新潟
新潟
自然豊かな日本一の米どころ&国内有数の豪雪地帯

収穫って楽しい!【新潟】三川観光きのこ園

2018年7月9日更新

109view

お気に入り

何かを収穫するのは、とても楽しいものです。今回はローカロリーで女性にも人気のキノコを収穫。季節によって採れるキノコは変わりますが、家族でキノコ狩りにお出かけして、森林浴を楽しみながら収穫の喜びを体験してみませんか?

この記事の目次表示

三川(みかわ)観光きのこ園とは?

新潟県は、全国第2位のキノコの生産量を誇ります。ちなみに1位は長野県です。新潟県を流れる、阿賀野川沿いに位置する三川きのこ園は、1万坪という、広大な敷地に様々な種類のキノコを栽培しています。

キノコによって、収穫時期が違うので、開園期間も長く、訪れる予定も立てやすいのが魅力です。例年4月1日頃から12月の第2日曜日まで開園しています。いつ訪れても、いずれかのキノコが収穫できて、訪れるたびに、収穫できる組み合わせも変わるので、新たなキノコとの出会いも楽しめます。初めて食べてみたら、そのおいしさにびっくり!なんてことも。

そして何より、採りたての新鮮キノコは、香りも強く、おいしい!園内にはバーベキュー施設やレストランもあるので、収穫はしなくても新鮮キノコを味わいに出かけるのも良いでしょう。(※収穫したキノコをバーベキュー施設で焼くことはできません)

夏と秋の休日には大人気なので、少し時期をずらすと、のんびり収穫できます。

小さな子も大喜びのキノコ狩り

小さなお子様を連れて、山にわけ入ってのキノコ狩りなど、到底無理な話。かといって、フルーツ狩りは、木々の背も高いため、小さな子は取りづらく、抱っこしてあげるのも大変です。まだ熟していない物は「それは、まだよ!」なんて、なだめたり、際限なく採り続けたい子供に対して、収穫しすぎても大変ですよね。

その点、キノコなら、たくさん収穫しても問題なし。大量に収穫しても、種類を変えれば、キノコご飯に、キノコ汁、天ぷらにバター焼きと、キノコのコース料理ができてしまいます。

また地面に置いてある菌床から収穫するので、よちよち歩きのお子様も安心。自分で収穫したものを食べる楽しさもひとしおです。また三川きのこ園には、お子様用に遊具なども用意されています。「パパ~!赤ちゃんキノコ取っていい?」そんな声が園内に響く園内は、さながらテーマパーク気分。


収穫の流れ

  • 収穫時のキノコが表示されています。

駐車場も無料、入園も無料です。まずは、入り口脇にあるバケツを持って園内へ。この時、チェックするのが、頭上の看板。当日、収穫できるキノコをチェックしましょう。グラム当たりの金額が違っている場合は、違うバケツに収穫するようになります。

なめこを収穫したい時は、他のキノコがぬれてしまうので、バケツを変えた方が良いでしょう。さあ!あとは、キノコの収穫へ行くだけ!バケツを持って広い園内を散策しましょう。

  • 自宅で収穫が楽しめる?!

収穫したら、入り口わきのレジに持ち込み、重さに応じて料金を払うだけです。レジ脇には、売店もあり、採りたてのキノコの他、乾燥キノコ、地元野菜やお土産なども扱っているのでのぞいてみてください。自宅に帰ってから椎茸を収穫できる菌床も販売されています。

来園時のアドバイス

園内はきれいに整備されていますが、キノコ栽培をしている性質上、あまり陽は当たらず、ひんやりとした空気感です。季節に応じて、羽織るものを持参した方が良いでしょう。

通路は、舗装されている場所もありますが、林の中を歩く場所もあるので、ヒールやサンダルは避けた方が無難です。女性トイレの中には靴底を洗うシャワーが、設置されています。なめこを収穫する予定の方は、ぬるぬるするので、軍手やナイロン製の手袋、タオルなどを持参すると良いでしょう。

キノコの収穫時期

  • この日は、バケツ半分程度でおよそ¥1,000程度でした。

キノコの収穫といえば、秋!のイメージですが、春から収穫できます。キノコは全て自然の中で栽培している為、その年の天気、気温、湿度などで発生の時期や収穫時期は大きく変わる場合がありますが、参考までに収穫時期を記載しておきます。

  • 舞茸:9月下旬~10月中旬
  • タモギ茸:5月下旬~10月上旬
  • ヒラタケ:4月中旬~5月中旬、9月上旬~12月中旬
  • ナメコ:10月上旬~12月中旬
  • ブナシメジ:10月上旬~11月上旬
  • キクラゲ:6月中旬~9月上旬
  • シイタケ:5月上旬~6月中旬、9月上旬~11月上旬
  • シロヒラタケ:9月下旬~11月下旬
  • トキイロヒラタケ:6月上旬~9月上旬
  • エリンギ:9月下旬~10月中旬

三川観光きのこ園の概要

入場料 

無料

開園時期

例年 4月1日~12月第2日曜日

開園時間

8:00~17:00

三川観光きのこ園
新潟 / 体験・アクティビティ
住所:新潟県東蒲原郡阿賀町吉津3520
電話:0254-99-3773
Web:http://mikawakankoukinokoen.o.oo7.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月8日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

初めての新潟市内観光に行くならココ!おすすめの楽しみ方5選

日本海と信濃川の間に広がり、明治時代から港町として栄えた町・新潟。シンボル・萬代橋周辺には、人気マンガの世界を体験できるスポットからおしゃれな雑貨やスイーツを販...

絶景!おすすめ!長岡・大曲・土浦「日本三大花火大会」

日本の夏の風物詩である花火。その中でも、長岡・大曲・土浦で行われる花火大会は「日本三大花火大会」と呼ばれ、その美しさは格別です。三大会とも時期がずれていますので...

【新潟】お米だけじゃない!魚沼の里で食べる新潟グルメ&おすすめ土産

「魚沼の里」は、新潟県魚沼市長森に位置し「郷愁とやすらぎ」をテーマに作られた場所です。日本有数の豪雪地帯の魚沼はお米が有名ですが、それ以外にもおいしいグルメがた...

行って実感!食べて実感!新潟市の美味しいご当地グルメ8選

東京から新幹線で2時間で行ける新潟市。「米、酒、魚、煎餅」などのいわゆる定番グルメのイメージが強いかもしれませんが、実は知られざるご当地グルメの宝庫なんです!今...

【新潟県】樹齢90年の美しいブナの森「美人林」を散策するモデルコース

東京から新幹線で70分ほどの場所にある、新潟県十日町市。自然豊かなこの場所は、冬になると3m以上も雪が積もるそうです。そんな十日町市にある、美しいブナ林を散策し...



この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

川越散歩でお土産みつけた!話題のドレッシングから蔵町パンまで13選

埼玉県・川越の魅力は、タイムスリップしたような蔵造りの町並みや、昔懐かしい菓子屋横丁など、歩いて散策できるスポットが集中していること。その上、おいしい食べ歩きグ...

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

ベルギー・ブルージュで見つけた!大満足のお土産探し!

歴史的な名所に、美しい風景、優雅な運河クルーズに美味しい食事。ベルギーの古都、ブルージュをおもいきり満喫した後の仕上げは、お土産ですね。美味しいもの、一生の記念...

北海道みやげ定番以外!友人・職場用ばらまき土産5選&自宅用土産2選

「なにも買うものがな~い。何を買ったらいいの~?!」なんてことには、決してならない北海道。お洒落で美味しそうで、パッケージもかわいい!そんなお土産がたくさんあり...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?