その他

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

取材・写真・文:

神奈川在住

2019年1月20日更新

10,561view

お気に入り

写真:まきまき

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっと…と悩む方に、かんたんな修理方法をご紹介します。

この記事の目次表示

スーツケースはキャスターが命

スーツケースは長期間の旅行や重たい物を運ぶ際に最適ですが、キャスター部分がひとつでも壊れてしまえば、たちまち使い物にならなくなってしまいます。

そして車輪の中心が破損する前には、おそらく外側のゴムが剥がれるケースが多いかと思います。このようにタイヤがむき出しになった状態ではいつ壊れてもおかしくありません。できるだけ早い対処が必要です。

キャスターの修理方法

完全に壊れてしまったなら諦めがつくけど、ゴムが取れただけで買い換えるのは…と迷う方には、以下の方法で修理できます。

1.修理屋に頼む

仕上がりの良さを重視するならば、やはりプロに頼むのが一番です。修理代金は破損の状態によって違いますが、目安としては1ヶ所2,000~6,000円と決してお手頃ではありません。これが4ヶ所ともなると新しく購入した方が早そうです。

2.キャスターごと取りかえる

ここからは自力で修理する方法です。ホームセンターで同じサイズの車輪とネジを買い、交換するやり方ですが、ノコギリで芯を切り取る必要があるので少々手間がかかります。それから車輪のサイズは必ず同じものにしなければいけません。

ただ値段は車輪ひとつ100円くらいで非常に安く、作業そのものはかんたんです。4輪セットになった修理キットも売ってるようなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3.ゴム部分だけ貼りつける

とにかく楽に仕上げたい場合は、表面のゴムだけを貼り付けるやり方があります。強度はやや劣りますが、しっかりとつければそれほど弱々しくもありません。ノコギリを使うのが面倒だ、という初心者の方でも手軽に作業できます。

キャスター表面のゴムの貼り付け方

ここからは上記3番、キャスター表面のゴムの貼り付け方をご紹介します。値段は購入場所や種類によって違いますが、筆者の場合は4輪すべてを修理したので、セメダインスーパーXを2本使い、合計金額は1,400円くらいでした。セメダインが1本で済む場合や、ヤスリとビニールテープは家にあるという場合は、もっと安く済むでしょう。

用意するもの

  • 写真:まきまき
  • 写真:まきまき
  • ゴム板(厚さ2mm)
  • ヤスリ
  • セメダインスーパーX
  • ビニールテープ
  • カッター

1.タイヤの表面にヤスリをかける

  • 写真:まきまき

まずはタイヤ表面の汚れを拭き、軽くヤスリをかけます。あまり念入りにする必要はありませんが、表面がデコボコだったり汚れがついていると、接着が弱くなるのでここできれいに整えます。

2.タイヤの幅のサイズにゴム板を切る

  • 写真:まきまき

タイヤの幅を定規で図り、それと同じ幅でゴム板を切ります。長さはタイヤに紙を巻いて図るか、ゴム板を長めにカットしたあと調整してもいいでしょう。ゴム板はあまり厚みがあると隙間がなくなってしまうので、厚さ2mmのくらいのものでいいと思います。

3.セメダインXでゴム板を接着する

  • 写真:まきまき

セメダインスーパーXは、固まるとゴムのように弾力のある状態になるものです。そのためキャスター補給には最適です。これをタイヤの表面に塗りゴムを巻きつけます。

4.ビニールテープで巻く

  • 写真:まきまき

このまま手を離すとすぐに剥がれてしまうため、ビニールテープを3重くらいに巻いて固定しましょう。位置が定まったらこのまま丸1日放置します。写真は白色のテープですが、タイヤなので黒の方が見栄えがいいかもしれません。

5.テープの表面をコーティングする

  • 写真:まきまき

ビニールテープむき出しのままでは、地面を転がしているうちに破けてきます。それを防ぐために、さらにセメダインスーパーXを表面に塗りコーティングします。このときあまり厚く塗ると、キャスターの奥にセメダインが入り込んでしまうので気をつけてください。そしてタレないように、ときどきタイヤを回しながら乾かしましょう。

1日放置し表面が乾いたら今度はサイドもコーティングします。これは必ずしもやらなくてはいけない作業ではありませんが、細かい隙間を埋めるとより強度が増すので、ビニールテープとタイヤの境目だけでも塗っておくといいでしょう。

セメダインスーパーXはクリア・ホワイト・ブラックの3色あり、上記の写真は白色のセメダインを表面に塗り、実際に使用した後の写真です。そのため汚れて黒くなっていますが、割れや剥がれなどは特にありません。セメダインは合計で数日間放置し、完全に乾かしてから使用してください。

6.キャスターのゴム修理完成!

  • 写真:まきまき

タイヤ交換したときのようにきれいな仕上がりではありませんが、足元だけなのでよく見ない限りは粗さがそれほど目立たないと思います。このスーツケースは13年ものですが、これでもう少し使えそうです。捨ててしまう前に一度このやり方で修理してみてはいかがでしょうか。

なお今回は応急処置的な修理方法をご紹介しましたが、以下の記事では車輪をそっくり交換する方法をご紹介しているので、もっとしっかり直したい人はこちらがおすすめです。

関連するキーワード

※この記事は2018年10月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

揺れないで!飛行機が怖い・苦手な方に試してほしい6つの簡単な対処法

遠方の地に早く向かうのに大変便利な移動手段、飛行機。地上を何時間もかけて移動していた時代が嘘のように、目的地まであっという間に連れていってくれますよね。その便利...

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...

ビジネスクラスで世界一周を格安で叶える!ワンワールドの世界一周航空券

今回はワンワールドの「世界一周航空券」を使って、「ビジネスクラスで世界一周」を格安で叶える方法をご紹介します。「ビジネスで世界一周なんて高くて到底無理!」と思っ...


本当は怖い!海外旅行のお供パスポートが命の次に大切な4つの理由

海外旅行に行く際に真っ先に必要になるものといえばのパスポート。誰もが行き先や持っていくものにこそ目が行きがちですが、実はパスポートには数々の恐ろしい落とし穴が隠...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。
行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...


美味しいタコスが人気!神戸ハーバーランドのおすすめ店、ネイティブアメリカンカフェSUNNY BLESS

神戸ハーバーランドは港のおしゃれな景観に、たくさんのレストランが並ぶ人気の高いスポットです。初めての時はどこに入っていいのか迷ってしまいますが、そんなときはネイ...

日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...


夕暮れの海で癒しの時間、鎌倉・材木座海岸から逗子マリーナまで季節外れのお散歩コース

海水浴やマリンスポーツなどで知られる鎌倉の材木座海岸ですが、本当に美しいと感じるのは季節外れの冬の海です。特に夕陽に染まる水面は、何度見ても心に染み入る感動があ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?