ハワイ
ハワイ観光
ショッピングやグルメも満足の海外の定番ビーチリゾート

ハワイで人気の観光・グルメスポットTOP45!旅行好きが行っている観光地ランキング

取材・写真・文:

2019年10月21日更新

5,692view

お気に入り

出典:tripnote.jp

ワイキキビーチやウルフギャング・ステーキハウスなどをはじめとするハワイの観光・グルメスポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に行っている人気の観光地・グルメスポットランキングをご紹介します!

この記事の目次表示

1位:ワイキキ・ビーチ

ハワイの代名詞!とも言える「ワイキキ・ビーチ(Waikiki Beach)」。その名前を聞くと、ホテルが立ち並んだひとつのビーチの呼称と思いがちですが、実はダイアモンドヘッドふもとのカイマナ・ビーチ(サン・スーシー・ビーチ)から、ママラ湾に面したフォート・デ ・ルッシー・ビーチ辺りまで、全長約3kmに渡って連なったいくつものビーチの総称なんです。

  • 出典:tripnote.jpカピオラニ・ビーチ
  • 出典:tripnote.jpカパフル・ピア(ピア左がクイーンズ ・サーフ・ ビーチ、 右がクヒオ・ビーチ)

それぞれのビーチは名称も細かく分かれ、波が高くマリンスポーツ向きだったり、防波堤に囲まれたファミリー向けだったり、それぞれ特徴があります。

ワイキキ・ビーチ
ホノルル / ビーチ
住所:2424 Kalakaua Avenue Honolulu HI 96815地図で見る

2位:アラモアナ センター

ハワイ最大のショッピングセンター。「アラモアナ・ショッピングセンター」という呼び名でも親しまれています。オープン・エアのショッピングセンターとしては世界最大級の規模を誇り、350以上のショップとレストランが軒を並べる巨大モールです。

ショッピングやダイニングを楽しむほかに、アラモアナセンターで忘れてはいけないのが、センターを象徴する色鮮やかな「鯉」。アラモアナセンターの鯉の年齢は2~30歳と言われており、すべての池の鯉を合わせると、42匹の鯉が元気に泳いでいます。毎日センター内以下の2箇所で餌やり体験(※先着順)も実施しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

  • 10:00:エヴァウィング、ディオール前(モールレベル2F)
  • 10:00 & 16:00:ダイヤモンドヘッドウィング、バリー前(モールレベル2F)
アラモアナ センター
ホノルル / ショッピングモール・デパート
住所:1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国地図で見る
Web:https://www.alamoanacenter.com/en.html

3位:ダイヤモンドヘッド

ハワイに来たら絶対に外せない絶景スポット!といえば、言わずと知れた「ダイヤモンドヘッド(Diamond Heads)」。標高232mの死火山となっており、絶景が眺められるトレイルコースが人気です。こちらのダイヤモンドヘッド・トレイルは、大人から子供までみんなが楽しめるトレイルとして大人気!日が昇ってくると混み合うため、朝早い時間帯に行くのがお勧めです。

  • 出典:tripnote.jpトレイル中は強い日射しに気をつけて
  • 出典:tripnote.jpダイヤモンドヘッド山頂

ワイキキから登山口までは、トロリーを利用してアクセスすることができます。山頂までの距離は片道約1km、所要時間はゆっくり歩いて45分ほど。またダイヤモンドヘッドの標高は約230m、登山口の標高が61mになるので、その差は約169mです。是非履きなれた靴と動きやすい格好で登って行きましょう。

  • 出典:tripnote.jp登頂した人だけが見られる絶景
  • 出典:tripnote.jpワイキキビーチを一望!
  • 出典:tripnote.jpワイキキの反対側に広がるクレーター

登山途中はもちろん、山頂からの景色は絶景です。特に頂上では、360度の絶景が目に飛び込んできます!休憩をとりながらゆっくり登っても往復2時間あれば足りますので、家族や友だちとの思い出作りにもおすすめです。

ダイヤモンドヘッド
ホノルル / 自然・景勝地
住所:ハワイ州 ホノルル ダイヤモンドヘッド地図で見る

4位:ロイヤル・ハワイアン・センター

カラカウア通りに面した、総敷地面積約28,000㎡を誇るワイキキ最大のショッピングモールです。リゾート感溢れるセンターはA館、B館、C館と3つにわかれており、人気ブランドが勢揃い!ショッピングだけでなくグルメスポットも充実し、人気のグルメ店が集まっています。気軽にサクッと食事を済ませられるフードコートも人気です。

