シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

【シンガポール】インスタ映え、お土産映えする「プラナカンタイル」のカフェ&ギャラリー

2018年10月2日更新

485view

お気に入り

シンガポールにある、色鮮やかなスイーツ・クエやプラナカンタイルがかわいらしい、女子必見のカフェ&ギャラリーに潜入!麗しきプラナカンタイルのカラフルな色彩が、インスタ映え間違いなしです。おしゃれさ溢れるスポットを満喫しましょう。

この記事の目次表示

百花繚乱!プラナカンタイルが“映え”するカラフルな「崇文閣カフェ」

シンガポールにあるカフェは、おしゃれでかわいいお店が多くて、どこに行こうか迷ってしまいそう。そんな時に訪れたいのが、チャイナタウンのすぐそば、テロック・エアにある「崇文閣カフェ(Chong Wen Ge Cafe)」です。シンガポール最古の中国寺院として有名な「シアン・ホッケン寺院」に隣接しています。

カラフルなプラナカンタイルに注目!

マレー半島で繁栄を築いていったプラナカン文化の中で、装飾は富の象徴でした。シンガポールの街を歩いているとプラナカン特有の文様タイルを目にすることができますが、同店ではかわいらしく演出されています。

テーブルに敷き詰められた陶器のプラナカンタイルは、目にも鮮やか。花をモチーフにしたデザインを中心にカラフルに散りばめられています。これはどの角度から撮影してもインスタ映えしそうです。

こだわりはテーブルだけではありません。床も茶色をベースとしたプラナカン文様になっているのです。テーブルが華やかなだけに、茶色のシンプルな色合いが店舗全体を調和させています。実はこちらのお店、店舗内だけではなく、外を含む敷地内の地面全体がプラナカンの文様に施されているという徹底ぶり。これにはテンションが上がりますよ。

カラフルなプラナカンスイーツ・クエにも注目!

かわいらしいプラナカンタイルを見ているだけでも楽しいのですが、さらにプラナカンタイルのかわいらしさを象徴するのがスイーツです。ショーケースのなかには色とりどりの「クエ」といわれる餅菓子、粉菓子が10種類ほど揃っています。

中でも名古屋名物である、ういろうに似た食感の「ラピス・サグ」は人気のスイーツです。米粉を蒸した生地が何層にもなっていて、これはすべて天然色素で色付けされたもの。そのカラフルさからも、最強のインスタ映えスイーツといえるでしょう。

他にも、独特の甘い香りがするハーブ、パンダンリーフで緑色に着色された「クエ・サラ」や、グラマラカという黒砂糖のシロップが詰まった「オンデ・オンデ」など、ココナッツミルクをベースとしたやさしい甘さのクエばかり。単品であれば、1.50シンガポールドル(約120円)ですが、盛り合わせのお得なセットもあります。

ランチスポットとしても人気!

スイーツだけではなく、米粉麺のラクサやチキンカレーなどの食事メニューも豊富なので、ランチ利用にもぴったりです。ただ、人気店なだけあってお昼時には近隣のビジネスマンが一気に訪れているので、13時半以降の来店をおすすめします。

Chong Wen Ge Cafe
チャイナタウン / アジア料理 / カフェ・喫茶店
住所:168 Telok Ayer St, Singapore 068619
電話:9168 3208

併設のプラナカンタイルギャラリー「アスター・バイ・キーラ」がすごい

カフェにあるようなプラナカンタイルが自宅にあったら、素敵なインテリアになりそうです。もし、カフェでお気に入りが見つかったらギャラリーに行ってみましょう。

併設されているギャラリーショップ「アスター・バイ・キーラ」には、美しいプラナカンタイルがずらりと揃っています。コレクションはなんと2万点にも及ぶそうで、どこをみても美しいものばかり。まるで夢のような空間です。

タイルは購入も可能

アンティークからレプリカまでその価格の幅も広く、1枚100シンガポールドル(約8,200円)以上の高級なものもあれば、多少の汚れや破損のあるB級タイルであれば28シンガポールドル(約2,300円)で購入可能です。

高価なタイルは無理かもしれませんが、B級タイルであれば自宅用のインテリアにも良いでしょう。また、手頃なお土産ならばマグネットが、6シンガポールドル(約500円)で購入できます。美しいタイルばかりなので、コレクションしたくなるかも。

