高松市

披雲閣

34

view

政務が行われる場所、藩主が生活する場所として建てられました

披雲閣出典:tripnote.jp

披雲閣は政務が行われる場所、藩主が生活する場所として建てられました。当時は現在の約2倍の広さがあり、香川を訪れる賓客をもてなす迎賓館としても使用されていたそうです。現在の披雲閣は明治に入り老朽化のために取り壊され、大正6年(1917)に再建されたものです。庭園は広く綺麗に手入れされており、とにかく大きな雪見灯籠や春日灯籠など様々な石造物が各所に置かれています。美しく整えられた庭は見事です。

このスポットが紹介されている記事

お城が見えます波の上!日本三大水城のひとつ【香川】高松城

高松城は香川県高松市にあり、瀬戸内海の海際に建つ海城です。その昔、海から見る...

2018年8月8日|2,000 view|粒あんこ

披雲閣の写真

  • 披雲閣

    披雲閣入口

披雲閣の基本情報

※このスポット情報は2018年8月7日に登録(2021年11月30日に一部変更)した時点の情報です。
 内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります