愛知
愛知
車産業が栄える、独自の食文化が根付く地域

愛知の定番・観光スポットならココ!21選

2018年1月11日更新

882view

お気に入り

リトルワールドや明治村、東山動物園など家族や友達、恋人同士で思いっきり楽しめるレジャースポットが多い愛知県。このほかにも名古屋城や犬山城をはじめ見応えのある観光名所があります。この記事では、愛知県を旅行する際に訪れたい定番の観光スポットはもちろん、愛知県で食べたい名物グルメの有名店もあわせてご紹介しています。

この記事の目次表示

【1】名古屋城

”金鯱城”ともよばれる日本三大名城のひとつ

”金のシャチホコ”がのる大天守閣の最上階からは、名古屋を一望します。その他の階には名古屋城の歴史を伝える展示がしてあり、実物大の金のシャチホコに乗ったり、城下町を再現したフロアを歩いたり。このフロアでは夜明けから日没までを光などで表現し、城下町の一日を体験することができます。

そして本丸御殿は必ず訪れましょう。豪華絢爛、ゴージャスな金箔のふすま絵は感動ものです!夜のライトアップでは暗闇に浮かぶ城が幻想的。

名古屋城
名古屋 / 建造物 / 観光名所
住所:愛知県名古屋市中区本丸1-1
電話:052-231-1700(名古屋城総合事務所)
Web:http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

【2】犬山城

望楼からの景色がすばらしい!日本最古の天守をもつ国宝

天文6年(1537年)に木曽川沿いの小高い山の上に建てられました。天守は現存する日本最古の様式であり、昭和10年(1935年)に国宝に指定。とくに最上階からの景色がすばらしく、美しい木曽川や犬山の街並み、御嶽山の絶景を360度パノラマで楽しむことができます。

お城の見学とあわせてぜひ、城下町も散策したい。レトロな城下町には、町屋を利用したカフェやショップが並びます。

犬山城
愛知 / 建造物 / 観光名所
住所:愛知県犬山市犬山北古券65-2
電話:0568-61-1711
Web:http://inuyama-castle.jp/

【3】熱田神宮

織田信長も祈願した、名古屋を代表するパワースポット

地元の人には”熱田さん”と呼ばれ親しまれています。景行天皇43年創建と伝えられ、ご神体は三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)。都会にありながら緑豊かで静寂を感じられる境内はとても広く、約6万坪もの敷地内には境内、境外すべてあわせて45もの社が祀られています。

熱田神宮
名古屋 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
電話:(052)-671-4151
Web:https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

【4】あつた蓬莱軒 神宮店

地元の人にも観光客にも不動の人気を誇る、ひつまぶし発祥のお店

明治6年(1873年)に創業した、ひつまぶし発祥の老舗。創業以来つぎ足すタレをつけ、備長炭でじっくりと焼きあげた鰻が味わえます。

やはりいただきたいのは、名物のひつまぶし。蓋をあけるとギッシリ鰻が敷き詰められ、カリッとした皮に、中はふわふわの鰻にうっとり幸せ気分になること間違いなし!

あつた蓬莱軒 神宮店
名古屋 / 郷土料理
住所:名古屋市熱田区神宮2-10-26
電話:052-682-5598
Web:http://www.houraiken.com/sp/jingu.html

【5】名古屋港水族館

巨大なサンゴ礁大水槽やイルカショーなど見どころいっぱい

沖縄の美ら海水族館、大阪の海遊館に次ぐ、第3位の入場者数を誇る人気の水族館です(2015年のデータ)。3万匹ものマイワシが群れをなして泳ぐ黒潮大水槽では、イベントの時間には”マイワシのトルネード”を見ることができ、照明によって光る幻想的な姿は必見。

そのほか世界最大級のプールでのイルカのパフォーマンスや、色とりどりの熱帯魚200種以上3000匹を展示する”サンゴ礁大水槽”など、見どころがたくさんあります。

名古屋港水族館
名古屋 / 公園・動植物園
住所:愛知県名古屋市港区港町1-3
電話:052-654-7080
Web:http://www.nagoyaaqua.jp/

【6】東山動植物園

全国にある動物園のなかでも、1位2位を争う人気の動物園

イケメンゴリラとして話題となった「シャバーニ」がいるのが、ここ東山動植物園です。イケメン!と言われながらも、じつはメスのゴリラということが判明し、さらなる話題をよびましたね。

広さはなんと東京ドーム13個弱で、一日では周りきれない大きさ。”動植物園”という名前の通り、敷地内には動物園だけではなく、植物園、そして遊園地も。昔から変わらず大人気のコアラや、国内最大級のゾウ舎など、見どころ満載です。

東山動植物園
名古屋 / 公園・動植物園
住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話:052-782-2111
Web:http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/index_pc.php

【7】愛・地球博記念公園モリコロパーク

「サツキとメイの家 」をはじめ多彩な施設で一日楽しめる!

