オアフ島
オアフ島観光
日本人に大人気!ハワイ観光でメインとなる島

赤ちゃん連れにおすすめ【ハワイ・オアフ島】でピクニックをしよう!

取材・写真・文:

2019年3月18日更新

58view

お気に入り

写真:mayu

小さい子ども連れのハワイ旅行、海やプールでゆっくり遊ぶのは難しいし、ショッピングもいいけれど、途中で飽きてしまうのでは…。そんな時におすすめなのが、「ピクニック」。おやつやランチをテイクアウトして、ピクニックにでかけませんか。

この記事の目次表示

子連れハワイにピクニックがおすすめの理由

  • 写真:mayu

オアフ島の公園には、ベンチやピクニックテーブル、ごみ箱までしっかりと設置されている場所も多くあります。小さな子どもを連れていると、ゆっくりレストランでの食事もなかなか大変ですよね。そこで、フレッシュジュースや、ハワイで人気のパンケーキなどをテイクアウトしてのピクニックランチがおすすめです。もちろん元気いっぱいの子どもたちが走り回っても問題なしです。

  • 写真:mayu大人気「eggs'n things」のパンケーキをテイクアウトしてみては。

大きな木の下に座れば、ハワイの強い陽射しからも守られ、風が吹けば心地いいお昼寝スポットになります。小さな子どもが眠くなったら、いつでもお昼寝できちゃいます。

  • 写真:mayu芝生の上で思う存分遊ぼう‼

いっぱい遊んでお昼寝して、ハワイの大自然の中でのんびり過ごした1日は、子どもにとってもパパやママにとっても忘れられない1日になりますよ。

オアフ島でピクニック、おすすめの場所3選

【1】カピオラニパーク

ダイヤモンドヘッドの裾野に広がるカピオラニパークは、ハワイで1番古く、広い公園です。ワイキキのホテルに泊まると、歩いて行くことのできるアクセスの良さもおすすめです。(DFSから徒歩約10~15分)

  • 写真:mayuバニアンツリーの下もおすすめのピクニックポイント。

枝からたくさんの根を地面に向けて下す、大きなバニヤンツリーがたくさんあり、木陰で涼むことができます。ビーチがすぐそばにあるので、海や夕日を眺めたり、砂浜で遊ぶこともできます。公園内には、たくさんのベンチやピクニックテーブルもあり、ピクニックランチにもおすすめの公園です。

カピオラニ・パーク
ホノルル / 公園・動植物園
住所:3840 Paki Ave, Honolulu, HI 96815地図で見る

テイクアウトにおすすめ「ベアフット・ビーチ・カフェ」

  • 写真:mayu「ベアフットビーチカフェ」のパイナップルスムージー。

カピオラニパークのすぐ隣、目の前にワイキキビーチが広がるオープンエアのカフェです。波の音を聞きながらのランチも素敵ですが、ここでパンケーキやハンバーガーをテイクアウトをしてピクニックランチもおすすめです。喉が渇いたら、パイナップルの器に入ったパイナップルスムージーで南国気分を味わってみては。

ベアフットビーチカフェ
ホノルル / カフェ・喫茶店
住所:2699 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国地図で見る

【2】モアナルアガーデン

  • 写真:mayu♪この木なんの木の「日立の木」

「この木なんの木~♪」の日立のCMで有名になったモンキーポッドの木がある公園です。ワイキキからは車で約30分の場所にあり、ワイキキからノースショアに行く途中に立ち寄ることができます。広々とした公園には、モンキーポッドの木が点在しています。

  • 写真:mayuモンキーポッドの木がいっぱい。

大人(13歳以上)は、3$(約330円)の入場料がかかります。日立の木を見るために、観光客が入れ代わり立ち代わり訪れますが、観光客は一番手前にある日立の木をバックに写真撮影をするだけで帰ってしまうことがほとんどで、奥はとても静かです。

  • 写真:mayu大きなモンキーポッドの木の下でピクニック。

高さ約25m、枝の広がり約40mとも言われる、大きなモンキーポッドの木の下で「貸切ピクニック」なんてとても贅沢な気分を味わうこともできます。場所によっては、木の下にベンチが設置されている場所もあります。

  • 写真:mayu

園内に売店あり

入場料を支払う入口には、売店が併設されており、スナック・ドリンク・Tシャツなどのオリジナルグッツを販売しています。飲み物がなくなってしまったときや、小腹がすいてしまったときも安心です。

モアナルア ガーデン
ホノルル / 公園・動植物園
住所:2850 Moanalua Road-A Honolulu地図で見る
Web:http://www.moanaluagardens.com/

【3】クアロア・リージョナル・パーク(ビーチ・パーク)

  • 写真:mayuクアロア・ビーチ・パークでの撮影イメージ:青い海と青い空、そして「チャイナマンズハット」をバックに記念写真がオススメです。

東には穏やかな青い海と、海に浮かぶモコリイ島(帽子の形にも見えることから「チャイナマンズ・ハット」というニックネームでも呼ばれている)が眺められ、西側には切り立った姿が美しいコオラウ山脈がそびえ立つ、ハワイの海と山の絶景を楽しむことができる筆者イチオシの公園です。

ワイキキから車で約1時間と離れているため、人も少なく静かで、広い芝生のエリアは週末にはピクニックやBBQを楽しむ地元の人々でにぎわいます。浅瀬の海では、シュノーケリングを楽しむこともできます。

  • 写真:mayu切り立つ姿が美しいコオラウ山脈の山並みが迫る。

雄大な自然を眺めながら、のんびりピクニックがおすすめです。ワイキキからは少し遠いので、カイルア方面の観光や、ロイヤルハワイアンセンターに行く途中などに訪れてみてはいかがでしょうか。この公園は、周辺にお店などはないため、事前に飲み物・食べ物を用意することをお忘れなく。

クアロア・ビーチ・パーク
オアフ島 / ビーチ
住所:Kualoa Beach Park, 49-479 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744地図で見る
電話:(808) 237-8525
Web:https://www.to-hawaii.com/oahu/beaches/kualoapark....

ピクニックにおすすめの持ち物

レジャーシート

  • 写真:mayu必須アイテム、レジャーシート。

小さい子ども連れのピクニックにはレジャーシートが必須アイテムです。小さい子ほど、芝生や砂に足が触れるのをイヤがる場合があります。またおむつ替えにも便利です。大きいバスタオルなどで代用もできます。

シェード

  • 写真:mayu筆者イチオシアイテムのシェード。こちらはIKEAのもの。

かさばりますが、ハワイの強い日射しや風を避け、お昼寝にも最適です。ビーチでも活躍し、荷物を置いておくこともできます。筆者にとっては、あって良かったイチオシアイテムです。レンタカーご利用予定の場合は、是非1つ用意してみてください。

お皿・コップ・スプーン&フォーク

ピクニック気分も盛り上がりますし、ハワイのパンケーキやハンバーガーはとても大きいので、みんなでシェアするときに大活躍します。紙皿・紙コップでもいいのですが、筆者は日本からIKEAのプラ皿・カップ・カトラリーをセットで持参しました。洗って再利用でき、エコでおすすめです。

クーラーバッグ

冷たいものを持ち歩く際も、ピクニック用のお皿類を持ち歩く際もとても便利です。ハワイではいたるところでお店オリジナルのクーラーバックを販売しているので、記念に現地で購入がおすすめです。ハワイのコンビニ、ABCストアでもかわいいクーラーバックがいっぱい売っていました。


おわりに

  • 写真:mayu

大好きなハワイ旅行。初めて子どもと一緒に行くハワイは、今までとは旅のスタイルが大きく変わりました。夜遅くまでのショッピングも、ちょっと豪華なディナーもなくなりましたが、コンドミニアムに泊まり、日中は大自然に囲まれてのピクニック。のんびり暮らすように過ごすハワイもまた大好きになりました。

小さな子ども連れの旅は、どうしても荷物が多くなります。子どものペースで自由に動け、荷物を積んでおくことのできるレンタカーがオススメです。子どもと一緒のハワイ旅行、最高の思い出とかわいい写真がいっぱいです。是非みなさんも、子連れでハワイ旅行へおでかけください。

オアフ島の旅行予約はこちら

オアフ島のパッケージツアーを探す

オアフ島のホテルを探す

オアフ島の航空券を探す

オアフ島の現地アクティビティを探す

オアフ島のWi-Fiレンタルを探す

オアフ島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

アウトドア大好きトラベラー
とにかく旅が好き。海外でも国内でも「旅行に行こう!」そう思っただけでワクワクします。色々計画を立てたり、しおりを作ったり、旅から帰ってフォトブックを作ったり・・・。1つの『旅』を毎回3回(行く前・旅行中・帰ってきたあと)楽しんでいます。そんな私のオススメを少しでも皆さんに伝えることができれば、そして皆さんの旅がより楽しいものになれば、本当に嬉しいです。

南仏プロヴァンス・訪れてほしい美しい村9選と体験したい3つのこと

「365日中、300日晴れる」と言われる南仏プロヴァンスは、ぜひ訪れてほしいオススメの場所。小さな村1つ1つが可愛らしく、どこを見てもフォトスポット。水車のある...

野生動物の宝庫アフリカ「ケニア」‼絶対訪れてほしいオススメ観光スポット5選

アフリカで野生動物ウォッチングをするなら、ぜひオススメしたい場所は東アフリカにある「ケニア共和国」。赤道直下にありながら、標高が高いために年間を通して比較的過ご...


赤ちゃん連れでも楽しめる【京都】の旅へ

世界遺産の寺社仏閣、京のおばんざいに抹茶スイーツ、街歩きが楽しい祇園エリア。古都「京都」は、言わずと知れた世界的に人気の観光地です。小さい子ども連れにはちょっと...

赤ちゃん連れでも楽しめる【千葉】鴨川シーワールド1泊2日の旅へ

小さな子どもを連れてのおでかけは、心配も多く大変ですよね。今回は、小さな子ども連れでも安心して大人も子どもも楽しめる1泊2日の旅のおすすめです。千葉県にある水族...


赤ちゃん連れでも楽しめる【熱海】おすすめホテル&観光スポット

小さな子どもと一緒のおでかけは大変ですが、思い出もひとしおです。小さい今だから見せてくれる色んな姿を写真に残すこともでき、親子共々いつもとは違う特別な時間にリフ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?