ケアンズ
ケアンズ
グレートバリアリーフの玄関口

【オーストラリア】ケアンズ市民の憩いの場 エスプラネードラグーンでくつろぎの1日を

2018年5月4日更新

339view

お気に入り

オーストラリア大陸北東に位置するケアンズ。グレート・バリア・リーフの玄関口としても知られるこの町は海だけでなく、熱帯雨林や大自然まで、見所がたくさんです。オーストラリアで見たいもの全てが揃うといっても過言ではありません。海沿いを散歩するとゆったりと流れる時間にリラックス。そんな素敵な時間が流れるケアンズには、町中に突如現れるラグーンがあるって皆さんはご存知ですか?

ケアンズには泳げる海がない?

ケアンズは、オーストラリアの北東。グレート・バリア・リーフの玄関口となるため、多くの人がビーチのイメージを抱くのではないでしょうか?

もちろん足を伸ばせば、そこにはグレート・バリア・リーフが広がり、世界遺産の海を堪能できます。しかし、意外にもケアンズ市内には泳げるビーチはないんです。

ケアンズの町中に突如現れる憩いの場

ビーチのないケアンズですが、そこはご安心ください。実は、ケアンズの町中に市民の憩いの場ともいえる「エスプラネードラグーン」があるんです。

ケアンズの観光の中心である海沿いのエスプラネードストリートの入り口にあるのが、このラグーンといわれるプール。いきなり現れる魚のモニュメントにつられて中に入ると、そこには憩いの楽園が。ケアンズ市民から観光客まで多くの人がここに集ってケアンズに吹く自然の風と、自由な雰囲気を感じながら思いおもいの時間を過ごしています。

  • 魚のモニュメントがラグーンの目印です

ただのプールじゃない!!エスプラネードラグーンのすごいところ

  • 水深の表示もあるので子ども連れでも安心

町中にあるプールだからといってあなどるなかれ。こちらのラグーン、ただの町のプールとは一味違うんです。「エスプラネードラグーン」のどんなところが、ただの町中のプールと違うのか?幾つかピックアップしてご紹介していきますね。

砂浜に芝生。プール沿いはもはや快適なビーチ?!

  • 地元オージーも芝生で談笑

こちらのラグーン。ただプールがあるだけでなく、プール沿いには人工の砂浜や芝生があるんです。実際に行ってみると、砂浜にタオルを敷いて日光浴をしたり、芝生で座って友達と談笑したり。寝っ転がって本を読んだり。そんな地元オージーのリラックスした姿がたくさんありました。

一般的なプールの無機質なプールサイドと違うので、プールを利用するだけでなくプールサイドでケアンズの風を感じながらリラックスした時間が過ごせます。もはやここはプールというよりもビーチと呼ぶにふさわしい。それがエスプラネードラグーンのすごいところなんです。

ビーチよりも安心・安全

  • プール沿いにはライフガードの姿

こちらのプールは、水深が表示されていて小さなお子様連れの方や、泳ぎが苦手な方でも安心して利用ができるようになっています。しかも、午前6時〜午後10時まではプールサイドにはライフガードまで!どんな人でも安心して遊べるという点では、これはビーチ以上かも?!

設備も充実

こちらのプールは、設備も充実。町中にありますが、トイレやシャワーもしっかり完備。更衣室や有料のコインロッカーもありますので、安心して利用できます。

そして、芝生にはなんとBBQコンロやピクニックテーブルまで。ピクニックにBBQに水遊びに日光浴まで、1人でも、友達とでも、家族連れも、憩いの場として1日過ごせてしまうのもこちらの施設の魅力です。

そんなラグーンはなんとタダ!

そして最後に強調したいことが、ラグーンは基本の利用が全て無料だということ。コインロッカーは有料になりますが、入場料はかかりません。シャワーや芝生BBQコンロの利用も全て無料です。

こんな快適で素敵で安全安心な場所がタダなんて!ケアンズに行ってこのラグーンに行かないという選択肢はありませんね。

まとめ

  • プールサイドは砂浜になってます

今回は、ケアンズにある「エスプラネードラグーン」についての情報をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?買い物や観光もいいですが、ケアンズに来たらここでのんびりしない手はありません。ぜひ、こちらのラグーンを訪れてのんびりゆったり、ケアンズの海辺の風を感じてみてくださいね。

ケアンズ エスプラネード ラグーン
ケアンズ / テーマパーク・レジャー
住所:7 4044 3715, 52-54 Esplanade, Cairns City QLD 4870 オーストラリア
Web:http://www.cairns.qld.gov.au/esplanade/facilities/...

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月3日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

ケアンズからポートダグラスへロードトリップしてみよう!

オーストラリアのポートダグラスは、ケアンズから車で1時間のところにあるトロピカルな街です。リゾートホテルがいっぱい並ぶ街としても有名なポートダグラスですが、ケア...

大自然・買い物・アクティビティ・アートを満喫!ケアンズへGO!

世界遺産のグレートバリアリーフや熱帯雨林など、自然豊かなケアンズは自然の中でのアクティビティが豊富です。日本人の居住者も多く、とても過ごしやすい人気の観光都市で...

【オーストラリア】”世界の車窓から”の列車で行く世界最古の熱帯雨林キュランダ

オーストラリアのケアンズといえば、青い海が広がるグレートバリアリーフやビーチの楽園を思い浮かべる人が多いかもしれません。そんなケアンズでもうひとつ人気の観光地が...

【オーストラリア】トロピカルな島と世界遺産グレートバリアリーフを巡るクルーズツアー

オーストラリア・ケアンズから数十キロ離れた、世界遺産としても登録されているグリーン島と、人工浮島(ポンツーン)が目印のモアリーフ。いずれもグレートバリアリーフに...

【オーストラリア】グレートバリアリーフを体感できるフィッツロイ島の見所を紹介

オーストラリアのグレートバリアリーフに位置するフィッツロイ島は、ヤシの木がいっぱい並ぶエメラルドグリーンの海に囲まれた、トロピカルでとってもきれいな島です。自然...

この記事を書いたトラベルライター

旅のワクワク追求家
生田芳貴

鳥取生まれ神戸育ち。京都教育大学教育学部卒業後、神戸市で中学校国語科教諭として勤務。


7年間働いたあと、「自分の中にあるワクワクに素直になる」ために夫婦で世界一周へ。


旅の中で、「海でのんびりする」ことが好きだと気づき、「海辺でゆったり生きる」「海辺をゆったり旅する」をテーマに生きることに決めました。

世界一周中に海も含めて気に入った場所をこちらのサイトでご紹介していきたいと思います。

ブログでは「世界の海」の情報と「海辺でのんびり生きる・旅する」情報を発信しています。見ていただけると世界のどこかの海ではしゃぎます。

よろしくお願いします。
http://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...

ヨーロッパ 幻想的で美しすぎる 観光におすすめの図書館5選

みなさんは図書館と聞いて、どんなイメージを持ちますか?本を読むところ?調べ物をするところ?しかし、ヨーロッパにはそれだけにとどまらない存在意義を持った、図書館が...

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?