ボリビア
ボリビア
世界の人々を魅了する奇跡の絶景”ウユニ塩湖”

【ボリビア】まるで月に降り立ったかのよう!ラパス郊外絶景・月の谷

2018年2月22日更新

200view

お気に入り

突然ですが、月の表面を想像してみてください。月の表面は、白くてボコボコしているイメージですよね。一生のうちに、月に行くことができるかはわかりませんが、もし地球上に、月を連想させるような大パノラマが存在するとしたら・・行ってみたいと思いませんか??そんな場所の一つが、ウユニ塩湖で有名なボリビアの最大都市ラパスから、車で1時間もかからず訪れられる「月の谷」。ウユニ塩湖のついでではもったいないくらいの、地球の神秘です!

いざ、月の谷へ

月の谷は、そのあたりの地帯に多い粘土層が長い年月をかけて侵食されて、硬い部分が残り、刺々しい凸凹した地形となっています。

  • 「女性の帽子」

地形に詳しい人なら、よりワクワクするかもしれません。

  • 月の谷入口

月の谷前には小さな駐車スペースがあります。ゲートから、いざ月の谷へ。

  • 月の谷通路

月の谷敷地内にはルートがあるので、道に迷う心配はありません。多少の上り下りはあるので、動きやすい靴・服装で行くようにしましょう。

少し登ると、眼下に月の谷が360度、見渡す限り広がります!しかも、ただ月の谷が広がっているだけでなく、4,000m弱の標高のため、雲も近く感じられます。

  • 雲が近い

この圧倒的なスケールの月の谷と、ダイナミックな雲のコラボレーションは、絶景ウユニ塩湖の陰に埋もれさせていてはもったいない、ボリビアの宝です。

まだまだ知名度は高くないので、観光客が多い場所は嫌い、という方にはぴったりな穴場です。のんびりと絶景を楽しむことができます。

私が訪れたときはたまたま、中高年の日本人グループとすれ違いましたが、人はまばらです。観光客が少ないながらも、トイレは綺麗に整備されており、そういう意味でも、訪れやすい穴場ですね。

自分が標高4,000m付近で悠久の大地の歴史を目の当たりにしていることを、風に吹かれ、静かに感じることができるは、この月の谷ならではです。

月の谷へ行くにはバスツアーがオススメ

月の谷に興味を持ったあなた、どうやって月の谷へ行くか気になりますよね?ミニバスやタクシーで行くこともできますが、ここでは断然、ラパス市内からのバスツアーをオススメします!

このツアーは毎日開催しており、予約なしで誰でも参加することができます。ツアー代金は大人1人約1,000円です。また、バスは1日に複数本出ていますが、時刻表通りに発着するとは限らないので、時間に余裕を持ってバス停に行くのがオススメです。

  • プラサ・イサベル・ラ・カトリカ

高層ビルに囲まれた広場「プラサ・イサベル・ラ・カトリカ」が出発地点です。バス停などはないので、事前にホテルなどで場所と出発時間を確認しておけるといいです。

バスのルートは2種類あり、一つが、ラパス市内中心部を回るコース、もう一つが月の谷へ行くコースです。

  • 赤い2階建ての観光バス

乗車前に後述のスーパーマーケットで買い物をし、バスへ乗車。このバスは2階建てなので、天候が悪くなければ、見晴らしの良い2階席がオススメです。ラパスの街並みがよくわかります。

  • バスからの眺め

乗客はまばらだったので、ゆったりと過ごすことができました。ラパスはすり鉢状の都市で、標高の低めな地点にある街の中心部から、どんどんバスは標高を上げながら走行します。

さらにこのバスの嬉しいところは、日本語をはじめとした7ヶ国語のガイドがイヤホンで聴けること!

  • 7ヶ国語の音声ガイド

スペイン語、英語、イタリア語、ポルトガル語、フランス語、オランダ語といったヨーロッパの言語に加え、日本語が採用されています。日本人としては、母国語が選ばれていて嬉しいですね。音声の質は良く、ボリビアの歴史や文化が学べて、実りの多いバス旅でした。

プラサ・イサベル・ラ・カトリカ
ボリビア / 公園・動植物園
住所:Plaza Isabel La Católica, La Paz, Bolivia

ツアー前後に時間があれば「スペルメルカードス・ケタル」での買い物も

月の谷ツアーの出発点「プラサ・イサベル・ラ・カトリカ」の近くには、「スペルメルカードス・ケタル」というスーパーがあります。ツアー前後に時間があれば、こちらに立ち寄ってみるのもオススメです。

