愛知
愛知観光
車産業が栄える、独自の食文化が根付く地域

天下人たちが奪い合った美しき犬山城へ!【愛知】

取材・写真・文:

福島在住

2018年7月2日更新

921view

お気に入り

戦国の世に、信長、秀吉、家康と天下人たちを魅了し何度も戦の舞台となった犬山城。日本有数の大河、木曽川の畔に建つ姿は絵画のように美しく、遠景の素晴らしさ、天守からの眺望、現存天守の希少性と共に、一見の価値あるお城です。

この記事の目次表示

犬山城の歴史

  • 写真:Olive

天文6年(1537年)、織田信長の叔父、織田信康により築かれたといわれています。この一帯は、尾張(愛知県西部)と美濃(岐阜県南部)を結ぶ交通・軍事の要衝として栄えてきたこと、木曽ヒノキ流通の拠点であったことなどから、築城から約80年間、多くの武将たちが奪い合うことになります。

元和3年(1617年)成瀬正成(尾張藩主徳川義直付家老)以降は、代々成瀬家が城主となり、平成16年(2004)、「財団法人 犬山城 白帝文庫」の所有となるまで、全国唯一の個人所有の城として保存されてきました。

国宝の現存天守

  • 写真:Olive

松本城、彦根城、姫路城、松江城と並んで、国内に5つしかない国宝指定のお城。しかも、当時のままの姿を保つ現存天守で最古ともいわれることから、その貴重さがうかがえます。

こぢんまりとした規模ながら、木曽のほとりに建つ美しい佇まいは、江戸中期の儒学者、荻生徂徠(おぎゅうそらい)によって白帝城(はくていじょう)とも呼ばれました。波乱の歴史を見守り続けたお城も、今は国宝となり、その美しさは、現代の人々をも魅了し続けています。


犬山城の見どころ

太い梁や石垣にも注目

  • 写真:Olive

犬山城は、3層4階、地下2階で、高さ19mのお城です。天守の入り口では、天守を支える石垣や太い梁を見ることができます。当時の大工道具に、まだカンナがなかったので、梁など木材の仕上げが無骨なのですが、上の階に行くとカンナで綺麗に仕上げられ、時代の流れを感じることができます。

構造やしくみ

  • 写真:Olive

城主の居間とされた一階は、中央部に畳が敷き詰められた、上段の間や納戸の間が設けられ、その周囲を武者走りと呼ばれる廊下が取り巻いている構造です。ここの北西部分には、敵に石を落とせる石落としの間があり、正面には天守の入り口が敵に破られそうになった時に、側面から攻められる付け櫓もあります。

また上段の間には、木戸の向こう側に城主を守る武士が隠れていた部屋、武者かくしの間があります。二階は武具の間で、やはり中央に設けられた武具の間の周囲を、武者走りが取り巻いています。

  • 写真:Olive

三階は、破風の間とよばれる屋根部分で、天井が大変低くなっています。この部屋の東西の造作は入母屋破風ですが、南北は成瀬正成によって増築されたといわれる唐破風になっています。

  • 写真:Olive

最上階は、赤い絨毯が印象的な高欄の間です。ここは外側に高欄と廻縁がまわる望楼となっており、これも成瀬氏による増築とされています。

  • 写真:Olive

高欄の間には、歴代城主の絵がかけられていますが、9代目からは写真です。成瀬家が代々イケメンなので、必見ですよ。12代城主・成瀬正俊氏の写真は、写真家・篠山紀信さんが撮影されたということです。

天守からの眺め

  • 写真:Olive

天守閣から見える景色はまさに絶景!眼下には木曽川、その向こうにはアルプスの山並み、武将たちが戦った濃尾平野も広がり、空気が澄んでいれば、岐阜城まで見えることもあるそうです。

フェンスもなく、心細いほどに低い高欄が当時の面影をより一層際立たせてくれます。信長はじめ、多くの武将たちがこの景色を眺めていたのかと感動してしまいます。

遠景で見る犬山城も美しい

木曽川のほとりに建つ犬山城は、遠くから眺める姿も美しいので、時間があれば川向うの岐阜県側からの後ろ姿や、横からも、ぜひご覧になってください。その美しさに、ついつい、一周してしまうと思います。

最後に

混雑していなければ、お城に一番近い第一駐車場に車を停めた場合、往復約1時間半で見学終了できます。美しい犬山城へぜひお出かけください。

犬山城
愛知 / 建造物 / 観光名所
住所:愛知県犬山市犬山北古券65-2
電話:0568-61-1711
Web:http://inuyama-castle.jp/

  

愛知の旅行予約はこちら

愛知のホテルを探す

愛知の航空券を探す

(県営名古屋空港)

(中部国際空港)

愛知のパッケージツアーを探す

愛知の現地アクティビティを探す

愛知のレンタカーを探す

愛知の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【愛知】アートと街歩きを楽しめる散策スポット「覚王山」のオススメスポット4箇所!

「覚王山(かくおうざん)」は愛知県名古屋市千種区にある地域の名称です。「日泰寺(にったいじ)」という寺院を中心に構成されており、街歩きや散策を楽しめるアートなス...

【愛知】犬山城下町きっぷで行く、犬山のおすすめの楽しみ方3選

愛知県の最北端に位置する犬山市。市の北を流れる木曽川の一帯は名勝に指定されており、1,300年の歴史を誇る伝統的な鵜飼も行われています。そんな歴史ある犬山市の観...


【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

なごやめしが味わえる「金シャチ横丁」登場!名古屋城5つの見どころ徹底ガイド

尾張徳川家の居城として400年以上にわたって人々に親しまれてきた名古屋のシンボル・名古屋城。2018年6月に完成公開を迎える本丸御殿とあわせて、2018年3月2...


愛知の定番・観光スポットならココ!21選

リトルワールドや明治村、東山動物園など家族や友達、恋人同士で思いっきり楽しめるレジャースポットが多い愛知県。このほかにも名古屋城や犬山城をはじめ見応えのある観光...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...

川越散歩でお土産みつけた!話題のドレッシングから蔵町パンまで13選

埼玉県・川越の魅力は、タイムスリップしたような蔵造りの町並みや、昔懐かしい菓子屋横丁など、歩いて散策できるスポットが集中していること。その上、おいしい食べ歩きグ...


きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

岐阜「リスの森飛騨山野草自然庭園」のリスが可愛すぎてメロメロ

歴史的建造物が多く残る町並みや温泉郷など、見どころが多い飛騨高山観光で、ぜひ加えて頂きたいのが「リスの森飛騨山野草自然庭園」。放し飼いになっているリスたちと触れ...


旨いものだらけ!山形でぜひ購入したいお勧めお土産20選

サクランボにラ・フランス、玉こんに米沢牛と、美味しいものに事欠かない山形には、お土産品でも、お菓子からお惣菜まで、あらゆるものが揃っています。地元グルメを気軽に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?