ドナウ河の真珠」などと比喩され、街並みや夜景が美しいハンガリーの首都、ブダペスト。景観が素晴らしく、街歩きが楽しい街ですが、刺繍や藍染などの伝統工芸品の生産も盛んです。本記事では、そんな伝統工芸品の紹介と、工芸品ショッピングにぴったりな中央市場、ナジ・ヴァーシャールチャルノク(セントラル・マーケット・ホール)Nagy Vásárcsarnok(Central Market Hall)の紹介をします!

この記事の目次表示

ハンガリーのおすすめツアー
□■リーズナブルにホテル指定♪観光地近くの4つ星ホテル宿泊■□ヨーロッパ有数の夜景を誇る街!ドナウの真珠《ブダペスト》5日間【羽田夜発/カタール航空利用】
77,800円~193,800円
―*温泉で癒し旅*―アールヌーヴォー様式が美しい【ゲッレールト温泉】併設ホテル【ダヌビウス・ホテル・ゲッレールト】ご宿泊!ブダペスト5日間【成田夜発/エミレーツ航空利用】
87,800円~257,800円
【羽田夜発/カタール航空利用】《ブダペスト×プラハ》周遊!モダンな雰囲気のホテル《NHブダペストシティ》×市内&観光地アクセス抜群の《アリストン》ご宿泊6日間
96,800円~244,800円

職人の温かみが感じられるハンガリーの伝統工芸品

色彩豊かなカロチャ(KALOCSA)刺繍

「カロチャ」とは、南ハンガリーの街の名前です。19世紀にこの街で白い花柄の刺繍が生まれたのが起源であると言われています。その後、20世紀に染色が発展し、カロチャ刺繍にもカラフルな刺繍糸が使用されるようになったそうです。

  • カロチャ刺繍

白地に良く映える色彩豊かなカロチャ刺繍。テーブルクロスやコースター、シャツなど商品の種類も豊富に作られています。

パターン柄のお洒落な藍染

落ち着いた紺色に細かい白い模様が特徴的な藍染。ハンガリーの伝統的な方法で作られているそうです。スタンプでパターン柄をつけていきます。

  • 藍染 クリスマスマーケットにて
  • くるみの殻を用いた小物

日常生活やインテリアに使えるお洒落な商品が沢山並んでいます。

ここからは、このような伝統工芸品のお買い物にぴったりなスポット、ブダペストの中央市場を紹介します。

ブダペスト地元民の活気溢れる中央市場

ブダペストの中央市場は3階建て。朝は7時から開いており、10時頃には地元の人、観光客でとても賑わいます。

  • 中央市場 外観
  • 中央市場の内観

観光客で大賑わい!伝統工芸品とハンガリー料理の「2階」

2階に上がっていくと、そこには刺繍や小物などの伝統工芸品が所狭しと並べられています。

  • 中央市場 カロチャ刺繍 
  • カロチャ刺繍のエプロンを着た人形 4,900フォリント(約2,500円)~

筆者が訪れた際には、店頭で刺繍の実演を見ることも出来ました。

  • 店先で刺繍のパフォーマンス
  • フェルト商品も可愛い

そして、いい匂いを漂わせるハンガリー料理の屋台やパン屋さんなども沢山あり、地元の人々の食生活を体験することも出来ます!

  • パン屋さん

日本人とハンガリー人の共通点!?魚介類と漬物類が並ぶ「地下1階」

地下一階に降りていくと、そこには沢山の魚介類が並んでいます。

  • 魚 1,000フォリント(約500円)/1kg~
  • 店頭に並べられた魚介類

筆者は海のないハンガリーで、これほどまでに魚が食されていることに驚きました。ハンガリーでは魚のスープも有名で、レストランのメニューにはよく書かれていました。

魚は売り場の裏でさばかれています。

  • 魚をさばく様子

魚屋さんの隣には漬物屋さんが並んでいます。何とも可愛らしい瓶詰で、食べるのがもったいないです。

  • 瓶詰の漬物 クリスマスバージョン

ヨーロッパの漬物というと、きゅうりやマッシュルームのピクルスが一般的ですが、このマーケットの漬物屋さんは、東京のデパ地下のように豊富な種類の漬物が並んでいました。

地元の人の生活が垣間見れる、肉と野菜の「1階」

  • 中央市場 野菜 人参168フォリント(約80円)/1本

太くて大きいにんじんや、真っ赤に輝くいちご、綺麗に並べられた卵など、日常生活に必要な食材が沢山並んでいます。

  • 中央市場 果物
  • 肉の種類もかなり豊富

豪快に並べられた肉も種類が豊富です。

  • フォワグラの缶詰 3,000フォリント(約1,500円)~
  • 酒屋さん

その他にも、ハンガリーのアルコールやフォアグラの缶詰、パプリカの商品や花柄の缶に入ったチョコレートなど、ハンガリーらしい商品を取り扱うお店も並んでいます!

  • 豊富なパプリカ商品 パウダータイプなど
  • 可愛らしい缶入りチョコレートはお土産にぴったり! 1,190フォリント(約500円)~

ヨーロッパにはホステルが沢山あるので、地元の食材を使ってホステルで調理をするのも楽しいかもしれません!

サービスが行き届いたおすすめのホステル「Flow」

ちなみに今回筆者が宿泊したのはホステル「Flow」。中央市場まで徒歩3分程という好立地です。

  • ホステル「Flow」2泊3人1室で合計約1万円

入口は少し分りにくいですが、内装は非常に綺麗に清掃されており、キッチン、Wi-Fiも完備で快適でした。また、受付のスタッフは親切で地図を使ってブダペストの見どころを一通り説明してくれました!

ホステル フロー
ハンガリー / ホステル
住所:Budapest, Gönczy Pál u. 2, 1093 ハンガリー地図で見る
Web:http://flowhostel.hu/

おわりに

夜景が美しいことで有名なハンガリーの首都ブダペスト。

  • ブダペストの夜景

もちろん、この絶景は見逃せませんが、日が沈む前にこの中央市場で、伝統工芸品のショッピングやハンガリー国民の日常生活をちょっと体験してみるのはいかがですか?

ハンガリー旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばハンガリーのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でハンガリーのすべてのツアーをみる>>

ハンガリーの旅行予約はこちら

ハンガリーのパッケージツアーを探す

ハンガリーのホテルを探す

ハンガリーの航空券を探す

ハンガリーの現地アクティビティを探す

ハンガリーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


★ハンガリー・ブダペスト★フォトスポット7選

中世の街並みが残るブダペスト。ドナウ川を挟んで、西岸のブダ地区と東岸のペスト地区に分かれています。見どころはこの2地区に集まっているので、観光しやすい街です。こ...


中欧観光におすすめ!世界一〇〇な場所5選 in オーストリア・ハンガリー

美しい街並みに加え、音楽や芸術、建築物など歴史ある文化を楽しめ、観光客にも人気の中央。今回は、そんな中欧で観光するなら訪れたい、オーストリアとハンガリーの「世界...

食も雑貨もクラフトも!ヨーロッパの屋内マーケット厳選8選!

旅する最大の魅力の一つは、やはり現地の食文化や生活に触れることではないでしょうか?民族も言語も、日々の暮らしから生まれた食文化や生活習慣も異なるヨーロッパの国々...

歴史を読み取る。ブダペストの街を一望できるゲッレールトの丘

ハンガリーの首都ブダぺストの中央部に位置するゲッレールトの丘。ここはブダペストの街を一望できる名スポットです。山など視界を遮るものがないので、昼間は地平線までく...

【チェコ・オーストリア・ハンガリー】のクリスマスマーケットを堪能する旅

ヨーロッパのクリスマスマーケット。一度は訪れてみたいと思う方も多いのではないのでしょうか?せっかくヨーロッパまで足を延ばすなら、数か国を巡る周遊型の旅がおすすめ...

この記事を書いたトラベルライター

原動力は好奇心!中東欧の文化に魅了された現役女子大生
茨城県生まれの現役女子大生。大学では国際文化を学び、マネージャーとしてラクロス部に所属。趣味は動物園や博物館に行くことと、居心地のいいカフェや雑貨屋さんを見つけること。大学で出会った中東欧の文化に惹かれ、大学3年生の秋よりチェコに1年間留学中。“興味を持ったら何でも挑戦”をモットーに好奇心旺盛に生きています!

スロバキアの小さな首都ブラチスラバに“かわいい”を探しに行こう!

1993年にチェコスロバキアが解体し、独立したスロバキア共和国。東京からはるか9,000kmも離れた小さな新しい国ですが、実はスロバキアには日本人女子の心をくす...


小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...

いつもとはちょっと変わった年越しを!ポーランドで過ごす年末年始!

ワルシャワを首都とするポーランド。最近は、日本でもポーリッシュポタリー(ポーランド食器)やポーランド映画が注目されていますが、まだまだ日本人にとってマイナーな国...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...

ビールとの相性抜群!チェコの伝統的なチーズ「トヴァルーシュキ」

別名「オロモウツチーズ」とも呼ばれる、チェコ共和国のオロモウツ地域で作られているトヴァルーシュキ。独特な香りが特徴でチェコ人の中でも好き嫌いは大きく分かれます。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?