ニューヨーク
ニューヨーク観光
24時間眠らない、世界一の大都会

【ニューヨーク vs 東京】NY発の「黒帯」ラーメンを食べ比べ!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:16ヶ国 / 34都道府県

2020年11月10日更新

128view

お気に入り

写真:bluemoon

ニューヨーク生まれの「黒帯(KURO-OBI)」ラーメンを、本家のNYと東京・渋谷の店舗で食べ比べ!価格やメニューの違い、キウイソースをラーメンにトッピングするのが東京流?!など、とっておきの情報をご紹介します。

この記事の目次表示

黒帯ラーメンとは?

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / 黒帯ラーメン

「黒帯」は有名ラーメン店「一風堂」のスピンオフブランドとして、2014年にNYで誕生しました。アメリカ国内には6店舗あり、シンガポールにも1店舗あります。その「黒帯」が2020年8月に東京・渋谷の商業施設「レイヤード ミヤシタパーク」のフードホール内にオープンしました。

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店

「RAMEN is FREEDOM(ラーメンは、自由だ。)」をコンセプトに、博多発祥の本家の一風堂とは違うスタイルの、自由な発想のラーメンが注目を浴びています。提供するのは、鶏白湯ラーメンを中心に、丼ではなく紙カップでテイクアウトにも対応したニューヨークスタイルのラーメン。海外店舗で一番人気の看板ラーメンは、鶏白湯に香ばしいガーリックオイルが効いた「KURO-OBI」です。

そんな「黒帯」、まずはNYと東京の店舗が入る商業施設の様子を比べてみましょう。

①NY・キャナルストリートマーケット店

「黒帯」はニューヨークの場合、5店舗全てが、マンハッタンにある話題のフードホールにあります。タイムズスクエアにある「CITY KITCHEN NY」や、グランドセントラル駅近くにある「URBANSPACE VANDERBILT」など、ビジネスマンがランチにラーメンをテイクアウトしたり、イートインコーナーでサクッとラーメンを食べている光景を見かけます。残念ながら、2020年11月1日現在、NYの店舗はCOVID19のため臨時休業中ですので、営業開始されているかどうかはWebサイトにてご確認ください。

  • 写真:bluemoonNYのチャイナタウンにある「キャナルストリートマーケット(Canal Street Market)」外観
  • 写真:bluemoon(ニューヨーク)KURO-OBI CANAL STREET MARKET店

筆者が2018年に訪れたのは、マンハッタンのチャイナタウンにある「キャナルストリートマーケット」という、ショップとフードコードが合体したニュースタイルのマーケット内にある店舗。

マーケット奥には、アート感溢れるイートインコーナーもあり、チャイナタウンにあるとは思えないほどスタイリッシュで入りやすいフードコートです。

  • 写真:bluemoon(ニューヨーク)CANAL STREET MARKET外観
  • 写真:bluemoonNYの「Canal Street Market」
  • 写真:bluemoonNYの「Canal Street Market」
  • 写真:bluemoonNYの「Canal Street Market」

②東京・渋谷 MIYASHITA PARK店

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店

東京の場合、「黒帯」があるレイヤード ミヤシタパークのSouth館3Fのフードホールは、中華料理の「PANDA EXPRESS」やタコスの「TACO BELL」など全部で6つのテナントが入る海外のフードコートのような空間です。

平日でも、観光客以外に、近隣のオフィスに勤める人々がランチに訪れるため、昼時は大変混雑しています。訪れるなら開店11時から11時半くらいまでが空いていておすすめです。

  • 写真:bluemoon(東京)MIYASHITA PARK内のフードホール
  • 写真:bluemoon(東京)MIYASHITA PARK内のフードホール案内図
  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / 平日のAM11:30頃の様子
  • 写真:bluemoon(東京)MIYASHITA PARK内のフードホール / 平日の午後2時くらいの様子
  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / オーダーメニュー受け取りのための呼び出しブザー

NYと東京の「黒帯」のあれこれを比べてみよう!

  • 写真:bluemoonKURO-OBI Ramen - NY vs Tokyo

NYでも東京でも、筆者は看板ラーメンの「KURO-OBI」にトライしました。あくまでも筆者の味覚によるものですが、NYも東京もスープの味は同じで、濃厚な鶏白湯スープ。海外ラーメン店にありがちなスープがぬるいなんていう心配も不要、熱々のスープです。

見た目はこってり豚骨スープの熊本ラーメンに似ていますが、「KURO-OBI」はコクのある鶏白湯スープに、ブラックペッパーを使った黒い香油のコクがプラスされ、かなり濃厚。また食べたくなってしまう中毒性のあるラーメンです。

【1】ラーメンの価格の違い

  • 写真:bluemoon(ニューヨーク)KURO-OBI CANAL STREET MARKET店 / カウンター脇のメニュー

人気の「KURO-OBI」ラーメンで価格を比べてみましょう。ラーメンのサイズはNYも東京も同じですが、価格は大きく違います。

NY:13ドル(約1,365円)/ねぎ、きくらげ、チャーシュー入り ※煮卵は別料金2ドル(約210円)
東京:890円/半熟煮卵、鶏チャーシュー、糸唐辛子、細ねぎ入り

NYは日本食を外食すると全般的に価格は高いので、ラーメン単品が13ドルでも仕方がない気もしますが、フードコートではチップを払う必要がないため、レストランでラーメンを食べるよりはお財布に優しいということで利用する方も多いようです。

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / メニュー

【2】ラーメンメニューの違い

  • 写真:bluemoon(ニューヨーク)KURO-OBI CANAL STREET MARKET店 / メニュー

NYと東京で、共通のラーメンのメニューは下記の通りです。

「白帯」鶏白湯+旨味たっぷり辛味噌 
「黒帯」鶏白湯+香ばしいガーリックオイル
「赤帯」鶏白湯+特性ラー油
「茶帯」鶏清湯+醤油
「緑帯」動物性食材不使用ビーガンまぜそば

ベジタリアン向けのラーメンメニューが、NYと東京で少し違います。

NY:「黄帯」コーンと豆腐チャーシュー入りのベジタリアン味噌ラーメン
東京:「緑帯」動物性食材不使用のビーガンまぜそば
  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / オーダーカウンター

東京限定:「茶帯」ラーメンにキウイソース?!