2005年に開催された万博『愛・地球博』の長久手会場跡地を利用してできた、愛知県最大級の公園です。もっとも人気があるのは「サツキとメイの家」。映画『となりのトトロ』に登場する、サツキとメイの家を再現したもので、ジブリの世界を体感できます。

そのほか万博期間中には迎賓館であった建物を利用した「愛・地球博記念館」や、アイスショーも開催されるスケートリンク、東海エリアでは最大の高さを誇る大観覧車など、さまざまな施設が揃います。

愛・地球博記念公園モリコロパーク
愛知 / 公園・動植物園 / 観光名所
住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1
電話:0561-64-1130
Web:http://aichi-koen.com/moricoro/

【8】ノリタケの森

陶磁器の魅力をさまざまに感じることができる複合施設

2001年にオープンした、陶磁器メーカー「ノリタケ」が運営する複合施設。緑豊かな敷地内には、ボーンチャイナの製造工場である「クラフトセンター」があり、製造から絵付けまでを間近で見ることができます。

そのほか明治から昭和初期までに製造されたノリタケ製品「オールドノリタケ」などを展示する「ノリタケミュージアム」や絵付けを体験できるコーナー、ノリタケの食器を購入できるショップ、ノリタケの食器を使用するレストランやカフェがあり、様々に楽しむことができます。

ノリタケの森
名古屋 / テーマパーク・レジャー / 観光名所
住所:愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
電話:052-561-7142
Web:http://www.noritake.co.jp/mori/

【9】博物館明治村

明治時代にタイムスリップ!歴史的に価値のある建物が並ぶテーマパーク

日本のテーマパークでは第3位の広さを誇る広大な敷地に、明治時代を中心とする価値の高い60以上の建物を移築・保存しています。

明治時代にタイムスリップした気分の村内では、明治時代風ドレスや矢絣・袴姿に着替えて散策するのもいいですね。もっと気軽に、衣装を着て記念撮影だけのプランもあります。

また村内では、日本で初めて開通した市内電車「京都市電」も毎日運行しています。レストランやカフェ、お土産店も充実しており、一日楽しめます。

博物館明治村
愛知 / テーマパーク・レジャー / 観光名所
住所:愛知県犬山市字内山1
電話:0568-67-0314
Web:http://www.meijimura.com/

【10】リニア・鉄道館

リニアの実物は必見!子どもも大人も楽しく学べる鉄道ミュージアム

JR東海が運営する鉄道ミュージアム。歴代の東海道新幹線を中心に、在来線や次世代の超電導リニアなど39両の実物の車両を展示します。

とくに2027年に開通を控えるリニアの実物は必見。そして超電導リニアの展示室では、リニアの技術を紹介するほか、時速500kmを模擬体験できるリニアの実物大の客室コーナーもあり、子どもも大人も楽しく学べます。

館内のデリカステーションでは、名古屋駅で販売されている駅弁や、ミュージアム限定のお弁当を購入し、いただくことができます。

リニア・鉄道館
名古屋 / 博物館・美術館
住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭3-2-2
電話:052-389-6100
Web:http://museum.jr-central.co.jp/

【11】野外民族博物館 リトルワールド

一日で世界一周旅行ができる!?旅行好きにはたまらないテーマパーク

日本のテーマパークでは第2位の敷地面積。世界70カ国から集められた約6,000点もの民俗資料を展示する本館展示室と、世界23カ国、32棟の家屋が建ち並ぶ野外展示場からなり、世界一周旅行気分を味わえます。

園内に点在する家屋のうち、ドイツやイタリア、インドをはじめとする11の家屋で民族衣装を体験することができ、手頃な料金で試着が可能。またインド料理、トルコ料理、インドネシア料理など世界のグルメが楽しめるレストランや、各国のお土産店と、さまざまに楽しむことができます。

野外民族博物館 リトルワールド
愛知 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:愛知県犬山市今井成沢90-48
電話:0568-62-5611
Web:http://www.littleworld.jp/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

一度は見てみたい!日本の絶景あじさいスポット10選

梅雨の時期をあざやかに彩るアジサイは、青、紫、ピンク、白、緑、とさまざまな装いで私たちの目を楽しませてくれます。近所に咲くアジサイもいいけれど、日本には、なんと...

【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

【愛知】知多半島の美しい海の景色を巡る絶景ドライブの旅!

愛知県にある知多半島。対岸に位置する渥美半島とともに、三方を海に囲まれた風光明媚な観光名所でもあります。名古屋などの大都市圏からも近くアクセス良好で、気軽に日帰...

なごやめしが味わえる「金シャチ横丁」登場!名古屋城5つの見どころ徹底ガイド

尾張徳川家の居城として400年以上にわたって人々に親しまれてきた名古屋のシンボル・名古屋城。2018年6月に完成公開を迎える本丸御殿とあわせて、2018年3月2...

【愛知】犬山城下町きっぷで行く、犬山のおすすめの楽しみ方3選

愛知県の最北端に位置する犬山市。市の北を流れる木曽川の一帯は名勝に指定されており、1,300年の歴史を誇る伝統的な鵜飼も行われています。そんな歴史ある犬山市の観...



この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

夏休み旅行に!夏旅(6月・7月・8月)におすすめの国内旅先23選!

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

女性が喜ぶシンガポールのお土産7選

お土産さがしは楽しいけれど、正直ちょっと難しくて大変!とくに男性の方にとって、女性へのお土産は悩みどころだと思います。そんな方のために、今回の記事では女性が喜ぶ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先22選〜春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴったりな旅先を...

間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?