またフラダンスやロミロミマッサージ、レイ作りのスクールなど、ハワイ文化を体験できるプログラムも用意されています。

ロイヤル・ハワイアン・センター
ホノルル / ショッピングモール・デパート
住所:2301 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815地図で見る
電話:808-922-2299
Web:https://jp.royalhawaiiancenter.com/

5位:カラカウア通り

ワイキキ随一のショッピングストリート。多くのホテルが面していることもあり、いつも大勢の観光客で賑わい活気にあふれています。高級ブランドからファストファッション、そしてレストランも多く立ち並び、イベントも多く開催されます。

カラカウア通り
ホノルル / 町・ストリート
住所:Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815地図で見る

6位:カメハメハ大王像(ホノルル)

ハワイを代表する人気記念撮影スポットのひとつ!ハワイを統一した初代カメハメハ大王の銅像で、イタリアで製造され1883年に除幕されました。毎年6月11日のカメハメハ・デー(大王の誕生日)には色鮮やかなレイが飾られ、より一層華やかになります。この時期に訪れる方はぜひ足を運びたいですね。

カメハメハ大王像(ホノルル)
ホノルル / その他スポット
住所:417 S King St, Honolulu, HI, United States地図で見る

7位:モアナルア ガーデン

  • 出典:tripnote.jp♪この木なんの木の「日立の木」

「この木なんの木、気になる木♪」という日立グループのCMで有名になった巨大な木。この木は、ワイキキから車で約30分のところにある「モアナルアガーデン」で見ることができます。正式名称は「モンキーポッド」といって、中南米を原産とする豆科の植物。モアナルア・ガーデン内には、この木がいくつも生えています。

日立の木を見るために、観光客が入れ代わり立ち代わり訪れますが、観光客は一番手前にある日立の木をバックに写真撮影をするだけで帰ってしまうことがほとんどなので、ゆっくりしたい場合には奥の方まで行くととても静かです。

  • 出典:tripnote.jp大きなモンキーポッドの木の下でピクニック。

高さ約25m、枝の広がり約40mとも言われる、大きなモンキーポッドの木の下で「貸切ピクニック」なんてとても贅沢な気分を味わうことも。場所によっては、木の下にベンチが設置されている場所もあります。大きな木の下は日陰になっているので、涼しくて気持ちよく、ビーチとはまた違った癒しの時間を過ごすことができますよ。

モアナルア ガーデン
ホノルル / 公園・動植物園
住所:2850 Moanalua Road-A Honolulu地図で見る
Web:http://www.moanaluagardens.com/

8位:ハナウマ湾/ハナウマ湾展望台

オアフ島南東にある自然保護区「ハナウマ湾」。シュノーケリングなどで人気のビーチです。また、ビーチの背後にそびえる丘からはハナウマ湾が一望でき、絶景スポットとしても人気があります。

  • 出典:tripnote.jpシュノーケルで人気のハナウマ湾を臨む
  • 出典:tripnote.jp元旦でも人がまばらな穴場のサンライズスポット!!

海に突き出た岩山は「ココヘッド」と呼ばれ、頂上まで舗装された道があります。急な上り坂を上ること20分ほど、頂上付近ではハナウマ湾を眼下に水平線からサンライズを見ることができます。

  • 出典:tripnote.jpハナウマ湾自然保護区で戯れる野性の鶏

ワイキキからハナウマ湾に行くには、クヒオ通りから22番のバス「The BeachBus-Hanauma Bay-Sea Life Park」に乗りましょう。ハナウマ湾までの所要時間はおよそ30分から40分程度。人気路線なので混雑することが多いです。また、ハナウマ湾の駐車場も大概混雑しますので、時間に余裕を持って足を運ぶことをおすすめします。

ハナウマ湾/ハナウマ湾展望台
ホノルル / 自然・景勝地 / 展望・景観
住所:100 Hanauma Bay Dr.地図で見る
電話:808-396-4229
Web:https://www.honolulu.gov/cms-dpr-menu/site-dpr-sit...

