シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

Singapore Pinacothèque de Paris

787

view

フォートカニングパークにオープンした、パリ発の美術館

シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

2015年5月末、かつてのイギリス軍の兵舎として建てられた、歴史的建造物であるフォートカニングセンターが「シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ」という新しい美術館に生まれ変わりました。パリにある私立美術館「ピナコテーク・ド・パリ」のアジア初の分館であるこの美術館には、ピカソ、モネ、ルノワールなどの有名な画家の作品だけでなく、アジアの古い石像や美術品などもあり、多様な芸術を楽しむことができます。

シンガポール・ピナコテーク・ド・パリについて

ピナコテーク・ド・パリは、パリに開館したのが2007年と歴史は浅いのですが、展示品の質の高さに定評のある、フランスを代表する美術館の1つです。

その美術館の分館であるシンガポール・ピナコテーク・ド・パリは、西洋美術だけでなく、東南アジアの芸術を取り入れた独特の展示となっています。

  • こちらが正面の入り口です。建物の左側にチケット売場があります。
  • ピカピカの廊下からは、公園の緑がきれいに見えます。

緑豊かなフォートカニングパーク内にひっそりとたたずむこの美術館は、2015年7月現在、館内の全てのレストランがオープンしていないこともあり、まだフル稼働といった感じではありません。

ただ、人が少なくとっても静かなので、のんびりと鑑賞することができますよ。パーク内の散策中に、ちょっと涼みに立ち寄るのもいいですね。

フォートカニングパークのことについては、こちらの訪問レポートもご参考にしてみてください。

さて、館内ですが、HERITAGE GALLERYTHE COLLECTIONSTHE FEATURESの3つのギャラリーに分かれていますので、ご紹介します。

HERITAGE GALLERY

  • インドネシア新石器時代の石像

HERITAGE GALLERYはチケット無しで入れる無料スペースで、現在のシンガポールを形づくって来た、東南アジアの歴史や宗教にまつわる芸術品を鑑賞できます。紀元前の新石器時代の石像や青銅器、工芸品や王族のアクセサリーなど、貴重な工芸品が展示されています。

THE COLLECTIONS

  • Gregorius Oosterlinck(1637)
  • Claude MONET(1890)
  • Anonymous pupil of REMBRANDT(1630)
  • Amedeo MODILIANI(1915)

THE COLLECTIONSは、個人収集家から借り受けたピカソモディリアーニなどの著名な画家の作品を鑑賞できる常設展です。また、同じ空間に東南アジアの民族芸術が並び、ヨーロッパの美術館とは違った雰囲気を楽しむことができます。

THE FEATURES

THE FEATURESでは、年2回の入れ替えを行う企画展が開催されており、2015年10月11日までの企画展は「クレオパトラの神話展」となっています。

ショップのご紹介

館内のショップには、美術館ならではのセンスのいい商品がそろっているので、素敵なお土産が見つかるかもしれません。

ARCH

LEVEL 1の入場券売場の右側に、シンガポールのシンボルをモチーフとした木彫り製品で有名なARCHのショップがあります。

PINACOTHEQUE LA BOUTIQUE
  • ポストカードやアートブックなどが並びます

LEVEL Bには、PINACOTHEQUE LA BOUTIQUEというミュージアムショップがあり、THE COLLECTIONSで展示されていた絵画のポストカードカタログマグネットなどの他に、ローカルアーティストによるアクセサリーなども販売されています。

カフェ、レストランのご紹介

  • MYRAS Mexican & North Indian Cuisine
  • BALZAC Brasserie and Bar
FORT by Maison Ikkoku (LEVEL 1)

ブギスにあるオシャレなカフェバー「メゾン・イッコク(Maison Ikkoku)」の新たなコンセプトのレストランがオープン予定です。
※2015年7月末頃オープン予定

Giovanni L (LEVEL 1 )

ジェラート、アイスクリームワールドカップチャンピオンを受賞したことのあるジェラート屋さんで、ヨーロッパ以外での発の支店になります。
※2015年7月末頃オープン予定

SEATTLE PIKE (LEVEL 1)

シアトル発のクリーミーなチャウダーのお店です。
※2015年7月末頃オープン予定

MYRAS Mexican & North Indian Cuisine (LEVEL B)

イーストコーストにもある、メキシカンと北インド料理のお店です。

BALZAC Brasserie and Bar (LEVEL B)

かつてBrasBasahにあったフレンチビストロが、2015年7月4日に館内にオープンしました。予約はこちらから(ホームページを開くと音楽が流れますのでご注意ください)。

補足

  • 館内は、フラッシュ無しでの撮影はOKですが、絵画によっては撮影禁止のものがあります。絵の横に撮影禁止マークがありますので、ご注意ください。
  • フリーミュージアムシャトルバスが利用できます。こちらのサイトをご確認ください。

※これは2015年7月頃の情報です。

トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

シンガポール・ピナコテーク・ド・パリの写真

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

    こちらが正面の入り口です。建物の左側にチケット売場があります。

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

    ピカピカの廊下からは、公園の緑がきれいに見えます。

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

    国立博物館側から公園に入ると、美術館の立派な建物が見えます。

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

    BALZAC Brasserie and Bar

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

    MYRAS Mexican & North Indian Cuisine

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ
  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

    ポストカードやアートブックなどが並びます

  • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ

シンガポール・ピナコテーク・ド・パリの基本情報

※このスポット情報は2015年6月29日に登録(2017年1月19日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?