NYにはありませんが、東京ではちょっと変わったラーメントッピングがあります。カウンターに置かれた調味料の中に、なぜかキウイソースがあったのでスタッフさんに聞いたところ、「茶帯」ラーメンにキウイソースをトッピングして食べるのがとっても美味しいそうです。醤油ラーメンにキウイソース?!だなんて、どんな味か全く想像できませんが、興味のある方はぜひトライしてみてくださいね。

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / カウンターに置かれた調味料

東京限定:期間限定&数量限定のラーメン

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / 数量限定ラーメン

MIYASHITA PARK店には、NYの店舗にはない期間限定の数量限定メニューがあり、筆者が訪れた時は、カップからはみ出るほどの大きな国産ステーキがドンと一枚ラーメンにのせられた「和牛ステーキラーメン」が1日3杯限定で販売されていました。美味しそうですが、すごいボリューム!

【3】ラーメンの器の違い

  • 写真:bluemoon(ニューヨーク)KURO-OBI CANAL STREET MARKET店 / 紙カップ

NYも東京も、テイクアウトしやすいように、ラーメンが入る器はどんぶりではなく紙カップです。紙製ですが、持った時に熱さが伝わりにくく持ちやすいし、丼が深いので冷めにくいです。

NYでは以前は、この紙カップに柔道着に黒帯のイラストが描かれていましたが、最近では東京で使われている紙カップと同じく、ラーメンを持った自由の女神とNYの街の風景が描かれています。

  • 写真:bluemoon(東京)黒帯 MIYASHITA PARK店 / ラーメンやドリンクの紙カップ

次のページを読む

ニューヨークの旅行予約はこちら

ニューヨークのパッケージツアーを探す

ニューヨークのホテルを探す

ニューヨークの航空券を探す

ニューヨークの現地アクティビティを探す

ニューヨークのWi-Fiレンタルを探す

ニューヨークのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年11月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


ニューヨーク・王道から老舗高級店まで!厳選ステーキハウス5選♪

熟成肉ステーキの本場・ニューヨークには、カジュアルなステーキハウスから高級ステーキハウスまで様々なお店があります。老舗ステーキハウス「The Palm Too」...

NY限定のお土産ならコレ!高級スタバ リザーブ ロースタリーのおすすめグッズ20選

ニューヨークの高級スターバックス店「スターバックス リザーブ ロースタリー ニューヨーク」では、NYでしか買えないお土産にもぴったりのマグカップや、タンブラーな...

【東京・新宿】NYの朝食の女王「サラベス」で美味しいブランチを♪

ニューヨークの人気朝食メニューのエッグベネディクトやパンケーキを味わえる「サラベス 新宿ルミネ店」。一人で訪れても、人気のメニューを少しずつ楽しめるお得なコース...

【NY】あふれるパストラミ!カッツデリカテッセンの魅力と注文方法

日々美味しいものが産み出され、世界中から絶品グルメが集まるNY。そんな場所に1888年創業、今も人気が衰えない老舗があることをご存知でしょうか?その名も「カッツ...

この記事を書いたトラベルライター

ニューヨークが大好きなクリエイター
北米への旅行と写真撮影やシネマグラフ制作が大好きな東京生まれのクリエイターです。
ニューヨークではマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンに数年間の在住経験があり、住んだからこそ知っているニューヨークの情報もご紹介していきたいと思います。

超話題沸騰中!ニューヨーク5番街・ティファニー本店4Fの魅力♪

ニューヨークの5番街にあるティファニー本店は、4Fのホーム&アクセサリー売り場が一新され、2017年11月10日にはティファニー初のオリジナルカフェ「ザ・ブルー...


買って帰りたい!最新ニューヨークの美味しいお土産はコレに決まり★お洒落パッケージチョコ&珍しいソルトやビネガー

友達へのニューヨーク土産は何にしよう?!と頭を悩まれる方は多いはず。でもご安心ください!NYイラストのパッケージがお洒落でとっても濃厚な味わいのチョコレートや、...


ニューヨーク・最新&定番の喜ばれる絶品チョコレートお土産ガイド♪

ニューヨークのチョコレート土産というと、ニューヨークらしいパッケージがセンス良く、空港で手軽に買える「アスターチョコレート(Astor Chocolate)」や...

ニューヨークの超人気スーパー・トレーダージョーズで買えるお土産にもおすすめの商品10選♪

安いのにヘルシーでオーガニック、魅力的な商品がいっぱいの「トレーダージョーズ」は全米で大人気のグルメ・スーパーマーケットです。健康志向なニューヨーカーが通う、ト...

ニューヨーク公共図書館は見所満載!ギフトショップはNY土産の宝庫♪

数々のNY映画に登場し、ニューヨーカーにも観光客にも愛されている「ニューヨーク公共図書館(ニューヨーク・パブリック・ライブラリー)」。誰でも無料で入館でき、館内...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります