ボリビア
ボリビア観光
世界の人々を魅了する奇跡の絶景”ウユニ塩湖”

【ボリビア】次は思い切ってウユニ塩湖に行こう!現地おすすめツアー会社2選

取材・写真・文:

ニュージーランド在住
訪問エリア:25ヶ国

2018年9月6日更新

5,305view

お気に入り

近年日本人に大人気のボリビアの秘境「ウユニ塩湖」。日本発のツアーを予約すると何もかも高い。。。そんなあなたには、是非とも現地ツアーをおすすめします!

この記事の目次表示

ウユニ塩湖(Uyuni salt lake・Salar de Uyuni)とは?

日本の真裏、南米はボリビア西部にある、近年日本人に大人気の塩でできた大地の観光スポットです。書店にはウユニ塩湖の写真集が置かれていたり、テレビで特集されたりと、認知度も日に日に上昇しています。

有名なのは、鏡張りの景色ですね。日本からもウユニ塩湖を訪れるツアーがたくさん組まれています。近年では、卒業旅行などに選ばれることも多いようで、筆者が訪れた際は多くの学生がいました。

今回は、私が2016年に訪れた際の情報を元に、オススメの現地ツアー会社の情報をお届けいたします。

現地ツアーに参加する際の豆知識:お得に行くならみんなでいこう!ツアー参加申し込みのあれこれ

ウユニの村には、たくさんのツアー会社が存在します。まずはじめに現地のツアー会社に関する豆知識をご紹介します。※ほとんどの会社に共通する知識ですが、現地でも要確認することをおすすめします。

それはずばり、同じツアーの参加者を集めることです。

まず、ほとんどのツアー会社の壁には、一緒にツアーに参加してくれる人を募集した紙が貼られています。

  • 写真:トントントラベル合同ツアー参加者募集の貼り紙

というのも、車のチャーター代+その他長靴代レンタル等がツアー料金のため、人数を多く集めれば(定員は8名)、その分価格が安くなるという仕組みなのです。ということで、一人旅や少人数の旅行者は、何組か合同で行く方がお得ということになります。

雨期の12月〜3月ともなれば、日本人もたくさんいますので、様々な種類のツアーで日本人による募集の張り紙がされています。不安であれば日本人の名前を探しましょう!

また、どの会社でもチリのアタカマ砂漠やラグーナ・コロラダなどに立ち寄るものや、そのままウユニ塩湖を抜けるツアーなど、ツアー内容のバリエーションは豊富なので、時間があれば挑戦してみましょう。

格安で楽しめる現地ツアー会社その⑴日本人向け?「ブリサツアー」(Brisa tours)

ウユニ塩湖を訪れた多くの日本人が利用しているツアー会社は「穂高ツアー」と「ブリサツアー」。

そのうちの一つで、筆者が申し込んだ「ブリサツアー」は、日本語勉強中のボリビア人の方が受付してくださり、その他荷物を預かってくれたり、旅の仲間が携帯を充電させてもらったりと・・・本当にお世話になりました。

こちらのツアーで筆者が参加したのは、次の2つのツアー。

①デイタイム+サンセットツアー(PM2:00-PM20:00)
 料金:1,120Bs(ボリビアソル)=約18,365円→一人あたり約2,295円(2017年5月現在)

②スターライト&サンライズツアー(PM23:00-AM8:00)
 料金:1,970Bs(ボリビアソル)=約32,302円→一人あたり約4,037円(2017年5月現在)

※どちらも車のチャーター代+長靴レンタル込み

貼り紙をしたところ、無事に定員の8人を集めることができ、格安ツアーで行くことができました。

今回は、筆者はたくさん見たくて2つのツアーを組み合わせた結果、夜通しの長時間ツアーになりましたが、選びようで様々なアレンジができますので、体力がない場合は、1日おきにツアーを申し込むのもアリです。

早速「ブリサツアー」で申し込んだ2つのツアーの詳細をご紹介します。

①デイタイム+サンセットツアー!

午後2時:集合・出発

ブリサツアー前にて車に乗り込み、運転手さんの家で長靴を履き変えます。その後、いざ目的のウユニ塩湖へ!

  • 写真:トントントラベルウユニ塩湖に行くまでの道中の景色

お目当ての景色を待ちわびていると・・・塩湖に到着!続々と他のツアー会社もやってきます。

バスもやってくるほどの大盛況です。

第一の撮影ポイントに到着!

まず、第一の撮影ポイント、乾いた塩湖に到着!

鏡張りばかりがフューチャーされがちですが、乾いた塩の白と空の青だけの世界も、これまたこの世のものとは思えない景色です。

運転手さんは、日本人の好みを知り尽くしているので、たくさんのトリックアートを撮影してもらうことができます。

第二の撮影ポイントに到着!

水が張ったポイントに行く前に、各国の旗が立てられている場所へ。

最近は、このスポットや鏡張りスポットでウェディングフォトを撮影する日本人カップルが多いようで、筆者のツアーの時も、一組の日本人カップルが撮影中でした。

第三の撮影ポイントに到着!

