ホノルル
ホノルル観光
ビーチもショッピングも大満足のオアフ島の中心

【ハワイ・オアフ島】ALL10ドル以下!ハワイのプチプラお土産大集合!

取材・写真・文:

北海道在住
訪問エリア:23ヶ国

2018年4月23日更新

45,442view

お気に入り

アロハ〜!ハワイでの楽しみの1つと言えば、免税店やセレクトショップでのショッピング!日本未上陸のコスメやMADE IN HAWAIIのハワイアンジュエリーなどに心惹かれる女性は多いのではないでしょうか。ですが、ハワイは物価が高いのもまた事実。そこで、心置きなくハワイアンショッピングが楽しめるよう地元のスーパーマーケットやABCストアなどを回り発掘してきた10ドル以下で購入できる「安くてかわいい」または「安くて美味しい」ハワイアンなプチプラお土産をご紹介します!!

この記事の目次表示

ホノルルのおすすめツアー
オシャレな大人の隠れ家リゾートスタイリッシュな客室と幻想的なプールで過ごす『ザモダンホノルル』5日間(燃油込)
105,800円~183,800円
【100名様限定】■期間限定!旅工房特別価格♪■オンザビーチの人気ホテル!『シェラトンワイキキ』(ラナイなし)5日間(燃油込)
108,800円~237,800円
ハワイアン調の家具が心地よい!ラグジュアリーなビーチフロントホテル『アウトリガーリーフ』5日間(燃油込)
112,800円~243,800円

はじめに

誰もが惹かれるハワイでのショッピング!買い物三昧といきたいところですが、ハワイは自ずと知れた島であるため、輸送費がかさみ物価はかなり割高です。円安の影響も手伝って、なかなか財布の紐もゆるみません。わかりやすい例を出すと、日本でおなじみの「お〜いお茶2ℓ」は8.79ドル(約1,000円)で販売されています。

ハイブランド品やセレクトショップでのお買い物は、日本にいる時から購入するものやお店を決めている方がほとんどだと思いますので、ここでは自分や家族、友人など親しい人へのプチプラお土産を紹介したいと思います。これなら爆買いも夢ではありません!

レートは、筆者が訪れた2017年5月と2017年11月の平均、さらには日本の銀行でマネーチェンジした際の手数料込み金額とクレジットカード利用時の手数料なし金額の平均値を計算すると1ドル=114.666円となりましたので、1ドル=114円換算とさせていただきました。

またハワイではプライス表記に州税が4.712%かかります。外税なので、ここでの10ドル以下という定義も税前価格でチョイスしてあります。ご参考までに。

プチプラお土産をGETする方法

地元のスーパーマーケットを利用してみよう!

オアフ島には大きなスーパーマーケットが13軒あります。ローカル向けのものばかりではなく、最近では観光地としての「スーパーマーケット」そのものに注目が集まるようになり、旅行者に嬉しい商品を揃えているお店が増えてきています。

現地の人に混じって、現地のルール・現地の言語でショッピングをすれば旅行気分も盛り上がるというもの!どんどん利用してみましょう。ただし生鮮食品などお土産に適さないものもあるので、そういったものは滞在中に消費してください。

おすすめ①フード・パントリー(FOOD PANTRY)

ワイキキ・クヒオ通りという好立地で、旅行者向けのお土産も豊富に揃っているマーケット。ビーチにも近いので、マリン用品も調達できます。朝6時から深夜1時まで営業しているので何かと頼りになるお店です。

フード・パントリー ワイキキ・クヒオ通り店
ホノルル / スーパー・コンビニ
住所:2370 Kuhio Ave.,Honolulu地図で見る
電話:808-923-9831
Web:http://www.shopsofhawaii.com/stores/food-pantry-wa...