9位:ウルフギャング・ステーキハウス

本格ステーキ店「ウルフギャング・ステーキハウス(Wolfgang's Steak House)」では、28日間かけて熟成させたお肉を使った極上のステーキが味わえます。「こんなステーキ食べたことない!」と多くの方が言うほど、肉本来の旨み、甘みがぎゅっと詰まったステーキです。ちなみにランチやハッピーアワーの時間をねらえば、ディナーよりもカジュアルでリーズナブルにお食事できます。

ウルフギャング・ステーキハウス
ホノルル / 洋食・西洋料理
住所:Royal Hawaiian Center 3rd Level #301, 2301 Kalakua Avenue, Honolulu, HI 96815地図で見る
電話:808-922-3600
Web:http://wolfgangssteakhouse.net/waikiki/

10位:ザ・チーズケーキファクトリー

アメリカで人気のレストラン「ザ・チーズケーキファクトリー」のハワイ唯一の店舗で、ロイアルハワイアンセンター内にあります。目玉のチーズケーキは常時35種類以上あり、季節限定メニューも。

また店名にチーズケーキと入っていますが、チーズケーキだけでなくお食事メニューも充実。ステーキやパスタ、ハンバーガー、ロコモコ、サラダなど、ボリューミーなハワイ料理が揃っており、ランチの利用もおすすめです。

ザ・チーズケーキファクトリー
ホノルル / 洋食・西洋料理 / スイーツ
住所:Royal Hawaiian Shopping Center 2301 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815地図で見る
電話:808-924-5001
Web:http://www.thecheesecakefactory.com/

11位:デューク・カハナモク像

1890年にオアフ島で生まれたデューク・カハナモクは、サーフィンの父として伝説的存在の人物。オリンピック水泳競技でも3大会で3つの金と2つの銀メダルを獲得しました。引退後はサーフィンの発展に尽力し、ハリウッド映画にも出演。彼の功績を讃え、生誕100年となる1990年に建てられたのが、クヒオ・ビーチ前の「デューク・カハナモク像」です。サーフボードを背にした銅像は、記念写真撮影スポットとして人気となっています。

またワイキキトロリーの停留所名にもなっており、ハイアットリージェンシーやワイキキリゾートホテル、シェラトンプリンセスカイウラニへ宿泊の方はこちらの停留所が便利です。

デューク・カハナモク像
ホノルル / その他スポット
住所:Kalakaua ave, Near kuhio beach Honolulu, HI 96815地図で見る

12位:タンタラスの丘

ハワイ随一の夜景スポットとして知られる「タンタラスの丘」。治安が少し心配な場所であるため、ツアーで訪れるのがおすすめです。金曜日であればヒルトンの花火鑑賞がついたツアーも用意されています。ダイアモンドヘッドやワイキキ、ダウンタウンなどホノルルを一望する夜景を楽しむことができます。

  • 出典:tripnote.jp日本を思わせるような竹林
  • 出典:tripnote.jpダイヤモンドヘッドと海を臨む

一方、トレイルコースが多くあるため昼間はハイカーで賑わっています。初級者向けから上級者向けまでさまざまなコースがあり、コースが合流することもあるのでオリジナルでコースをカスタマイズするのも良いですね。

タンタラスの丘
ホノルル / 展望・景観
住所:Round Top Dr, Honolulu, HI 96813地図で見る
電話:808-587-0300
Web:http://liveinhawaiinow.com/tantalus-lookout-puu-ua...

13位:アラモアナ ビーチパーク

アラモアナビーチパークがあるのは、2位にランクインした「アラモアナ センター」の目の前。休日ともなるとハワイのロコ達もたくさん訪れる人気のビーチパークです。公衆トイレや更衣室、屋外シャワーが無料で利用でき、またテニスコートやビーチバレー用のコート、遊歩道、フィッシング可能な池、ピクニックエリアなどが揃い、海水浴をしない人でも楽しめます。

  • マジックアイランドから望む景色
  • アラモアナビーチ

パークには人工島であるマジックアイランドのビーチと、アラモアナビーチのふたつのビーチがあります。マジックアイランドはなんといっても、ダイアモンドヘッドとワイキキのホテル街を見渡す景色が魅力!そしてダウンタウン方面に位置するアラモアナビーチは、ボディーボードや人気のパドルボードなどアクティブに楽しみたい人におすすめです。

