十日町市

古民家カフェ『澁い SHIBUI』でやすらぎタイム【新潟】

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2023年12月6日更新

19view

お気に入り

写真:Olive

近年、大地の芸術祭が開催され、多くの観光客が訪れるようになっている新潟県十日町市。ここに一軒の古民家カフェがあります。歴史を感じつつ洗練された雰囲気を感じさせる古民家カフェでやすらぎのひとときを過ごしてみませんか?

この記事の目次表示

カフェがある松代(まつだい)地区とは?

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

新潟県十日町市・津南町からなる、越後妻有(えちごつまり)地区で開催されている「大地の芸術祭」。松代地区は、「まつだい農舞台」を起点として近隣の野山をフィールドに、アートが比較的近距離で点在していることから、観光客が多く集まるスポットとなっています。

建築デザイナー カール・ベンクス氏

  • 写真:Olive

カール・ベンクス氏は、現在、新潟県十日町市の山間にひっそりと佇む竹所集落に暮らしています。1942年ドイツ ベルリン生まれで、青年期にベルリン、パリで建造物や家具の復元修復を学んでいました。1966年、空手を学ぶために日本大学に留学。以降、ヨーロッパや日本で建築デザイナーとして活動している方です。

カール氏が営む「古民家カフェ『澁い SHIBUI』」

  • 写真:Olive

十日町松代にある芸術祭の起点「まつだい農舞台」から歩いて10分、車なら約3分の場所にカール氏が手掛けた「古民家カフェ『澁い SHIBUI』」があります。かつてこの場所にあったのが、和風旅館です。明治38年創業の田村屋旅館が松栄館と名前を変え、2009年まで営業していました。

  • 写真:Olive

カール氏は、この旅館を買い取り再生、2階を自身が常駐する建築事務所、1階を古民家カフェとして生まれ変わらせたのです。歴史ある旅館を形作っていた貴重なケヤキ材などを守りつつ、ドイツ製のペアガラスや薪ストーブを取り入れ、重厚で落ち着いた雰囲気を醸しつつ、断熱も考えられた店内に仕上がっています。カール氏にとって、このカフェは、伝統的な暮らしの息吹を感じながらも、現代の暮らしを調和させるというカール・ベンクス独自のデザインスタイルを体験していただくための場所なのだそう。

古民家カフェで軽食ランチ

ドイツで建築デザインの仕事をしていた際に出版した日本建築本のタイトルが、『澁いDESIGN』でした。その名にちなんでカフェの名前にもなっています。「澁い」は、伝統建築の謙虚さ、静けさ、調和を理解するためにとても重要な言葉だとカール氏はとらえているようです。この言葉を念頭に、古民家カフェの居心地の良さを体感してみましょう。

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

ランチメニューは2種類で、キッシュかオープンサンド。ドリンクとデザート付きで2,200円です。ベーコンの塩味がきいたキッシュはコクがあって食べ応えがありましたし、塩味がちょうどよい生ハムとチーズの組み合わせは間違いのない美味しさでした。

  • 写真:Olive

バリスタが淹れる香り高いコーヒーと、デザート(この日はアップルパイ、チョコレートケーキ、コーヒーゼリーバニラアイス添え)の一つ一つがおいしくて、満足感が得られるランチタイムでした。店内は満席ですし、待っている方も多く、事務所見学の出入りも多いのですが、スタッフの方々の穏やかな接客は、大変居心地よく感じました。お酒がお好きな方むけには、ドイツの生ビールや国産ワインもあります。

建築事務所はモデルハウス

  • 写真:Olive

カール氏のデザインスタイルを体験したい方には、カフェで飲食する以外にも、より生活スタイルを想像できる空間があります。カフェの2階部分は建築事務所兼居間となっていて、キッチンやシャワールームなどがあり、その一部を公開しています。日本で言うモデルハウスですね。

  • 写真:Olive

旅館だったころは、釘を使わずに建てられていましたが、リフォーム時に現在の建築基準法に合わせて、ボルトや外壁からの筋交いで補強されています。漆喰にべんがら粉を混ぜた桃色の壁に、太くて存在感のある梁や大黒柱、40年以上前に骨董店で購入したという多門天像が置かれていたかと思うと、床にはイタリア製のタイルが敷かれていたり、ドイツ製の薪ストーブがどんと鎮座していたりするのです。様々な国の様々な資材や置物、設備が使われていながら、見事なまでに統一された、おしゃれな空間になっていることに感動してしまいます。

次のページを読む

十日町市の旅行予約はこちら


関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

天井のない美術館やベルギーの水の都と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながらの石畳、中世とほとんど変わ...

旨いものだらけ!山形で買いたいお勧めお土産29選

美味しいものに事欠かない山形。今回は、充実の品ぞろえを誇る、お勧めのスーパーや物産会館のご紹介と共に、山形土産の定番品から、可愛いお土産、変わり種までご紹介しま...

これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります