その他

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

取材・写真・文:

神奈川在住

2019年1月16日更新

9,820view

お気に入り

写真:まきまき

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は、車輪を新品に交換する、セルフ修理方法をご紹介します。

この記事の目次表示

スーツケースのキャスターは消耗品

スーツケースは便利な旅のアイテムであり、特にキャスター部分は命ともいえる重要な役割を果たしています。表面のゴムが取れてしまうだけでもかなりのピンチですが、そんなときの対処法として、以下の記事でゴム部分を補充する方法をご紹介させていただきました。

ですが「すでに車輪が割れてしまった」「もっとしっかり直したい」などの場合は、ゴム部分だけでなく車輪ごと取り替えるのがベストです。実はこちらもとてもカンタンにできるので、修理を迷っている方は試してみてください。

スーツケースのキャスターを自力で交換する方法

準備するもの

まずは必要な道具を用意しましょう。ポイントは金具を切るので少々根気がいることと、サイズの合ったゴム車輪とネジを用意することです。

最初に用意するもの

  • 金ノコ(100円)
  • 定規(自宅にあるものでOK)
  • レンチ(なくてもなんとかなります)

「1」の作業後に用意するもの

  • ゴム車輪(サイズや種類によって60〜200円くらい)
  • ボルト(約30〜50円)
  • ナット(約30〜50円)
  • ドライバー(100円)

1. 古いキャスターの軸を切り取る

用意するのは100均の金ノコ

  • 写真:まきまき

まずは金ノコを使います。こちらは刃だけでなく持ち手が付いているものを選びましょう。ホームセンターでは300円くらい(刃のみは100円くらい)で売られていると思います。上記の写真は100均で購入したものですが、これでもまったく問題ありません。

タイヤの隙間に金ノコを入れて切り取る

  • 写真:まきまき

次に金ノコで軸を切り取ります。作業はカンタンですが、硬いものを切るのでちょっと根気が必要です。特に女性はノコギリを使うというだけで躊躇してしまいそうですが、焦らず少しずつ切っていきましょう。

  • 写真:まきまき

切るのは1ヶ所で大丈夫です。キャスター軸そのものはあまり太くはないので、10〜15分くらい削っていれば、そのうちポロッと切り取れるはずです。切れたら車輪を揺らしたりサイドを押したりしていると、軸が飛び出てくるのでこれを完全に取り除きましょう。

2. 交換用キャスターを用意する

  • 写真:まきまき

すべてを取り除いたら、いよいよここに新しい部品をはめていきます。ですがそれらはサイズが合っていなければいけないので、あらかじめ用意するのではなく「軸を切り取ってから用意する」方が間違いがないと思います。

車輪の直径と幅の長さを測る

  • 写真:まきまき

車輪の直径と幅の長さを測ります。このときキャスター表面のゴムが取れている場合は、新品のときより直径が小さくなっています。そのため新品のサイズを想定して測らなければいけません。

ですが車輪自体は直径が40mm、50mm、60mm…といった具合に、10mm単位で売られていることがほとんどです。そのため1mm単位の中途半端なサイズはないので、ある程度は直感でいきましょう。

  • 写真:まきまき

車輪の幅も測ります。既製品の車輪はある程度サイズが決まっているため、幅は古いキャスターと同じにならない場合がありますが、極端に細くなければ問題ありません。ここでは何ミリ以下であれば車輪が回るのかをチェックしてください。

軸の長さも測る

  • 写真:まきまき

次に軸が入る部分の長さを測ります。ここは長すぎず短かすぎず、適した長さが必要です。それから軸を通す穴の直径も測りましょう。キツいと車輪が回らなくなるので、古いキャスターをホームセンターに持っていき、サイズを確かめて買うと間違いないでしょう。

3. 新しい車輪を取り付ける

  • 写真:まきまき

新しく用意したのはこちらの3点です。車輪は種類によって60円〜200円くらいで売られているので、サイズの合った「ゴム車輪」を選びましょう。軸となるボルトは全体の長さではなく、ねじこむ部分の長さで選ぶのがポイントです。そして軸を固定するナットも忘れないよう用意してください。

  • 写真:まきまき
  • 写真:まきまき

後はボルトをはめ込み、ナットをくるくるっと回せば出来上がりです。取れないようにしっかりと固定しましょう。スーツケースを転がしているうちにナットが緩んでこないように、ボンドを埋め込んでもいいかもしれません。

  • 写真:まきまき

完成です!転がしてみた感じもスムーズで、なかなか上手に仕上がっています。表面のゴムだけを補充するやり方と違って、キャスターそのものが新しくなったので、これであと数年使えそうです。

プロが仕上げたよりは手作り感がありますが、キャスターなのでよく観察しない限りはわかりません。できれば何かしらの不具合が起こる前に、交換をしておくと安心ですね。修理に出すよりかなり安く仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてください。

関連するキーワード

※この記事は2019年1月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...


揺れないで!飛行機が怖い・苦手な方に試してほしい6つの簡単な対処法

遠方の地に早く向かうのに大変便利な移動手段、飛行機。地上を何時間もかけて移動していた時代が嘘のように、目的地まであっという間に連れていってくれますよね。その便利...

ビジネスクラスで世界一周を格安で叶える!ワンワールドの世界一周航空券

今回はワンワールドの「世界一周航空券」を使って、「ビジネスクラスで世界一周」を格安で叶える方法をご紹介します。「ビジネスで世界一周なんて高くて到底無理!」と思っ...


本当は怖い!海外旅行のお供パスポートが命の次に大切な4つの理由

海外旅行に行く際に真っ先に必要になるものといえばのパスポート。誰もが行き先や持っていくものにこそ目が行きがちですが、実はパスポートには数々の恐ろしい落とし穴が隠...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...


のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

美味しいタコスが人気!神戸ハーバーランドのおすすめ店、ネイティブアメリカンカフェSUNNY BLESS

神戸ハーバーランドは港のおしゃれな景観に、たくさんのレストランが並ぶ人気の高いスポットです。初めての時はどこに入っていいのか迷ってしまいますが、そんなときはネイ...


チェコ旅行に必要な出発前の準備と現地情報

芸術の国チェコ共和国。街には数々の歴史的建造物が建ち並び、郊外には美しい田舎の風景が広がっています。ヨーロッパにはステキな場所がたくさんありますが、中でもチェコ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?