アラモアナ ビーチパーク
ホノルル / ビーチ
住所:Ala Moana Beach Park, Honolulu, Hawaii 96814地図で見る

14位:ラニカイビーチ

どこまでも続くエメラルドグリーンの海と白い砂浜が美しい「ラニカイビーチ(Lanikai Beach)」は、オアフ島でも外せない人気のSNS映えスポット。双子島としても知られるラニカイ・ビーチのアイコン「モクルア(Mokuluas)」を背景に、青い空と海、そして白い砂浜のコントラストが映える写真が撮れます。

ハワイ語で天国を意味する「ラニ」と海の「カイ」の名がつけられたビーチは、その名の通り、天国のような美しさ。ブルーのグラデーションが鮮やかな海水と、サラサラで真っ白な砂浜が広がるこちらのビーチは、1996年に全米No.1ビーチにも認定されています。

ラニカイビーチは、波打ち際をまっすぐ南に歩いて行くと砂浜がどんどん狭くなります。ですがその分人も少なくなり、ビーチを独り占めしたような写真も撮れますよ!

ラニカイビーチ
オアフ島 / ビーチ
住所:Mokulua Dr, Kailua, HI 96734地図で見る

15位:エッグスンシングス(サラトガ店)

  • 出典:tripnote.jp右からパンケーキ(US$12.75/約1,370円)、アサイーボウル(US$7.45/約800円)、エッグベネディクト(US$13.45/約1,440円)

ハワイの朝食といえば、やっぱり大定番のエッグスンシングスは外せません!本店サラトガ店は、原宿にあるようなおしゃれなテラス席はなく、なんとも歴史を感じるこぢんまりとした可愛らしい外観です。席に誘導してもらうまで少し待ち時間が発生します。手元のブザーが震えたら中に入れるので、それまで隣のおみやげ屋さんで待つのも良いですよ。

エッグスンシングスで食べたいのは、やっぱりパンケーキ。特製のココナッツシロップやグアバシロップをたっぷりかけて、召し上がれ!そのほかアサイーボウルやエッグベネディクトなども朝食におすすめです。

エッグスンシングス(サラトガ店)
ホノルル / カフェ・喫茶店
住所:343 Saratoga Road Honolulu, Hawaii 96815地図で見る
電話:808-923-3447
Web:https://www.eggsnthings.com/

16位:ドール・プランテーション

世界有数の食品会社ドールが経営する施設。広大なプランテーション内では、チンチン電車が約3.2kmの距離を20分間隔で走っています。車内ではハワイのパイナップルの歴史、種類や育て方の説明を聞きながら、広大なパイナップル畑や様々なフルーツの木、そして美しいワイアナエ山脈を見る事ができます。

目玉のひとつが、ギネス世界最大迷路に認定された巨大迷路。約2エーカーの広さがあり、14,000本の植物からできています。ゴールまでに約45分かかるので、飲み物を持って入った方が良いでしょう。

そのほか植物園、土産物店や飲食店があります。土産物店ではTシャツ、パイナップルのキャンディー、ドレッシングやジャムなどが購入でき、飲食店ではハンバーガーやホットドッグがいただけます。

やっぱり食べておきたいのは、パイナップルをふんだんに使ったソフトクリームやスムージーですね。

ドール・プランテーション
オアフ島 / テーマパーク・レジャー
住所:64-1550 Kamehameha Hwy, Wahiawa, HI 96786地図で見る
電話:+1 808-621-8408
Web:https://www.doleplantation.com/

17位:KCCファーマーズマーケット

ダイアモンドヘッド入り口で毎週土曜日と火曜日に開催されている「KCCファーマーズ・マーケット」。オアフ島の美味しいが詰まっている、ハワイ最大規模の朝市です。スーパーやショッピングモールでは出会えないローカルな食材に出会えることから、観光客にも大人気!

場所はダイヤモンドヘッド近くの大学KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)の駐車場。土曜の朝市と火曜の夜市の週2回開催されています。

  • 土曜:7時30分〜11時(サタデー・ファーマーズ・マーケットKCC)
  • 火曜:16時〜19時(チューズデー・ナイト・ファーマーズ・マーケットKCC)

土曜の朝市は出店数が約60店舗の大規模なものに対し、火曜の夜市はローカル店舗の小規模な市場になります。観光やお土産調達が目当ててであれば、土曜の朝市がオススメです!