展示品の中には、日本製のタイルも

これらのタイルは、過去に影響下にあったイギリス製のものが多いのですが、なんと日本製もあります。なぜ日本で造られていたのかなど、掲示されている過去の取材記事からもその背景を知ることができます。また、タイルができるまでの解説もあるので、隅々までチェックしてみてくださいね。

アスター・バイ・キーラ
シンガポール / 博物館・美術館 / 雑貨・インテリア
住所:168 Telok Ayer St, Singapore 068619

終わりに

カフェとギャラリーの2つの空間は、プラナカンタイルに魅了されたというご店主の集大成。タイル収集だけではなく、研究をまとめた本も出版されているほどに著名な方です。ご店主が店にいる時は、ゆっくり説明を受けることができるので、さらにプラナカンタイルの世界に引き込まれてしまいます。

プラナカンの食とタイル文化が一度に楽しめる空間は、シンガポール唯一の存在です。これからも素敵な魅力を発信し続けてくれるでしょう。ぜひ、訪れてみてくださいね。

シンガポールの旅行予約はこちら

シンガポールのホテルを探す

シンガポールの航空券を探す

シンガポールのパッケージツアーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年9月27日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

シンガポールのおすすめお土産19選!在住者が選んだ喜ばれるお土産ガイド

シンガポールで人気のお土産ならコレ!定番のマーライオングッズに雑貨や紅茶、クッキーなどのお菓子から、女子向けのおしゃれな文房具やコスメまで、シンガポール在住者が...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...


シンガポール高島屋で買えるオススメお土産10選!

旅行中時間がなくて、あちこちでお土産を買えないという方、オーチャード通りのど真ん中、最もにぎやかな場所に建つ高島屋の地下2階がオススメです。ここでは、シンガポー...

女性に喜ばれる!女子向けにおすすめのシンガポールお土産7選

シンガポールで女性ウケするお土産選びに悩んだら必見!バラまき土産としても便利なアーユルヴェーダ石鹸やリップなどの手頃なコスメ系から、上質な紅茶にスイーツまで、女...


シンガポール土産の新定番!塩卵の「ソルテッドエッグポテトチップス」は即ゲットすべし

旅行の楽しみといえばお土産選びもそのひとつ。せっかくならばインパクトのあるもので勝負しませんか?シンガポールで話題沸騰中なのが、ソルテッドエッグポテトチップス(...

この記事を書いたトラベルライター

食べることで頭がいっぱいなアジアントラベラー
アジアを中心にふらりとおいしいモノ探しの旅へ。
トレンドも追っかけるけれど、マニアックな食べ物の方が得意かも。
食べるだけじゃなく、そこに使われている食材や調味料、その背景にある歴史とかを探求するのが好きです。

海外の主な渡航先は東アジア、東南アジアへ。
特にシンガポールが恋しくて、日本でも名物のチキンライスを食べ続けています。

東南アジア好きな仲間とごはん食べ比べ探Qユニット「アジアごはんズ」を結成し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアのごはんを探求中。
https://ameblo.jp/next-asianfood

シンガポール土産の新定番!塩卵の「ソルテッドエッグポテトチップス」は即ゲットすべし

旅行の楽しみといえばお土産選びもそのひとつ。せっかくならばインパクトのあるもので勝負しませんか?シンガポールで話題沸騰中なのが、ソルテッドエッグポテトチップス(...

【マレーシア、シンガポール】空港ラウンジはパラダイス!LCCやエコノミーでも利用したくなるラウンジ攻略旅

旅の玄関口である国際空港。買い物、食事、リラクゼーションなど、搭乗までの過ごし方は人それぞれですが、より快適に過ごすためにラウンジを利用してみてはいかがでしょう...


シンガポールのニューウェイブ!ザ・ココナッツクラブで食べる絶品「ナシレマッ」は観光客もリピート間違いなし

多民族国家であるシンガポールやマレーシアで食べられている、マレー系民族の定番朝食といえば「ナシレマッ」。ココナッツミルクで炊いたご飯に、煮干しのイカンビリスや辛...

ハイナンチキンにナシレマッ?シンガポールは摩訶不思議なパン天国

赤道直下の国シンガポールは、美食大国として知られていますが、個性あふれるパンがたくさんあることをご存知でしょうか。ガイドブックにも掲載されているココナッツミルク...


【シンガポール】激戦区で食べ歩き!チキンライスは天天だけじゃない!

シンガポール名物のチキンライス。どこに行ってもおいしいチキンライスを食べることができますが、実は発祥地といえる激戦区があるのをご存知ですか?思わず食べ比べしたく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?