ボリビア
ボリビア観光
世界の人々を魅了する奇跡の絶景”ウユニ塩湖”

絶景写真の宝庫!ウユニ塩湖の観光スポットとおすすめフォト6選

取材・写真・文:

トラベルライター

2020年10月9日更新

5,018view

お気に入り

写真:トラベルライター

ウユニ塩湖といえば、水鏡に空が反射した幻想的な場所として日本でも徐々に知名度を上げている絶景スポットです。ウユニ塩湖はボリビアという南米の国にあり、日本から行くのはなかなか難しいですが、せっかく行くのであればインスタ映えする絶景写真をたくさん撮りたいですよね。今回は、ウユニ塩湖周辺で絶対訪れたい観光&フォトスポット6選と撮影アイデアをご紹介します。

この記事の目次表示

ウユニ塩湖とは

  • 写真:トラベルライター天空の水鏡

ウユニ塩湖は、南米マチュピチュなどがあるペルーのお隣の国、ボリビアの西部ウユニという村から車で約1時間で行ける広大な塩原です。どのくらい広大かというと、面積は1万平方キロメートルを超え、ベルギーの国土と同じくらいの大きさとなっています。

  • 写真:トラベルライターウユニ塩湖の水鏡

標高は約3,700mと富士山に匹敵する高さとなっているため、高山病になる可能性があります。先にペルーなど少し標高の低いところを訪れ、徐々に体を慣らしてからウユニ塩湖に行かれることをお勧めします。

また標高が高く白い平地の為、日差しが強く照り返しも眩しいです。日焼け止め、サングラス、帽子は必須です。さらに昼間と夜の寒暖の差が激しいので、ダウンコートや手袋を準備するほか、脱ぎ着しやすい服装で行きましょう。

ウユニ塩湖までの行き方

  • 写真:トラベルライターウユニ村

日本からはアメリカ等を経由してボリビアのラパスへ飛びます。そこから夜行バスで10時間の悪路を走行して行くか、オルーロから列車で約6時間掛けて行くこともできますが、2011年にラパス~ウユニ間で国内線が就航したので、ウユニまで約1時間で飛ぶこともできます。ウユニ村と空港は近く、ウユニ村から車で約1時間でウユニ塩湖へ行くことができます。

  • 写真:トラベルライター迷わないようガイドさんと一緒に!

広大で道しるべが何もないウユニ塩湖を観光するには車が水没したり、迷う可能性がありますので、ご自身で運転して観光するのではなく、必ず現地の観光ガイドと一緒に訪れましょう。

ベストシーズン

  • 写真:トラベルライター上下対称の世界は神秘的!

ウユニ塩湖がテレビや雑誌で見るような水鏡になるには、以下の条件が必要になります。

  • 水が張っていること
  • 晴れていること
  • 風が無いこと
  • 写真:トラベルライター塩の山が並びます

水が張るには夏で雨季である1~3月頃に訪れる必要があり、雨季なのに晴れていて風が無いことが条件となっているため、全ては運次第となります。もちろん乾季のウユニ塩湖も雪原のように素敵です。雨季には行けない場所に行くこともできるため、どの季節でも素晴らしい景色が待っています。

  • 写真:トラベルライター雨季でも乾いた塩原も観ることができます。

筆者は12月末に2日間訪れましたが、運良く水が張っていて晴天で風もそこまで無く、絶好の撮影日和となりました。さらに水鏡も観ることができ、雨季には行けない場所にも行けたことから、雨季と乾季の変わり目に行くのが一番オススメです。

観光スポットとおすすめフォト6選

【1】ウユニ塩湖の天空の水鏡と朝日、夕日、星空

  • 写真:トラベルライター水鏡に映るサンライズ

天空の水鏡と言われるウユニ塩湖。空と水鏡に映る空の上下のシンメトリーは、自分が異世界にいるのではないかと錯覚を起こす程幻想的です。もちろん昼間の青空の水鏡は自分が空にいるように感じとても圧巻ですが、赤く染まる空や星空を映す水鏡はさらに感動を与えます。

  • 写真:トラベルライターキレイ過ぎて写真撮られずにはいられません!

