その他

海外旅行で盗難被害を防ぐための対策と心構え

取材・写真・文:

神奈川在住

2019年3月14日更新

125view

お気に入り

写真:まきまき

海外は決して危険な場所ばかりではありませんが、日本ほど安全な国はないというのも事実です。そのため街の治安が良いからといって油断するのは禁物です。最後まで楽しい旅で終われるように、しっかりと防犯対策を心がけていきましょう。

この記事の目次表示

海外でのスリ被害について

  • 写真:まきまき

外国では現地を知らない旅行者を狙った犯罪が多く、スリや置き引きなどの被害は日常的に発生しています。そして悲しいことに日本人は隙が多く、ターゲットにされやすいのも事実です。そのためせっかくの旅を台無しにしないよう、じゅうぶんに注意して行動することが必要です。

知らない土地で知ってるつもりは厳禁

「ウエストポーチやたすき掛けは観光客丸出しでかっこ悪い。現地人と同じにしてればいいんだよ」という声を聞いたことがありますが、このような人が被害に遭うので気をつけましょう。よっぽど現地慣れしているなら別ですが、知らない土地にいる緊張感は持ち続けた方がいいと思います。

だからといって神経質になりすぎる必要もありませんが、上手く立ちまわれる人ばかりではありません。旅の途中は何が起こるかわからないため、普段からできるだけ盗まれにくい状況を作っておくことは大切です。以下に誰でもすぐに取り組める防犯対策の例をまとめました。


盗難に遭わないための6つの工夫

1.貴重品は持ち歩かない

  • 写真:まきまき

外出時には必要最低限の物だけを持ち、現金は多く持ち歩くのをやめましょう。また高価な物や新品を身に付けるのはできるだけ控え、「万が一無くなっても惜しくない物」にしておくと安心です。

  • 写真:まきまき

iPhoneなどは渡航先によってはかなりの高級品です。そんな場所へ行ったときは、人の前でやたらと出さない方がいいかもしれません。特に外でグーグルマップを見ながら歩いていたり、自撮りをしているときなどは、隙だらけの状態になるので気を付けましょう。

2.現金やカードは数ヶ所に分けて持つ

これは旅の基本といっていいでしょう。運悪く何かひとつを無くしてしまっても、すべてを失わないよう数ヶ所に分けて持つことが重要です。サイフの中には常に「今必要な分」だけを入れ、現金とクレジットカードは別々にし、残りの分もひとまとめにしないことをオススメします。

3.リュックはカラダの前で抱えて持つ

バスや電車・人ごみの中ではリュックはカラダの前で持ちましょう。自分の背中に密着しているので異変があれば気付くと思いきや、ファスナーくらいはカンタンに開けられてしまいます。そしてこれを注意するだけでも、かなり盗まれにくくなるはずです。

4.バッグに鍵を付ける

  • 写真:まきまき

寝台列車に乗るときやゲストハウスで複数の人と過ごすときは、ダイヤル式の南京錠があると便利です。バッグごと無くなってしまえばそれまでですが、盗む側もひと手間かけないと開けることができなくなるので、防犯率がぐっと上がります。

それからリュックを背負って外を歩くときは、南京錠のほかにレインカバーをかけるのもいいアイデアだと思います。見た目はカバー無しの方がオシャレですが、表面をすっぽりと覆ってしまえば防犯対策にも汚れ防止にも役立ちます。

5.丈夫な生地のバッグを持つ

治安の良くないエリアに行くと、バッグをナイフで切られて中身を盗られる可能性もあります。リュックや肩掛けバッグのベルト部分も同じで、細いと切られたり引っ張られやすくなるため、貴重品を入れるバッグはできるだけ丈夫なもの選びましょう。

そしてすぐに中身を取り出すことができないよう、貴重品は手前ではなく奥側のポケットなどに入れることをオススメします。出し入れの際には面倒ですが、このようなひと手間がとても大切です。

6.他人を信用しない

  • 写真:まきまき

悲しいことではありますが、これは最も重要なポイントかもしれません。ほとんどの場合、悪人は善人の顔をして近づいてきます。特に旅先で困ってるときなどは人の親切が身にしみて、ついガードが緩んでしまうこともあるでしょう。

ただ外国人は他人であっても驚くほどにフレンドリーで、本当に親切な人もたくさんいます。すべてを見抜くのは難しいので、どんなときでも緊張感を持ち、「もしかしたら…」と疑う気持ちは持っていた方がいいかもしれません。

関連するキーワード

※この記事は2019年3月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

旅のプロが勧める!100円ショップで揃えたい便利旅グッズ10選

日本と世界各地を旅してきた筆者が、100円ショップで事前に揃えておきたい、おすすめの旅グッズをご紹介!忘れると困るもの、突然の旅先でのトラブルを防ぐもの、そのほ...


ビジネスクラスで世界一周を格安で叶える!ワンワールドの世界一周航空券

今回はワンワールドの「世界一周航空券」を使って、「ビジネスクラスで世界一周」を格安で叶える方法をご紹介します。「ビジネスで世界一周なんて高くて到底無理!」と思っ...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...


のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


美味しいタコスが人気!神戸ハーバーランドのおすすめ店、ネイティブアメリカンカフェSUNNY BLESS

神戸ハーバーランドは港のおしゃれな景観に、たくさんのレストランが並ぶ人気の高いスポットです。初めての時はどこに入っていいのか迷ってしまいますが、そんなときはネイ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?