シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

ルマ・キムチュー

Rumah Kim Choo ルマ・キムチョー・ルマー・キム・チュー

13,446

view

老舗ニョニャ菓子店のおとなりは、色とりどりのプラナカン雑貨店

ルマ・キムチュー

創業1945年の老舗ニョニャ菓子店「金珠」のお隣にあるショップ『ルマ・キムチュー』は同じオーナーのお店。1階には、色とりどりのパステルカラーが鮮やかなプラナカナン陶器や繊細なビーズ刺繍のサンダルなどのプラナカングッズ、ポストカードやプラナカンタイルマグネット、ビーズ刺繍ポーチなどの小物や雑貨が販売されています。奥の階段を登ると、、、2階部分はガラリと印象が変わります。まるでプラナカンのお家にやってきたかのようなお部屋が再現されていて、ゆったりとした時間が流れるよう・・・。プラナカンとは、「その土地生まれの子」という意味で、14世紀頃からこの地にやってきた主に貿易商人たちが、地元のマレー女性と結婚して家庭を築いた、その子孫たちを表しています。このカトン地区はプラナカン文化が色濃く残る場所です。お買い物の後には街並みの散歩もいかが?

ルマ・キムチューについて

ルマ・キムチューへの行き方

イースト・コースト・ロード(East Coarst Road)沿いにあります

シンガポールの中心地、マリーナベイやオーチャードエリアから少し離れていますが、タクシーで15分程で行くことができます。

お店は、カトン地区のランドマーク的なショッピングモール「I12カトン」の目の前にあるので、タクシーで向かう場合、行き先をI12カトンまでとドライバーさんに伝えるのがいいと思います。イースト・コースト・ロードをはさんで向かい側にルマ・キムチューはあります。

近くにはバス停もあり、バスは14番、16番、36番が近くまで行きます。

時間を有効利用したい方はタクシーで、シンガポールの街並みを楽しむ余裕のある方はバスに乗ってローカル気分を味わいながら向かうのも楽しいですね。

金珠と並んでます
  • お店の入り口
  • 黄緑色のショップハウスが「ルマ・キムチュー」

ルマ・キムチューと「金珠」は同じオーナーのお店。外観は黄緑色でお店の中もつながってます!そのお隣には、とってもよく目立つ、濃いブルーの色をしたショップハウスがあります。こちらは、ガイドブックにもよく載っている「ルマ・ビビ」。プラナカン雑貨を販売するお店なので、一緒に訪れてみてくださいね。

1階には種類豊富なプラナカン雑貨

さまざまな大きさのプラナカン陶器
  • どの色がお気に入り?
  • 小物入れにピッタリ♫
  • 1階の店内。パステルカラーに囲まれて♫

1階はプラナカン陶器がたくさんあって、好みの大きさ、色、形を存分に楽しみながら探すことができます。小物入れになりそうな、蓋つきのものはカムチェンといってよく見かける形ですね。写真以外にも大きいものも置いてます。

お部屋を飾る額入りなども充実
  • 個別にこんな可愛く包装されてます!
  • 額入りはすぐに家に飾れるのでGOOD

プラナカン陶器だけでなく、壁にかけて旅の思い出をいつでも感じられるようなタイプもおススメ。プラナカン女性の衣装「サロン・ケバヤ」に施される繊細な刺繍や、スプーンなどの小物を額装しているものも販売されています。

サンダルも種類が豊富
  • ハンドメイドビーズサンダル

プラナカン女性の嗜みとして、ビーズ刺繍がありました。一つ一つ手作業でビーズを縫い付けて作られたサンダルはとても手が込んでいます。もちろんどれも1点モノです!本当に可愛い♪デザインもいくつかあるのでお気に入りを見つけてみてね。

こちらでは、オーナーのレイモンドさんによるビーズ教室も開催されていますよ。

プラナカンの生活を感じる2階フロア

  • 奥の階段から2階へ行くことができます
  • 家具がどれも素敵!
  • 2階は今でも人が住んでいそう〜

お店の奥に階段があるので、ぜひ2階にも行ってみてください。階段にも当時のものと思われる額が飾られていて、その階段を登っていくと・・・
今でも人が住んでいるかのような空間がふっと現れます。ショップハウスは入り口が小さいのでこんなに明るいなんてびっくりですね。お部屋の中にはセンス良く小物が飾られていますよ。

  • プラナカン家具
  • こんなにコレクションしたくなる!

置かれている家具がどれも素敵です。その中には自然にプラナカン食器がしまわれています。昔のプラナカン女性が履いていたサンダルも置かれていて、ちょっとした博物館のよう・・・

2階のお部屋では、「サロン・ケバヤ」というプラナカン女性の伝統衣装やバティックの布地なども販売されています。

もっとプラナカンについて知りたい人は

シンガポールには、「プラナカン博物館」があります。古いプラナカン陶器や鮮やかな刺繍のテーブルクロスなどの展示品をじっくりと見学できます。毎週 火曜~金曜 10:30~ 無料日本語ガイドがありますよ。ぜひ足を運んでみてくださいね。

※これは2015年7月頃の情報です。

トラベルライター
あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。

旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。

https://tripnote.jp

このスポットが紹介されている記事

シンガポール・カトンのおすすめ観光スポットランキングTOP10

プラナカン文化が残る「カトン」エリアには、メインストリートの「イースト・コー...

2018年9月11日|25,476 view|トリップノート編集部

シンガポールのお土産におすすめ!可愛いサンダルが買えるショップ8選

一年中暑いシンガポールではサンダルスタイルが基本なので、可愛くてリーズナブル...

2015年4月20日|112,675 view|トリップノート編集部

シンガポール・プラナカン雑貨のおすすめショップ6選

色鮮やかに装飾された陶器や繊細なビーズ刺繍のサンダルなど、女性の心をギュッと...

2015年2月23日|109,994 view|トリップノート編集部

ルマ・キムチューの写真

  • ルマ・キムチュー
  • ルマ・キムチュー
  • ルマ・キムチュー

    お店の入り口

  • ルマ・キムチュー

    黄緑色のショップハウスが「ルマ・キムチュー」

  • ルマ・キムチュー

    奥の階段から2階へ行くことができます

  • ルマ・キムチュー

    家具がどれも素敵!

  • ルマ・キムチュー

    1階の店内。パステルカラーに囲まれて♫

  • ルマ・キムチュー

    どの色がお気に入り?

ルマ・キムチューの基本情報

※このスポット情報は2014年8月1日に登録(2018年9月11日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数

編集部おすすめ記事

現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?