サンセット、サンライズ、星空の水鏡を観るにはツアーに申し込む必要がありますが、うっとりするような赤い空と水鏡の世界は一見の価値あり!同じ空は二度とありません。ちなみにサンセットタイムには、ワインを飲みながらロマンティックなひと時を過ごすこともできます。

  • 写真:トラベルライター赤ワインと一緒にサンセットを♡

朝は比較的風が無いことが多いので、ベストショットを撮るにはサンライズがオススメです。暗い星空から太陽が出るまでの時間は、魔法に掛かったよう♡夢中でシャッターを切ってしまうこと間違いなしです。

残念ながら、筆者が訪れたときは満月だったために星空のツアーには参加しませんでした。星空の水鏡を観たい方は、月光の影響を受けると星空がキレイに観られない為、予め新月の時にウユニ塩湖に行けるよう予定を立てましょう

  • 写真:トラベルライターピンク色に染まる空
  • 写真:トラベルライターサンライズを背景に自分も上下対称に!

【2】インカワシ島の巨大サボテンと大パノラマ

  • 写真:トラベルライターウユニ塩湖に浮かんで見えるインカワシ島

ウユニ塩湖に現れるサボテンの島、インカワシ島(別名:魚の島)は、昔海底にあったウユニ塩湖のサンゴ礁の島です。インカワシ島にはサボテンが無数に生えており、サボテンは一年に1cmしか成長しないにもかかわらず、5mを超える巨大なサボテンがたくさん!雨季で雨が大量に降った場合はインカワシ島に行くことができない場合もありますが、乾季には必ず行ける場所となっています。

  • 写真:トラベルライターココから頂上めがけて登ります。
  • 写真:トラベルライターサボテンの花

インカワシ島は30分から1時間程で頂上に登ることができる低い島ですが、ウユニ塩湖の標高は高いので一歩一歩ゆっくり頂上へと登りましょう。頂上からの景色は360度の大パノラマ!水鏡のウユニ塩湖と乾いた塩原どちらも観ることができます。

  • 写真:トラベルライター頂上から望むトゥヌパ火山
  • 写真:トラベルライター頂上から撮る水鏡も別格!

【3】トゥヌパ火山のフラミンゴ

  • 写真:トラベルライターフラミンゴ

ウユニ塩湖にいれば必ず見えるトゥヌパ火山の麓には、リャマがたくさん放牧されており、そこにフラミンゴがいることがあります。雨季で雨が大量に降るとトゥヌパ火山の麓まで行くことができない場合もありますが、乾季には行くことができる場所となっています。

  • 写真:トラベルライタートゥヌパ火山の麓にはリャマがいっぱい
  • 写真:トラベルライターフラミンゴが飛ぶ瞬間

水辺にいるピンクのフラミンゴも、白と青の水鏡に映って上下対称に!野生のフラミンゴは警戒心が高いので、望遠レンズで撮りましょう。

  • 写真:トラベルライターウユニ塩湖にいるフラミンゴ
  • 写真:トラベルライター水鏡に映るフラミンゴ
トゥヌパ火山
ボリビア / 自然・景勝地
住所:Volcàn Tunupa地図で見る

次のページを読む

ボリビアの旅行予約はこちら

ボリビアのパッケージツアーを探す

ボリビアのホテルを探す

ボリビアの航空券を探す

ボリビアの現地アクティビティを探す

ボリビアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ボリビア】まるで月に降り立ったかのよう!ラパス郊外絶景・月の谷

突然ですが、月の表面を想像してみてください。月の表面は、白くてボコボコしているイメージですよね。一生のうちに、月に行くことができるかはわかりませんが、もし地球上...


1位は鬼の洗濯板!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2020年1月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2020年1月の1位はトリップノートトラベラー明日未さ...

1位はアルベロベッロ!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2020年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2020年5月の1位はトリップノートトラベラーMaru...

知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...

【ボリビア】次は思い切ってウユニ塩湖に行こう!現地おすすめツアー会社2選

近年日本人に大人気のボリビアの秘境「ウユニ塩湖」。日本発のツアーを予約すると何もかも高い。。。そんなあなたには、是非とも現地ツアーをおすすめします!

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります