岩手
岩手観光
独自の麺文化を育む、日本で二番目に広い県

【岩手・田野畑】北山崎の絶景を陸から海から!地元グルメも堪能

2018年4月11日更新

508view

お気に入り

北は青森県八戸市から、岩手県、宮城県北部へと続く三陸リアス式海岸。狭い湾や入り江が入り組んだ複雑な地形のため、断崖が続く独特の景色を見ることができます。特に三陸の海岸の中でも岩手県宮古市から北部は、数百メートル級の断崖が続く隆起海岸で、中でも田野畑村にある「北山崎」や「鵜の巣断崖」が有名です。今回はその田野畑村で、景勝地「北山崎」を陸から海から眺めつつ、地元でしか味わえないグルメもあわせて、ご紹介いたします。

三陸の景色を楽しむには?

三陸はリアス式海岸という入り組んだ地形によって、海岸には砂浜があまりなく、海からそのままそびえ立つ断崖という独特の景色を生み出しています。見るものを圧倒する豪快な景色が続きますが、実はこの入り組んだ地形のため、海岸線をドライブしながら景色を楽しむ、ということはほぼできません。

というのも、海沿いに断崖が続く地形となっているため、自動車が走る道路はほぼ山道。道路からは海はほとんど見えず、カーブの連続のため、気の抜けない運転が続きます。

その代わりに、三陸を縦断するように走る国道45号線沿いには、ところどころに展望スポットがありますので、そこから景色を楽しむことができます。

「北山崎」の絶景を展望台から眺めよう!

三陸に点在する展望スポットでも特におすすめなのが、岩手県田野畑村にある「北山崎」です。全国観光資源評価の「自然資源・海岸の部」で、最高ランクの特A級に格付けされた、岩手が誇る景勝地です。

高さ200mもの断崖あり、海水で侵食した洞窟がありと、ダイナミックな景観を持つ海岸線が8kmほど続く、三陸リアス式海岸を望む絶景スポットなのです。

  • 第一展望台からの景色

北山崎には展望台があり、そこには食堂やお土産屋さんもありますので、車を停めて休憩がてらゆっくり景色を楽しむこともできます。

第2展望台から望むダイナミックな景色

北山崎には第1から第3まで展望台がありますが、おすすめなのが第2展望台。300段以上の階段を上り下りする必要がありますが、断崖のギリギリのところに展望台が作られているので、ダイナミックな絶景を存分に楽しむことができます。

  • 第2展望台からの景色

体力に余裕があったら海岸線まで降りることも

せっかく海が見えていても切り立った断崖のため、海岸線にはなかなか降りることはできないのが三陸なのですが、実はこの北山崎は第2展望台の途中から分岐した遊歩道があり、海岸まで降りることができます。

ただひとつ注意が必要なのですが、こちらの階段は分岐点からさらに700段以上の階段が続きますので、それなりに体力に余裕がないと厳しいと思います。またかなりの急傾斜のため、高所恐怖症の人にも難しいかもしれません。

  • 第2展望台への道のり。この途中に海岸線に降りる道が分岐しています
  • 写真だと急に見えませんが、実際はかなりの急傾斜です

かなりの疲労感でたどり着きますが、その先には下から見上げる迫力の断崖と、真っ青な三陸の海を間近で眺められる素晴らしい景色が待っています。

  • スケール感が伝わりにくいですが、巨岩を間近に眺めることがきます
  • 第2展望台から降りた地点
  • 第2展望台から海岸まで降りると、みちのく潮風トレイルというトレイルコースに続きます

ご自身の体力と脚力と相談しながら、自信のある方はぜひトライしてみてください。

北山崎
岩手 / 自然・景勝地
住所:岩手県下閉伊郡田野畑村北山
電話:0194-34-2111

「北山崎」の断崖に海上から迫ろう!

【1】サッパ船アドベンチャーズ

サッパ船とは、アワビ漁などに現在も漁師さんが使っている小型の磯舟のことで、こちらの「サッパ船アドベンチャーズ」では現役の漁師さんが操るサッパ船に乗って、北山崎の断崖を海側から迫りながら、ガイドしてもらう体験ができます。

小舟ということもあり、波間をぬって進んでいく様子は迫力満点!岩の狭い隙間を通り抜けたり、岩穴をくぐったりと、普通のクルーズ船では通れないようなコースをたどるのが最大の魅力です。

特に「青い洞窟」と呼ばれるポイントもあり、その神秘的な光景はぜひ体験してもらいたいです(光の関係で、午前中にしか見られない現象とのこと)。

筆者が訪れた際は曇り空だったこともあり、うまく撮影ができませんでしたので、参考までに以下の動画で、サッパ船アドベンチャーズの雰囲気と青の洞窟の美しさをご覧ください。

なかなかの揺れ具合があったり、波しぶきがかかることもありますし、海上は想像以上に風が強く体感温度が低い場合もありますので、上着の準備をした方が良いでしょう。

筆者の場合は、船酔いすることもなく迫力たっぷりの乗船を楽しめましたが、酔いやすい方は、事前に酔い止めなどを飲んでおくと、安心して楽しめるかと思います。

■料金:3,500円/1名(2名以上)
■乗船時間:約1時間
■発着港:天候によって、机漁港又は羅賀漁港発着になります
■予約:前日17:00まで(当日応談可)
北山崎サッパ船アドベンチャーズ
岩手 / 乗り物
住所:岩手県下閉伊郡田野畑村羅賀60−1 机漁港 又は羅賀漁港発着
電話:0194-37-1211
Web:http://www.tanohata-taiken.jp/banya/sappa/

【2】北山崎断崖クルーズ観光船

4月22日〜11月5日の期間は、毎日4便航行している観光船。こちらも海側からゆったりと、北山崎の景色を楽しむことができます。

上記の小型のサッパ船とは違っていわゆる普通の遊覧船なので、揺れが怖かったり、波しぶきで濡れるのが嫌な場合は、こちらの方が安心です。

■料金:大人 1,460円、小人 730円
■乗船時間:約50分
■発着港:島越港
■出発時間:8:40、10:30、13:30、15:30(ハイシーズンには増便します)

次のページを読む

岩手の旅行予約はこちら

岩手のホテル予約を探す

岩手の航空券予約を探す

岩手のパッケージツアー予約を探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

秋の絶景が見た~い!東北6県の紅葉スポット11選

暑い夏がすぎ、街が色づいてくると、お出かけ気分がムズムズ。自然が織りなす秋の絶景が見たくなりますね。東北6県で、筆者が独断と偏見でチョイスした紅葉スポットと、あ...

【岩手】実はイタリアン激戦区?盛岡で食べたいイタリアンの名店5選

「わんこそば」「盛岡冷麺」で有名な盛岡市ですが、知る人ぞ知る、イタリアンの激戦区!人口比率から見てもなぜか異常なほど、イタリアンレストランが多いのです。そんなお...


【岩手・龍泉洞】 観光ついでに寄りたい周辺オススメスポット5選

岩手県 岩泉町にある観光地「龍泉洞」は、岩手旅をする際に訪れる方も多いかもしれません。そんな岩泉町内には龍泉洞以外にも、様々な見所があります。今回は、龍泉洞を訪...

涼しい処へ行きた~い!東日本の涼感スポット15県21選

暑い夏。いえ、昨今は熱い夏になってきていますね。そんな時は、だれもが涼しい場所に行きたい!東日本各地で筆者が実際に行き、涼し~い!もしくは寒~い!と感じた場所、...


岩手・三陸の景勝地「浄土ヶ浜」で、”青の洞窟”へ行ってみよう!

三陸がほこる、国の名勝「浄土ヶ浜」。まるで浄土のように美しいこの場所には、「青の洞窟」の異名をもつ魅惑のスポットがあるんです。ここでは浄土ヶ浜や青の洞窟の見どこ...

この記事を書いたトラベルライター

旅の目的は、常に「食べること」
旅先でのんびりしたり、観光したりも、もちろんしますが、何よりも食べることが大好き! 日本国内でも季節に合わせて食べ歩き旅行したり、星付きレストラン、B級グルメまでなんでも食べます。食べ物ネタを随所に挟み込んだ記事を書ければと思います。
トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?