おすすめ②ドン・キホーテ カヘカ店(DonQuijote Kaheka)

ダントツの安さを誇るドン・キホーテ。日本でもおなじみのお店ですが、陳列や品揃えにはアメリカらしさも感じます。日用品から生鮮食品、マリン用品にハワイアン雑貨と取り扱い品目も豊富です。

あまりの安さにローカルも通うほど!24時間営業ですが、トロリーバスは22:25発が最終です(lealeaトロリー2017年11/30現在)。

日本での「激安の殿堂」というふれこみどおり、安さについての説明は不要かと思いますが、筆者が特に気に入ったのは他店では数個パックでしか販売していないようなものをバラで買えたことです。好きな味だけ、必要な個数だけ、バラ売りで買えるのが魅力的です。

ドン・キホーテ カヘカ店
ホノルル / スーパー・コンビニ
住所:801 Kaheka St.,Honolulu地図で見る
電話:808-973-4800
Web:http://www.donki.com/store/shop_list.php?pref=49

おすすめ③ロス・ドレス・フォー・レス ワイキキ店(ROSS DRESS FOR LESS Waikiki)

ワイキキの中心部にあるので歩いて行くことができます。食品は販売していないのでスーパーというよりはデパートのカテゴリーなのかもしれませんが、プライスはかなりお得!ハワイテイストのインテリア用品やファッションなどが揃っています。筆者も現地で使用するバッグやハーフパンツなどのビーチ用品をこちらで購入しました。

ロス・ドレス・フォー・レス ワイキキ店
ホノルル / ショッピングモール・デパート
住所:333 Seaside Ave., Honolulu地図で見る
電話:808-922-2984
Web:http://www.rossstores.com

おすすめ④ABCストア#39号店(ABCstores Hyatt Regency Diamond Head Tower)

ワイキキでは1ブロックに1つはあると言われているABCストア。小さなスーパーマーケットと言うべきか大きなコンビニと言うべきか迷いますが、最も利便性の高いお店と言えるでしょう。

店舗により品揃えは多少異なりますが、ロイヤルハワイアンセンターの1Fにある店舗は品揃えも多く、各種トロリーの始発でもあるのでぜひ覗いてみてください。

ABCストアには嬉しい特典も。滞在中に購入したすべてのレシートを合算して100ドル(約11,400円)、300ドル(約34,200円)、500ドル(約57,000円)、700ドル(約79,800円)で金額に応じた特典と交換することができます。

  • レシート100ドル分で交換できるカレンダー、マグカップ(1個)
  • レシート300ドル分で交換できるキャリーバッグ、大判バスタオル

レシートは14日以内の購入分を合算することが可能。夜食や朝のフルーツ、飲み物にビーチ用品なども買い揃えていたら100ドルは簡単に超えますので、忘れずに交換しに行きましょう。複数の店舗を合算してもOK!金額以上のレシートを持ってレジで声をかけるだけでもらえます。

ABCストア#39号店
ホノルル / スーパー・コンビニ
住所:2424 Kalakaua Ave, Space 121, Honolulu地図で見る
電話:808-926-5241
Web:https://www.abcstores.com/

そのほか、圧倒的な品揃えと高品質・低価格な上、ハイセンスなデザインがアメリカ本土で絶大な支持を集めている「ターゲット(TARGET)」もおすすめですが、いずれの店舗もワイキキから離れた郊外型であるため、カイルア方面に寄るオプショナルツアーなどに参加している方は、時間があればぜひ立ち寄ってみてください。

MADE IN HAWAIIを選ぼう!

冒頭で「お〜いお茶」の値段を記載しましたが、プチプラお土産をGETするには、やはり産地にはこだわりたいところ。MADE IN HAWAII あるいは MAUI 産のものはかなり安いです。MADE IN USA もよく見かけますが、ハワイ産のものよりはやや割高になります。

ここで気をつけたいのが、パッケージにパイナップルやハイビスカスのイラストが描かれているからといってハワイ産とは限らないということ。

ハワイでよく見かけるデザインだったのであまり確認せずに購入したところ、韓国産だったということがありました。韓国産が悪いわけではありませんが、せっかくならハワイでしか手に入らないものを選んだ方がもらう側にも喜ばれるのではないでしょうか。

次のページを読む

ホノルルの旅行予約はこちら

ホノルルのパッケージツアーを探す

ホノルルのホテルを探す

ホノルルの航空券を探す

ホノルルの現地アクティビティを探す

ホノルルのWi-Fiレンタルを探す

ホノルルのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


日本未発売!ハワイ州限定の【日焼けドラえもん】グッズが可愛すぎ♡

ハワイでは、これまでに「日焼けスヌーピー」や「日焼けキティちゃん」など、日焼けしたキャラクターシリーズが注目を浴びてきましたが、2018年についに「日焼けドラえ...

