ロシア
ロシア観光
世界一大きな国は日本から一番近いヨーロッパ

【ロシア】最も美しい街、サンクトペテルブルクの必見スポット5選

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年11月1日更新

4,575view

お気に入り

この記事の目次表示

4. エルミタージュ美術館

  • 出典:www.flickr.comphoto: Russia_2761 - Monument and Hermitage, by Dennis Jarvis

所蔵品数は310万点を超えるエルミタージュ美術館は、世界四大美術館の1つ。とにかく広いので、効率よく回りたいところ。ざっくり分けると、1階はエジプト、2階は13~15世紀西欧、3階には東洋文化という配置になっています。

  • 写真:トラベルライター展示品の一部
  • 写真:トラベルライター展示品の一部

展示品はもちろん、館内の装飾を見ているだけで、ロシアらしさを感じられる場所でもあります。

  • 写真:トラベルライターエルミタージュ美術館・大階段
  • 写真:トラベルライターエルミタージュ美術館・回廊

筆者がぜひ見てもらいたいと思ったのは、大きなマラカイト石でできた調度品たち。なんとも言えない美しいグリーンで、うっとりしてしまいます。

  • 写真:トラベルライターマラカイト石の置物

なお、コートを含め荷物はクロークへ預ける必要があります。クロークは、特にお昼頃から大混雑するので、午前中早めに行って、ささっと周ってしまうのがオススメです。また、写真や動画撮影は別料金(カメラに貼る許可証のシール代が必要)ですので、チケットと一緒に購入しましょう。

  • 写真:トラベルライターエルミタージュ美術館・館内展示の様子
営業時間:火・木・土・日は10:30-18:00、水・金は10:30-21:00 ※月曜日と1/1及び5/9は休館
料金:700ルーブル
エルミタージュ美術館
ロシア / 博物館・美術館 / 観光名所 / 美術館
住所:2, Palace Square, St Petersburg, Russia地図で見る
Web:https://www.hermitagemuseum.org/wps/portal/hermita...

5. 聖イサーク聖堂

サンクトペテルブルクの街を歩いていて、とりわけ目立つこちらの聖堂は、ピョートル大帝の守護聖人「聖イサク・ダルマツキー」の名前から「聖イサーク聖堂」と言われています。

  • 写真:トラベルライター聖イサーク聖堂外観

この聖堂は、完成までに約40年もの長い歳月が費やされています。その理由として、設計を任された建築士が、占い師から「この聖堂が完成したら、あなたは死ぬだろう」とのお告げを受け、そのために意図的に工事を長引かせたというウワサがあるんです…(そして、本当に、完成からほどなくして亡くなってしまったそうです)。

  • 写真:トラベルライター聖イサーク聖堂内部

と、少し背中がゾクゾクするお話になってしまいましたが、トパーズ等の豪華な宝石と金箔細工で埋め尽くされた内部は、必見ですよ!別料金ではありますが、展望台からは360度パノラマで、サンクトペテルブルクの街を一望できますので、足腰に自信のある方はぜひ挑戦してみてください!

営業時間:大聖堂10:30-18:00(夏期は22:30まで)、展望台10:30-18:00 ※水曜は休館
料金:大聖堂250ルーブル、展望台150ルーブル
聖イサーク聖堂
ロシア / 社寺・教会 / 教会
住所:St Isaac's Square, 4, St Petersburg, ロシア 190000地図で見る

知っておくと便利な注意点

サンクトペテルブルクが気になってきた皆さんへ、訪れる際にコレは知っておいたほうがいい!という情報をいくつかご紹介します。事前に確認して、楽しいサンクトペテルブルク滞在にしてくださいね!

  • 写真:トラベルライター

大きな荷物は持ち込めない

エルミタージュ美術館の項で少し触れましたが、メジャーな美術館や博物館では、原則大きな荷物(リュックサックやスーツケース)やコートは館内に持ち込めないと考えたほうがよいです。

クロークに預けることもできますが、クロークの混雑を考えると、ホテルへ置いてきたほうが無難です。また、荷物を最小限にすることで、スリ対策にもなります。

ビザについて

観光であれば、ビザなしでも入国できる国が増えていますが、ロシアは、観光でもビザが必要です。ロシア出国時に6ヶ月以上の有効期限があり、見開きで2ページ以上の未使用査証欄があるパスポートがマストです。

また、ビザ申請時には、移動手段や宿泊先等の記載がある旅行の全行程表と、すべて支払い済みであることの証明書(バウチャー)が必要となります。「現地に着いてから、気分で決めよう」という行動の仕方はできませんのでご注意を。また、このバウチャーは、旅行中も必ず携帯してくださいね。

レギストラーツィヤ

ロシア内では、ビザ申請時に提出したバウチャー通りに行動しなくてはなりません。その一つの例が「レギストラーツィヤ」。「その都市に滞在ましたよ」という証明をもらわなければならないのです。多くの場合、宿泊先で証明手続きをしてもらえるので、チェックイン時にパスポートを預けることとなります。

水道水は飲める?

答えはNOです。ミネラルウォーターを買いましょう。

ロシア正教のマナー

ロシア正教の寺院では、女性はスカーフ着用が義務付けられているところもあります。その他、気温対策にもなるので、一枚持って行っておくと便利です。

ロシアの旅行予約はこちら

ロシアのパッケージツアーを探す

ロシアのホテルを探す

ロシアの航空券を探す

ロシアの現地アクティビティを探す

ロシアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ロシアの人気観光スポットTOP10!旅行好きが行っている観光地ランキング

赤の広場や聖ワシリイ大聖堂、クレムリンなどロシアの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2020年9月現在)が実...


ロシアの国旗・首都・面積・人口・国歌を解説!

ロシアの国旗の図柄や意味、ロシアの首都について、またロシアの面積や人口と今後の人口予想、そしてスポーツの試合などでたびたび歌われる国歌の成り立ちまで、ロシアの国...

日本とロシアの時差は「+7時間〜-3時間」!ロシアへの飛行時間は?

ロシア旅行に出かける前に知っておきたい、日本とロシアの時差や、サマータイム、日本からロシアへの飛行時間について解説します。

ロシアの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

ロシア旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ロシア旅行のベスト...

ウラジオストクの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

ウラジオストク旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、ウラジオス...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?