タイ
タイ
多彩な魅力をもつタイには世界中から多くの旅行者が訪れる

【タオ島周辺編】タイ・タオ島のダイビングポイントまるわかりガイド

sae

2017年7月30日更新

208view

お気に入り

今回は、タオ島周辺にあるポイントを大解説。色とりどりのサンゴや小さい魚、いわゆるマクロと呼ばれるものたちが、いっぱい見られるポイントばかり!タオ島の魅力は、大物や群れなどのワイドばかりではない!

これが島周辺の7つのダイブポイント!

タオ島の周りには、大きく7つのダイブポイントがあります。早速ここから一気見しちゃいましょう!これであなたもタオ島マスター!

シャークアイランド

シャークアイランドはタオ島の南の方にあるポイントです。名前の通り、サメが出没するポイント!ではありません。ポイントの中心となる岩が、サメの尾びれに似ていることからシャークアイランドと言われるようになりました。決してタオ島ではサメが出ることはないのでご安心を!!

ここは、日によって流れが出ることがあるのでレックダイビングができることがあります。岩と砂地がどちらも楽しめるポイントです。

  • 出典:www.flickr.comFringes of Koh Tao from a boat/Photo by eric molia

ヒンピーウィー

ヒンピーウィーにはタオ島唯一の沈船があります。この沈船はサタクット号という名前で、観光用に沈められました。船首は海底約27mと少し深いところにあります。船尾には大砲が残っていて、リアルな沈船を見ることができ、どこか神秘的な光景です。

ホワイトロック

その名の通り、上から見るとメインの岩が白く見えることからホワイトロックと名づけられました。このポイントはとても大きく、1回のダイビングでは1周することが難しいほど。北と南で違う顔を見ることができ、飽きさせないポイントです。

北の方はメインの大きな岩と、それを取り巻く様にごつごつとした岩が見られます。一方、南の方はサンゴがきれいで地形が面白く、光が入りやすいので、カラフルな海が見られます。特に目が行くのが、クリスマスツリーワーム。タオ島のものはしっかりしていて、色がはっきりしているのでとってもきれい!赤や黄色のクリスマスツリーを見てみましょう!

ジャバニーズガーデン

日本庭園のように、サンゴが満開に咲いていることからこの名前が付けられました。潜ってみると納得の、まさにサンゴだらけの海を見ることができます。それも色んな種類のサンゴが見られちゃいます。サンゴの違いを観察してみましょう!

深度は平均的に浅いポイントなので、十分に満喫できます。焦らずゆったりとダイビングが楽しめます。

ナンユワン島の入り江になっているところにあるポイントなので、船が揺れる心配もなく、ゆったりとしたダイビングが楽しめます。

レッドロック

ホワイトロックと同様、上から見るとメインの岩が赤く見えるポイント。メインの岩と少し離れたところに、岩が点々と転がるエリアがあります。

メインの岩は、真ん中に大きな亀裂が入っており、その間にはエビなどの小さな子たちが隠れています。ライトを当ててよーく見てみてくださいね!岩がゴロゴロしているエリアには、大きなスイムスルー(岩の間をくぐり抜けられるポイント)があります。探検気分でゴー!

グリーンロック

もうお分かりですよね!そう、上から見るとメインの岩が緑に見えるんです。ポイントの真ん中に岩が集まっており、コチラも多くのスイムスルーがあります。岩が多く集まってできていることもあり、岩の間に魚が多くみられます。

ツインズ

東と西、縦に長細い岩の塊が2つあることから、ツインズ(双子)と呼ばれるようになりました。ウミガメが住み着いていることもあります。このポイントの中心には、トウアカクマノミが住んでいるイソギンチャクがあり、親子で仲良く暮らしている姿を見ることができます。

運良ければ、トウアカクマノミの卵も見れちゃうかも?!タオ島では2種類のクマノミが見られるので、こちらの外洋ポイントの記事でご紹介しているハナビラクマノミとの違いを観察してみるのも面白い!

トウアカクマノミ

ハナビラクマノミ

ゆったりマイペースダイビングができるところがいい!

ご紹介した島の周辺のポイントは、深度が浅いところが多く、ゆったりと焦らずダイビングができるのが良いところです。熱帯の海だから見られる、色とりどりの魚たちをじっくりと観察することができます。

タオ島の魚たちは人慣れしているせいか、他の場所で潜るよりも魚に近づくことができます。なので、ゆっくり静かに近づけば至近距離で見ることができます。

しかし、タオ島にはノータッチルールというものがあり、生き物はもちろんサンゴも触ってはいけません。マナーとして、海を守るため、どんなに綺麗な生き物を見ても、ちゃんと守りましょう!

今回の記事ではタオ島の周辺ポイントをご紹介しましたが、外洋に出れば大物や群れなどのワイドが楽しめます。こちらの記事も参照してみてください。

タオ島
タイ / その他スポット
住所:Koh Tao@Thailand

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年8月31日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

冬の海外旅行におすすめの国15選

冬に海外を旅行するならどの国がいいんだろう?寒〜い日本の冬を脱出して真夏の南半球を訪れるのもいいし、ベストシーズンを迎える国に行ってみるのもいいですね。また冬だ...

【プーケット】乾季だけ!行くなら絶対スリン島

プーケット周辺には、日帰りで行ける離島がいくつかあり、より澄んでいて綺麗な海を求め、多くの旅行者が訪れています。今回はその中でも、乾季にしか行くことができず、随...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

【タイ】チェンマイの象の保護センターで象と一緒に水浴びをしよう!

タイの北部の街チェンマイには、人間に過酷な労働をさせられた象や孤児の象などを保護する象の保護センターが数カ所あります。その中でもチェンマイ市内から車で約一時間く...

ディープなタイを体感!バックパッカーの聖地「カオサンロード」【体験編】

微笑みの国タイ。東南アジアに位置し、常夏で雨季と乾季があります。物価も安く、LCCの発達により、気軽に旅行へ行きやすくなっています。そんなタイの首都バンコクにバ...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でタイの音声ガイドを聴く

タイの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?