【ハワイ】マストバイ!大人気ボトルブランド、ハイドロフラスクをご紹介

アメリカ、オレゴン州生まれのステンレスボトルブランド「Hydro Flask(ハイドロフラスク)」をご存知でしょうか。スタイリッシュで保温性に優れたボトルは、ド...

【ハワイ】マストバイ! お土産の新定番アイテムご紹介!

日本人観光客も多く、魅力的なお土産が多数あるハワイ。トロピカルで南国感溢れるグッズは、かわいいファッションアイテムとしても活躍しそうです。そこで今回は、キュート...

【オアフ島】1番人気!!KCCファーマーズ・マーケット行き方・周り方完全攻略!!

ハワイと言えば一番有名なオアフ島!そんなオアフ島の美味しいが詰まっている、ファーマーズ・マーケットをご存知ですか?地域の農家から直送されたフレッシュな果実を使っ...

この記事を書いたトラベルライター

毎日が旅の途中。写真と言葉とデザインと。
旅行情報誌の編集者(エディター)を皮切りに、コピーライター、ディレクター、デザイナーなどのカタカナ職種を歴任。旅行や観光とは切っても切れない関係で、カメラマンの夫とともに年間100泊近い出張&プライベート旅行をしながら、旅するように暮らしています。

撮影のための年間総走行距離は7〜10万km。年間総撮影枚数もおそらくそれくらい。SAFARI Graphicsの屋号でふたりで活動しております。SAFARIのクレジットが入っている写真はおもに主人が撮影したものですが、月夜野が撮影したものやディレクションのみ月夜野というものもあります。

取材やロケも含め、実体験に基づいた旅レポをどんどんお伝えしていきたいと思います。
撮影・旅レポ・食レポ・泊レポなどお仕事のご依頼もお待ちしています!
https://www.youtube.com/channel/UCqVpkCVUMwSNW2XQZbSrAhQ?view_as=subscriber

青い池と一緒に回りたい♡美瑛周辺の寄り道スポット16選!

今や世界中から観光客が訪れるようになった北海道美瑛町の青い池。せっかく美瑛まで足を運ぶのなら、ゆっくりと周辺を散策してみませんか?ラベンダーの時期に関係なく青い...


【札幌すすきの】芸能人も通うこだわりジンギスカン7選!

北海道は美味しいもの、食べたいものがいっぱいあって困っちゃう、なかでもジンギスカンは絶対食べたいんだけどどこがオススメですか?道外の方からそんなふうに聞かれるこ...

札幌から2時間以内!一度は行きたいおしゃれな絶景カフェ8選

絶景の宝庫である北海道。ゆっくりとスイーツやティータイムを味わいながら絶景も眺められたら最高ですよね!この記事では札幌から車で片道2時間以内、わざわざ行く価値の...

【札幌】絶対オススメ!日本屈指の夜景が見えるご褒美レストラン3選!

札幌市は「日本新三大夜景」に選ばれるなど、夜景がとても美しい街です。ここでは、そんな日本屈指の夜景を見ながら食事ができるオススメのレストランを3軒ご紹介。窓から...

【徳島県・鳴門】いつ見る?どこで見る?いつかは見たい世界三大潮流、渦潮!

誰もが一度は聞いたことがある「鳴門の渦潮」。筆者は子供の頃、教科書で初めてその存在を知ったと記憶しています。写真や文章から想像はしていましたが、実際に見た渦潮は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?