私がツアーに参加した際は、近くの露店の女性に訊いたところ、次の月の谷コースのバスまで30分ほど時間があったので、こちらのスーパーで買い物をしました。

  • スペルメルカードス・ケタル

こちらのスーパーは人口80万人ほどの大都市のチェーン店なだけあり、品揃えは豊富です。ボリビアのお菓子や飲み物などのお土産を買うなら、こういうスーパーが安くて安心ですね。

スペルメルカードス・ケタル
ボリビア / スーパーマーケット
住所:Av Arce N° 2588, esq. Macario Pinilla, Av. Arce, La Paz, Bolivia
電話:2 2432943
Web:https://www.ketal.com.bo/

終わりに

絶景月の谷と、月の谷コースの観光バスはいかがでしたか??ボリビアは日本から見て地球の反対側。なかなか行ける場所ではありません。その分、せっかくのボリビア旅行、南米旅行は充実したものとしていただきたい。

南米と言えば、マチュピチュやウユニ塩湖が絶景として絶大な人気を誇っています。しかし、その2つ以外にも、南米にはたくさんの見所があり、しかもこの「月の谷」のように、大都市ラパスからのアクセスがバッチリな穴場があります。

  • こんな絶景からも街は遠くない

どうせ南米までわざわざ行くのだから、人とはちょっと違った絶景を観て、自分の旅を友達に自慢しちゃいませんか??

月の谷
ボリビア / 自然・景勝地
住所:Valle de la Luna, La Paz, Bolivia
電話:78937547

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月2日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...

【ボリビア】次は思い切ってウユニ塩湖に行こう!現地おすすめツアー会社2選

近年日本人に大人気のボリビアの秘境「ウユニ塩湖」。日本発のツアーを予約すると何もかも高い。。。そんなあなたには、是非とも現地ツアーをおすすめします!

【ボリビア】君は無事に帰って来られるか?!「デス・ロード(死の道)」を駆け抜ける冒険ツアー

ボリビアのラパスから、日帰りで楽しめる大冒険ツアーをご紹介します。そのツアーの向かう先は「デス・ロード(死の道)」。過去に何人も死者が出たことから名付けられた山...

ベストシーズンは雨期!幻想的な”天空の鏡”ウユニ塩湖を100%楽しむコツ!

テレビや雑誌などでたくさん紹介され一躍有名な観光スポットとなった大人気のウユニ塩湖。南米ボリビアにある世界最大の塩湖です。今回は、このウユニ塩湖についてご紹介し...

絶景写真の宝庫!ウユニ塩湖の観光スポットとおすすめフォト6選

ウユニ塩湖といえば、水鏡に空が反射した幻想的な場所として日本でも徐々に知名度を上げている絶景スポットです。ウユニ塩湖はボリビアという南米の国にあり、日本から行く...



この記事を書いたトラベルライター

インドのIT企業に勤めるバックパッカー
南インド・チェンナイ在住/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドの荒波に揉まれながら、日々をのんびり楽しく過ごしてます^^/チェンナイの知名度を上げて、「チェンナイ-東京」直行便就航へつなげることが、密かな野望
http://zipanger777.com

最先端多文化共生都市!コリアンタウンなだけではない新大久保の今

JR山手線の駅で、新宿の隣に位置する「新大久保」。2002年の日韓ワールドカップや、ヨン様などの韓流ブームで賑わった、コリアンタウンとして有名な街です。現在でも...

行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...

【オマーン】まるでディズニーシー!?な街並みのマスカット見所5選

あなたは「オマーン」と聞いて、どこにあるかピンときますか??オマーンはオイルマネーで潤うアラビア半島の南東に位置します。そのオマーンの首都がマスカットであり、都...

【保存版】車社会オマーン・マスカット観光に役立つ乗り物5種比較!

オマーンの首都マスカットを観光したい!と思った方、お目が高いです。まだまだ日本人観光客が少ない、東京ディズニーシーを想起させるような美しい港町は、確実に穴場です...

【南インド】ジンジーフォート・知る人ぞ知る天空の城

『天空の城ラピュタ』のモデル、と言われる場所は世界中にいくつもあります。その一覧に載ってこそいないものの、9世紀より岩山にそびえ立つ天空の城が南インドにあります...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?