市場内に入ると、あらゆる所から「食べてみて!」と声をかけられます。食べたら買わないといけないかな?という心配は不要。まずは、試食をしてみましょう。日本語で説明をしてくれる店舗も沢山あるので、活気溢れる市場の雰囲気を存分に楽しみましょう!またお土産の購入も検討している場合は、持ち帰り用としてエコバックを持って行くこともおすすめします。

KCCファーマーズマーケット
ホノルル / 市場・朝市
住所:4303 Diamond Head Rd, Honolulu, HI 96816 アメリカ合衆国地図で見る

18位:ワイケレ・プレミアム・アウトレット

オアフ島のアウトレットといえば「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」。アウラニから車で約20分、ワイキキからは車で30分程の距離にあります。

規模はそんなに大きくないですが、ここの魅力はとにかく安いこと!広くないのでそんなに時間かからないかな?と思うかもしれませんが、あまりの安さに気がつけば長居をしてしまうかもしれません。なので、1日のスケジュールの最後に組み込むことをオススメします!

ワイケレ・プレミアム・アウトレット
オアフ島 / ショッピングモール・デパート
住所:94-790 Lumiaina St, Waipahu, HI 96797地図で見る
電話:+1 808-676-5656
Web:http://www.premiumoutlets.com/outlet/waikele

次のページを読む

ハワイの旅行予約はこちら


ハワイのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

ハワイのホテルを探す

ハワイの航空券を探す

ハワイの現地アクティビティを探す

ハワイのWi-Fiレンタルを探す

ハワイのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ハワイのチーズケーキファクトリーはランチ推奨!お勧めメニューも紹介!

ハワイ(オアフ島)のワイキキにある「チーズケーキファクトリー」は、ガイドブックに必ずと言っていいほど掲載されている、超王道の人気店!予約不可の店として知られてい...


ハワイのインスタ映え「スタバ」3選!ミント色のスタバやリザーブを紹介!

世界中で愛されているスターバックスコーヒーですが、ハワイにもオシャレなスタバがたくさんあります!その中でも、ミントグリーンのスタバは一生に一度は行っておきたいほ...

焼き加減が絶妙!アメリカの老舗【ルースクリス・ステーキハウス ワイキキ店】

【Ruth's Chris Steak House ルースクリス・ステーキハウス 】は、アメリカを代表する老舗の高級ステーキハウス。日本にはまだ東京は霞が関の1...

ハワイで必ず食べたい!名物ローカルグルメ5選

オーシャンビューでフォトジェニックなレストランも良いですが、ハワイにはローカル達に人気のカジュアルなレストランもたくさんあります。ローカルも足しげく通う絶品のハ...

ハワイに訪れたら絶対食べたい!アサイーボウル5選

一年を通して暖かい気候のハワイで、ホッと一息つきたいときに食べたいものと言えばシェイブアイスなどの冷たいスイーツ。中でもヘルシーで罪悪感ないデザートとしても人気...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

【2024】京都でしか買えないお土産人気ランキングTOP33!

お団子を瓶に詰めた「果朋だんご」や、マスカルポーネチーズを挟んだもなか「あんぽーね」などの京都でしか買えないお土産を、トリップノートでのアクセス数を元に人気ラン...


東京女子旅のおすすめ観光スポット22選!最新の話題スポットやおしゃれスポットまとめ

東京へ女子旅するなら、東京らしいおしゃれなスポットや話題のスポットに行きたい!そんな東京女子旅にぴったりの観光スポットや、最新の人気エリア・ショップをご紹介しま...


仙台で買うべきお土産22選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

牛タン、笹かまなど定番のご当地グルメから大人気のスイーツまで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ仙台の厳選のお土産をご紹介します。仙台のお土...

北海道で買うべきお土産54選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

大人気スイーツから海鮮、チーズやヨーグルトといった北海道らしいグルメに、旅の記念になる雑貨まで、旅行ツウのトラベルライターが選んだ、北海道でしか買えないおすすめ...

【東京】カップル旅行で行きたいおすすめデートスポット45選!

おしゃれな街・清澄白河や蔵前、渋谷スカイなどの注目スポットから、旧古河庭園にサントリー武蔵野ブルワリーなどの穴場スポットまで、カップル旅行で行きたい東京のおすす...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります