オアフ島
オアフ島観光
日本人に大人気!ハワイ観光でメインとなる島

【オアフ島】野生のイルカと一緒に泳ごう!@ 私立イルカ中学

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2019年3月22日更新

173view

お気に入り

出典:www.iruka.com

オアフ島の西海岸には、ワイキキなどの都会には見られない、とても素晴らしい自然が広がっています。そんな大自然の中で、野生のイルカやカメと一緒に泳いでみませんか?冬〜春であればクジラに出会えることも!シュノーケルなので小さなお子様連れのファミリーでも大丈夫です♪

この記事の目次表示

オアフ島で野生のイルカに出会う!【私立イルカ中学】

ハワイのオアフ島は小さい島…とは言っても東・西・南・北で気候も自然もガラっと変わります。そんなオアフ島の中でも、海がとても澄んでキレイで、大自然も人の手付かずのままの「西海岸」では、野生のイルカに出会えるんです!

最近では、「野生のイルカを見よう」というツアーはたくさんありますが、今回ご紹介するのは日本人が経営している【私立イルカ中学】。(ホームページはこちら

一緒に乗船するクルーは現地の方ばかりで英語を話しますが、日本人インストラクターが引率してくれるので、英語が喋られなくても安心です♪

ネーミングのコンセプトについては、この後ご紹介しますね。他にも【名門イルカ大学】や【ワイキキ名門カメ大学】、ハワイ島では【イルカ高等学校】や【マンタ大学】というツアーも行っています。

オアフ島の「西海岸」へ行ける!

【私立イルカ中学】に “入学” して「よかった!」と思えるのは、野生の海の生物に出会えるだけではありません。めったに行く機会のない「オアフ島の西」に行けることも良い経験!

冒頭でもご紹介しましたが、小さなオアフ島でも、東西南北で情景はかなり異なります。「南」はワイキキがメイン、ホテルが立ち並んでいる都会ですね。「東」は雨量が多いので緑が豊富、ジュラシックパークもオアフ島の東で撮影したそうです。「北」は偏西風が強く吹き付けるので波が高い!「ノース・ショアNorth Shore」というサーフィンのメッカとして有名です。

そして、【私立イルカ中学】が連れて行ってくれる「西」はというと…ナーンにも無い田舎です(笑)。と書くとひんしゅくを買うかもしれませんが、何も無いから良いんです!オアフ島ならではの大自然がそのまま残っているんです!

また、ライフラインもワイキキのように整ってはいません。「オアフ島を車で一周しよう!」と思う方もいるかもしれませんが、西と北は、実は繋がっている道路がありません。そして、そんな「西」のエリアに、ハワイの原住民の血を引く方々が多く住んでいるんだそう。


“イルカ先生” こと「ハシナガイルカ」について

【私立イルカ中学】では、先生が「イルカ」です。私たちは「生徒」、インストラクターは「学級委員長」。なぜイルカが先生なのか?ということは、あえて書かなくてもピンと来ますよね。

飼いならされたイルカではなく、野生のイルカに出会うことで、大自然に生きる生物のたくましさ、自然を大切にすること、人として忘れかけている“何か”を見つけよう、という「学び」が目的なのですね。

「イルカ」と一言でいっても、種類はいくつかありますが、【私立イルカ中学】が連れていってくれるオアフ島西海岸で遭遇できるのは【ハシナガイルカ】。口先が長いので、このような名前がついたそうです。

その長い口先を軸にして、よくスピンジャンプもするそう!でも、このジャンプの理由などは解明されていないんだとか。

では、なぜ【私立イルカ中学】【ハシナガイルカ】をメインとしたツアーを行っているのかというと、朝〜昼なら遭遇する確率が高い からです。

というのも、【ハシナガイルカ】は夜行性だから。夜になると沖に出てご飯を食べに行きますが、朝になると安全な浅瀬に戻り、お眠モード。

だからシュノーケルでもイルカを見ることができるのですね♪

ちなみに、お眠モードといっても、人間のように爆睡しているわけではありません。私たちと同じ哺乳類ですが、イルカは右脳と左脳と別々に眠ることができるので、片方の脳を眠らせながら、もう片方の脳で泳ぎ続けています。寝ている脳の方は目を瞑っているというから、面白いですネ!

ちなみに、よく水族館のショーなどでみられるのは【バンドウイルカ】。「私立イルカ中学」では「番長!」と呼んでいます。【ハシナガイルカ】は「イルカ先生」。ウミガメは「カメ教授」、クジラは「大先生」、こんなノリです(笑)。

いざツアー参加!【準備編】

上記で「イルカ先生は夜行性」ということをご紹介しました。なので、イルカ先生が寝る時間=浅瀬に来る時間を目指して、我々は出発します。すなわち、朝が早い!

まだ外が真っ暗な朝6時前に、ワイキキのホテルに集合し、西海岸の「Waianae ワイアナエ港」までバスで向かいます。スムーズに行けば、1時間くらいで到着します。

その間、学級委員長(インストラクター)は、いろんな話を聞かせてくれます。全てが、ためになる話で、特に、海の中ではどのようにすれば良いのかという話は、自分の命を守るためにも大事!救命胴衣の付け方、シュノーケルの付け方、フィンの動かし方などは、しっかり聞いておいてくださいね。

そして、生徒として参加する私たちは、もし少しでもわからないことがあったら、ちゃんと学級委員長に聞くことも大事!

筆者は5歳の息子を連れての参加で不安もいっぱいありました。スイミング教室には通っているものの、シュノーケルは初めて。それを告げると、ちゃんと「こうしましょう」と提案してくれます。

「Waianae ワイアナエ港」に到着!

真っ暗だった外が明るんでくる頃に、バスは出港する「Waianae ワイアナエ港」に到着します。

改めて外の景色を見ると、山々の風景が、ワイキキとは全然違うと感じるはず!なんというんでしょうか…とても神秘的な雰囲気です。

ワイアナエ港
オアフ島 / その他スポット
住所:Waianae地図で見る

カタマラン船でGO!

「私立イルカ中学」の生徒たち、筆者が参加した時は総勢34名。みんなで乗り込むのは【Catamaran カタマラン船】。日本語では「双胴船」と言います。2つの船体(ハル Hull)を甲板で平行に繋いだ船で、他の船と比べると、船揺れが少ないんだそう。

とは言っても、船酔いを心配する方はいますよね。でも学級委員長曰く「楽しければ酔いませんから!わたし、こう見えても乗り物は弱いの!でも楽しい時は酔いませーん。もし気持ち悪くなったら、バケツもあるから言ってね〜!あとでお魚のエサにしますから〜♪」と、とにかく明るい(笑)!

校歌斉唱「E ho mai エー・ホーマイ」

船に乗ったら、学級委員長は「まずは校歌斉唱します!」と、歌詞カードとお花を配ってくれます。

私立イルカ中学では「校歌」と表現していますが、この「E ho mai エー・ホー・マイ」という歌は、ハワイにおいては、どこか神聖な場所に行く時に歌うチャント(祈り)、何かを始めるときに歌うチャントとして、神聖な歌とされているとても有名な歌です。

私立イルカ中学でも、出航したらまずは「無事に船旅が終われますように」と祈りを込めて、海に向かって、みんなで歌います。

そして、歌い終わった最後には、花を海へ捧げます。「どうか、イルカ先生に出会えますように…」そんな祈りを込めても良いと思います。

有料ですがウェットスーツのレンタルは必須!

常夏のハワイ、どこに行っても暑いんでしょ!と、筆者も最初は、持参したラッシュガードで十分、と思っていたのですが、そんな甘くありませんでした…いくら常夏とはいっても、海に向かうのは早朝。海風は思った以上に寒いです!

バスの中で、ウェットスーツのレンタル有無を聞いてくれるので、持っていない方は着た方が良いです!ラッシュガードだけでは寒さが辛くて、楽しむ余裕がないかもしれません。。大人は$10(約1,300円)、お子様なら$5(約650円)です。

ウェットスーツに着替えたら、全員、救命胴衣をつけます。真っピンクで、これなら目立って良いですね♪ 小さいサイズもあるので、お子様連れのファミリーもご安心ください。

シュノーケルのつけ方はしっかり予習しておきましょう!

フィン、シュノーケルのレンタルはツアー代金に含まれています。ただ、フィンは21cmからしかありません。5〜6歳のお子様は足のサイズが合わないと思いますので、その際はフィン無しで泳ぐことになります。ママ、パパがサポートして一緒に泳いであげてくださいね。

そして、シュノーケルのつけ方もしっかりレクチャーしてもらいましょう!口にくわえる際は「あー(まず口の中に入れる)、いー(マウスピースを噛む)、うー(しっかり唇でシュノーケルを咥え込む)」あー、いー、うー、です。

次のページを読む

オアフ島の旅行予約はこちら

オアフ島のパッケージツアーを探す

オアフ島のホテルを探す

オアフ島の航空券を探す

オアフ島の現地アクティビティを探す

オアフ島のWi-Fiレンタルを探す

オアフ島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ハワイ・オアフ島】滞在時間を徹底的に充実させるための知っ得情報5選!

ダイヤモンド社の『地球の歩き方』調べによると、「今行きたい海外旅行先ランキング」や「行ってよかった海外旅行先ランキング」などで、毎年ぶっちぎりの1位を独走してい...

【ホノルル】メネフネマックでマカダミアナッツチョコレート作り体験!!

ホノルルにあるマカダミアナッツチョコレート工場のメネフネマックは、工場見学とハワイ土産定番のマカダミアナッツチョコレート作り体験ができます。自分で作ったマカダミ...


ハワイ・ ノースショアで食べて見て遊んで楽しめること5選

ハワイ・ オアフ島の北側、カエナ岬からカフク岬までの海岸地域をノースショアと呼んでいます。今も古き良きハワイの面影を残すオールドタウン。夏場はシュノーケリングや...

ハワイ公営 TheBusで行く ワイキキ周辺のおすすめスポット

TheBus(ザ・バス)は、オアフ島内を100以上の路線でつなぐハワイ州ホノルル市営のバスです。鉄道がないオアフ島にあって、きめの細かい路線網を持つTheBus...


【ワイキキ】ゴールはヒルトンの花火!ピンクライントロリーで金曜無料イベント巡り★

ハワイ・ワイキキ周辺では、観光客向けの無料イベントが各所で開催されてます。まず訪れたいのが「ハイアット・リージェンシー」で行われる、無料のレイ作りやフラダンスシ...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

ワシントンDCは政治の街だけじゃない!【ナショナルモール】の魅力

ワシントンDCの街の光景は、日本でもニュースや映画などでよく目にするので、馴染みがあるかもしれません。しかし、1つ1つ実際に見ると、その威厳ある佇まいや規模の大...


【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?