ベルギー最大級のフラワーイベント【ブリュッセル・フロラリア】を見に行こう!

312

view
   2017年3月23日更新

2004年から春を彩るイベントとしてスタートした【ブリュッセル・フロラリア】。ブリュッセル中心部から約8kmのところにある「グロート・ベイハールデン城(Groot-Bijgaarden)」の庭園を舞台に、毎年4月上旬から5月上旬の1か月間だけ開催・公開される花の祭典です。14ヘクタールの広大な庭園に色とりどりの花々が咲き誇る【ブリュッセル・フロラリア】に皆さんも行ってみませんか。今回は、その魅力と行き方、ブリュッセルのオススメ観光情報を皆さんにお伝えします。

【ブリュッセル・フロラリア】とは

今年で14回目を迎えるベルギー最大級のフラワーイベントで、毎年4月上旬から5月上旬の1か月間「グロート・ベイハールデン城」で開催されます。

最大の目玉は、400種ともいわれるチューリップです。14ヘクタールの広大な庭園に色とりどり・多種のかわいいチューリップが咲き誇ります。

チューリップ、スイセン、ヒヤシンス、ムスカリなど色鮮やかな春の花々が彩る庭園の遊歩道をのんびりお散歩したり、所々に置かれたベンチに腰かけてゆっくりお花見を楽しんだり、思い思いに過ごすことができます。

グロート・ベイハールデン城について

樹齢100年以上のブナの木や大きなお堀に囲まれた素朴なお城は、17世紀に建てられたフランドル・ルネッサンススタイルのお城です。赤レンガの横長のお城で、向かって右端が教会です。このブリュッセル・フロラリアの期間は教会や一部内部の見学も可能です。

こちらのグロート・ベイハールデン城は1年で1ヵ月間、ブリュッセル・フロラリアの期間のみ公開されるお城で、残りの11カ月は庭師が次のフロラリアの準備をする期間になっているそうです。

庭園の起源

1731年当時流行していたベルサイユ宮殿のようなフランス式庭園を造らせたのが始まりと言われています。1902年には庭園の一部が英国式庭園に造りかえられ、現在の形になったそうです。遊歩道の途中にはいくつかの橋が架かり、また庭園の所々に小さな建物があったりとお散歩していても飽きずに楽しむことができますよ。

  • 3匹のこぶたに出てきそうなかわいいレンガの家。

アクセス

ブリュッセルからグロート・ベイハールデン城への行き方:
ブリュッセルセントラル駅(中央駅)から電車で約20分、Groot Bijgaarden駅(グロート・ベイハールデン駅)下車。こちらは無人駅です。

電車のドア開閉は手動のため、開け方が分からなくて降りそびれそうになるので注意が必要です。(新型車両の場合はボタン式、旧型車両の場合はドアの取っ手を引いて開閉します)電車が1時間に1本ほどしか走っていないため、時刻表で帰りの電車のチェックを忘れずに。

ブリュッセル中央駅

ブリュッセル / 駅・空港・ターミナル

 

住所:Kantersteen 15 1000 Brussel

グロート・ベイハールデン駅

ブリュッセル / 駅・空港・ターミナル

 

住所:1702 Dilbeek ベルギー

電車を降りてからお城までは15分ほど歩きます。十分な標識はありませんが、この駅で降りた人のほとんどがグロート・ベイハールデン城へ向かいますので、人の流れと同じ方向へ歩いていけば辿りつけると思います。15分ほど歩いたところで、お城の門が見えてきます。

  • お城の入口。

橋を渡る手前の苔むした可愛らしい建物がチケット売り場です。こちらでチケットを購入し入場しましょう。

ブリュッセル・フロラリア

ブリュッセル / イベント・祭り

 

住所:Isidoor Van Beverenstraat 5, 1702 Groot-Bijgaarden, België

Web:http://www.floralia-brussels.be/en/

【ブリュッセル観光】のオススメ

1. 世界遺産【グラン・プラス】

市庁舎(写真上)・ギルドハウス・市立博物館などの華麗な建物に囲まれた「世界一美しい広場」と呼ばれているグラン・プラス。14世紀から政治・経済の中心になっています。

グラン・プラスに面して「ノイハウス」や「ゴディバ」など有名な高級チョコレート屋さんも並んでいます。

グランプラス

ブリュッセル / 観光名所

 

住所:1000 Brussels

2. 小便小僧(ジュリアンくん)

1619年彫刻家ジェローム・デュケノアによってつくられたブロンズ製の彫像で、ブリュッセル最長寿市民だそうですよ。身長は56cmとかなり小さいですが、ジュリアンくんは世界中から贈られた650着以上もの衣装を持っているそう。グラン・プラスに面したブリュッセル市立博物館(王の家)に展示・保管されています。日本から贈られた桃太郎の衣装なども見れますよ。

ジュリアンくんは、グラン・プラスから歩いて5分とかからない路地の角に立っています。多くの観光客がその姿をカメラに収めようと群がっているのですぐに分かると思います。(写真のジュリアンくんは春のお祭りhalpoのピエロの衣装を着ています)

小便小僧

ブリュッセル / 観光名所

 

住所:Lievevrouwbroersstraat 31, 1000 Brussels, Belgium

Web:http://www.brussel.be/4328

【ブリュッセルグルメ】のオススメ

1. ワーテルゾーイ

「ワーテルゾーイ」とはベルギー風クリームシチューといったところでしょうか。ベルギーのゲントが発祥の地とされる郷土料理です。本来は川魚を使う料理だったそうですが、今では鶏肉が主流のようです。

写真は地元のローカルカフェで食べた時のものですが、ワーテルゾーイ自体は、ベルギーのどのレストランにもあるほど定番のメニューと言えます。ベルギーに来たなら、1度は食べていただきたい1品です。

2. ベルギーワッフル(ブリュッセル風)

ベルギーといえばやはりベルギーワッフルですね。日本で流行った楕円形で甘みのあるリエージュ風ベルギーワッフルもとてもおいしいですが、ブリュッセルに来たら是非ブリュッセル風ベルギーワッフルを食べてみてください。長方形の生地は味は薄めですが、上にクリームやフルーツ・ジャムなどをたっぷりのせていただきます。

人気ベルギーワッフルをいただくなら「Dandoy(ダンドワ)」。グラン・プラスから歩いて数分の場所にあります。

メゾン・ダンドワ

ブリュッセル / スイーツ / カフェ・喫茶店

 

住所:Rue Charles Buls 14, Bruxelles

電話:(02)5126588

Web:http://www.maisondandoy.com/

皆さんも春のベルギー旅行に出かけませんか?

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2012年4月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
アウトドア大好きトラベラー

とにかく旅が好き。海外でも国内でも「旅行に行こう!」そう思っただけでワクワクします。色々計画を立てたり、しおりを作ったり、旅から帰ってフォトブックを作ったり・・・。1つの『旅』を毎回3回(行く前・旅行中・帰ってきたあと)楽しんでいます。そんな私のオススメを少しでも皆さんに伝えることができれば、そして皆さんの旅がより楽しいものになれば、本当に嬉しいです。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!