【カナダ】ケベックシティーで憧れのシャトー・フロンテナックに泊まろう!

113

view
   2017年9月14日更新

カナダ・ケベック州の州都である、ケベックシティー。フランス語が公用語でフランス文化が根強く残る都市は、1985年にケベック旧市街歴史地区としてユネスコ世界遺産に登録され、観光地としても人気の都市です。ケベックシティーと言えば、ランドマークにもなっているシャトー・フロンテナックホテルが有名。はるばるケベックシティーまで来たならぜひ泊まってみたいホテルです!

街全体が美術館のようなケベックシティー

まずケベックシティーに一歩足を入れると、「えっ?ここ、本当にカナダ?!ヨーロッパに来たみたい。」と思うことでしょう。”Bonjour!”と挨拶されたり、至る場所にフランス語で標識があったり。

ケベックシティーは、街全体が美術館のような雰囲気で、散策するだけで、とにかくつい写真に収めたくなる素敵な景観です。

街には色とりどりの花が飾られ、街をより美しくしています。

1675年に建てられたケベックシティー内で最古の家。現在はカナダ料理レストランです。

こちらはプチ・シャンプラン通り。レストランやギフトショップなど立ち並び、歩いてるだけで楽しいです!

世界遺産「ケベック旧市街歴史地区」の中心にそびえ立つ「シャトー・フロンテナック」

ケベックシティー中心街のシンボルとして、アッパータウンの高台に建つシャトー・フロンテナック。周りには主要な観光名所が点在していて、徒歩で観光するのにとっても便利な場所にあります。

120年以上の歴史を持つ老舗高級ホテル

1893年に開業したシャトー・フロンテナックは、カナダ太平洋鉄道(CPR)が富裕層をターゲットとして建てた高級ホテルです。アメリカの建築家、ブルース・プライスが最初の部分のシャトースタイルをデザインし、のちにカナダの建築家、ウィリアム・マックスウェルがメインタワーを含む現在の姿として完成させました。

現在でも、イギリスのエリザベス女王をはじめ、モナコのグレース王女やアンドリュー王子、有名人ではポール・マッカートニーやレオナルド・ディカプリオ、アンジェリーナ・ジョリーなど世界各国から多くの著名人が宿泊しており、由緒あるホテルです。

早速ホテルの中に入りましょう

まずホテルに入ると、とても重厚感のあるクラシックなロビーが迎えてくれます。

客室からの景観も素晴らしい

客室は計611室もあり、色々なタイプやスタイルの部屋があります。満室でなければ、川側や街側などの景観、伝統的かモダンかの部屋タイプなども選択可能です。とても親切に対応してくれるので、ぜひチェックインの際に聞いてみましょう!

写真の部屋は、川側の伝統的なルーム。さすがセンスのいい家具を使用していて、ゆっくり落ち着いて滞在できるお部屋です。

ちょっと豪華に滞在したい人は、ゴールドフロアーにアップグレードしてみてはいかがでしょうか?上階の部屋指定をできたり、ゴールドフロアー滞在者のみ利用できるラウンジやパーソナルコンシェルジュなどのロイヤルサービスが受けられ、より特別な気分になることでしょう。

対岸の明かりがセントローレンス川に反射し、部屋からの夜景もとても美しいです。

宿泊2日目には、ハウスキーピングの方からのタオル蝶々とメッセージという粋な計らいが嬉しいです。もちろんメッセージはフランス語。”快適な滞在と素敵な日をお過ごしください”と書いてあります。

シャトー・フロンテナックの歴史がわかる美術館も併設!

なんとホテル内には、建設から現在に至るまでのシャトー・フロンテナックの歴史、歴代の使用された食器類の備品などが展示された美術館があり、滞在をより興味深いものにさせてくれます。

どこから見てもフォトジェニック!

見る場所で色々な姿を見せてくれるシャトー・フロンテナック。街全体が美しい旧市街を徒歩で散策しながら、ついつい何度も撮影したくなる建物です。

Terrasse Dufferin(テラス・デュフラン)からの眺め。

ロウアータウンのPetit Champlain(プチ・シャンプラン通り)からの眺め。

また夜には、暖かいランプ色でライトアップされ、昼とは違った姿を見せてくれます。

おわりに

ケベックシティーは、春夏は花々が咲き大道芸人が笑わせてくれ、秋は見事な紅葉そして冬は雪化粧する街です。四季違った姿で楽しましてくれるケベックシティーを訪れる際は、ぜひシャトー・フロンテナックに宿泊してみてください。

ケベックシティー

カナダ / 町・ストリート

 

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月25日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
ロサンゼルス在住、子連れトラベラー&フォトグラファー

幼少から日本ーアメリカ間を行き来、12年前よりLos Angeles在住。
大学時代からバックパッカーとして、ヨーロッパ、アメリカ、南米などを大陸横断し、訪れた国は50カ国以上。ヨーロッパへのグルメでおしゃれな旅から、スイスアルプス登山やパタゴニア氷河トレッキングなど、あらゆるジャンルの旅を恋するトラベラー&フォトグラファー。
現在は、1歳児の息子と一緒に行けるKid-Friendlyな国や場所を主に出かけています。彼も18ヶ月にして海外渡航歴6回のフリークエントトラベラー。
真青の空のロサンゼルスからローカルな情報も案内していきます。

http://www.kytebear.com

最近人気の記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!