日が暮れる前に、いざ鏡張りポイントへ。

念願の鏡張りを見て、本当に感動しました。

  • 写真:トントントラベル運転手さんが写真の撮り方を指示してくれます!

ここでもまた運転手さん監修のトリック写真撮影会があります。日が暮れるまで撮影することができ、時間を忘れるほど景色の変化に目を奪われます。

②スターライト&サンライズツアー!

午後11時:集合・出発

再びブリサツアーに集合。またまた運転手さんのお家にて長靴に履き替え、いざ塩湖へ!

ほぼ真夜中ということで、あたりは真っ暗。そして、数え切れないほどの満天の星!!筆者が訪れた際は月の見えない新月の時期だったので、流れ星が流れ放題でした。本当に言葉では表せない景色です。残念ながら、筆者のカメラの性能上、ストロボ写真が精一杯でした。

ぜひ皆様裸眼で見てください!

そのまま朝まで塩湖の上にて撮影会と睡眠。一つ注意点は、夜とてつもなく冷え込みます。ウルトラライトダウン一つではとても無理でした。8人が団子になって車で寝ていましたが、それでも寒かったです。防寒対策をしっかりとしておきましょう!!

早朝

朝日が昇り始め、光が戻ってきます。

  • 写真:トントントラベル朝陽が出てくる瞬間

昼の表情と、早朝の表情はまた色味が違ってステキでした。

  • 写真:トントントラベル早朝のウユニ塩湖

椅子をつかって様々なトリック写真を撮影してもらうことができました。

※塩湖の上になると、ほぼトイレには行けないと思ってください。必ずツアーが始まる前に済ませておきましょう。

ブリサツアー
ボリビア / その他スポット
住所:Avenida Ferroviaria 332, Uyuni, ボリビア地図で見る
Web:https://www.facebook.com/uyuni.brisatours/

次のページを読む

ボリビアの旅行予約はこちら

ボリビアのパッケージツアーを探す

ボリビアのホテルを探す

ボリビアの航空券を探す

ボリビアの現地アクティビティを探す

ボリビアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...


絶景写真の宝庫!ウユニ塩湖の観光スポットとおすすめフォト6選

ウユニ塩湖といえば、水鏡に空が反射した幻想的な場所として日本でも徐々に知名度を上げている絶景スポットです。ウユニ塩湖はボリビアという南米の国にあり、日本から行く...

【ボリビア】君は無事に帰って来られるか?!「デス・ロード(死の道)」を駆け抜ける冒険ツアー

ボリビアのラパスから、日帰りで楽しめる大冒険ツアーをご紹介します。そのツアーの向かう先は「デス・ロード(死の道)」。過去に何人も死者が出たことから名付けられた山...

ベストシーズンは雨期!幻想的な”天空の鏡”ウユニ塩湖を100%楽しむコツ!

テレビや雑誌などでたくさん紹介され一躍有名な観光スポットとなった大人気のウユニ塩湖。南米ボリビアにある世界最大の塩湖です。今回は、このウユニ塩湖についてご紹介し...

【ボリビア】まるで月に降り立ったかのよう!ラパス郊外絶景・月の谷

突然ですが、月の表面を想像してみてください。月の表面は、白くてボコボコしているイメージですよね。一生のうちに、月に行くことができるかはわかりませんが、もし地球上...

この記事を書いたトラベルライター

水と旅と友達が生きがいな自由人
はじめまして。
トントントラベルと申します。
滝や川、渓谷などの水が大好きで、国内外にマイナスイオンを求めて旅をしています。
夢はダイエットしながら旅をすること。現在25カ国、26都道府県制覇中!
オーストラリアの2年間のワーキングホリデー生活を終えて、現在ワーホリ3カ国目のニュージーランドにて、新たな生活をはじめています。
現地情報から今まで旅した場所まで、皆様のお役に立てる記事を作成したいと思っております。
留学・バックパッカー等の質問もぜひぜひお役に立てていければと思っております。
どうぞよろしくお願いします。
https://ijustwannasaythankyou.amebaownd.com/

【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


【カナダ】トロントと言ったらココ!定番の楽しみ方8選

カナダ屈指の大都市トロント!せっかく楽しむなら、ここは行くべき!という定番スポットを、留学経験があり、2016年・2017年と立て続けに訪問しているトロント大好...


【ペルー・マチュピチュ】行く時に確認すべき7つのコト

世界遺産のひとつとして有名なマチュピチュ!人生で一度は訪れてみるべきスポットです。今回は2016年に現地を訪れた筆者が実際に体験し実感した、行く前に確認しておく...

【アメリカ】ニューヨーク行くならここ!定番スポット12選!

エンターテインメント都市ニューヨーク!有名な観光地だけど、どこを抑えればいいのかわからない!そんなあなたにぜひオススメな定番スポットをご紹介致します。

【オーストラリア・パース】フリーマントルならここ!おすすめ厳選スポット8選

西オーストラリア最大の都市パース。そこから電車で約30分ほどの場所にある、観光地として特に有名なのが港町フリーマントル。今回は、パースに1年滞在し、パースを歩き...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?