チェンマイ
チェンマイ観光
”北方のバラ”と称される美しい古都

【タイ】チェンマイの象の保護センターで象と一緒に水浴びをしよう!

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年7月21日更新

3,792view

お気に入り

写真:トラベルライター

タイの北部の街チェンマイには、人間に過酷な労働をさせられた象や孤児の象などを保護する象の保護センターが数カ所あります。その中でもチェンマイ市内から車で約一時間くらいの場所にある、象へ餌やりや散歩を通して触れ合える半日ツアーから、象使いになる為の数日間のツアーまで、幅広く用意されているBaanchang Elephant Parkを紹介します。

この記事の目次表示

Baanchang Elephant Parkとは?

  • 写真:トラベルライター

私設の象の保護センター

  • 写真:トラベルライター

過酷な労働をさせられて森林で保護された象や、群れから外れてしまった象、傷を負ってしまった象達を連れて来て、自然に近い環境で象達を保護しています。

チェンマイには国立、私設の象の保護センターが数カ所あり、私設のBaanchang Elephant Parkでは訪れた旅行者達からのツアー代金や寄付が運営費になっています。

象をなるべく自然な環境で保護

  • 写真:トラベルライター

チェンマイには同じように象の保護センターがありますが、ここBaanchang elephant Parkでは他の保護センターのように、象に演芸をさせたり、鎖でつないだりしません。

もちろん野生の象と同じようには飼育できませんが、なるべく野生の象の環境と同じように自然な環境を心がけているセンターです。一頭につき一人象使いがついて、愛情込めて一頭一頭を飼育しています。

象と触れ合ってみよう!(半日ツアー)

タオルと着替えを用意してくれる

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

ツアーで象と歩いたり、水浴びしたりすると衣服の汚れが気になりますが、タオルと青い上下の服を貸してもらえるので安心です。着替える為の更衣室や、お湯は出ませんがシャワーも設備されています。

水浴びをされる方は、水着を中に着ていかれることをお薦めします。荷物をいれるロッカーも設備されています。

母象、子象に餌をあげる

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

服を着替えた後は、他の象から隔離されている子象と母象エリアへ、餌のバナナをあげに行きます。ガイドさんから詳しくバナナのあげ方をレクチャーしてもらい、順番に母象の鼻にバナナを渡します。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

母象はお腹を空かして待ってるので、子象そっちのけでバナナに向かって鼻を伸ばして来ます。途中鼻水で威嚇してくるかもしれませんが、「もっと頂戴!」と催促しているだけらしいです。

子象はまだ歯が無く食べれないようで、それでもバナナをずっと舐めている光景がとっても可愛いです。

各自で餌をあげる

  • 写真:トラベルライター

サトウキビがいっぱい入ったバックを渡され、大きな象達のいるエリアへ移動します。一人一頭あてがわれ、つきっきりで鞄の中のサトウキビを自分の象にあげ続けます。

象使いさんからアドバイスをしてもらいながら、とっても身近で象に触れ合いつつ、なくなるまでサトウキビをあげます。これで、だいぶ象達との距離感が掴めて来ると思います。

象達とお散歩

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

餌付けの後は、新たにサトウキビの入ったバックを持って、象達と一緒に山をお散歩です。急な山道も大きな身体でずんずん登って行きます。サトウキビめがけておねだりしてくる象達もいて、とても可愛いです。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

象使いさん達がそれぞれの象をきちんと見てくれてるので、かなり身近で一緒にお散歩していてもとても安心です。この頃には大きな動物が苦手と言う方も、もう怖い思いはなくなっているでしょう。お散歩の時間は大体20分〜30分くらいです。

フィナーレは象と一緒に水浴び!

  • 写真:トラベルライター

一緒にお散歩をした後、象達は水浴びしに、ロッカーやシャワーが設備されているエリアの裏にある池へ向かいます。象達には一日に三回の水浴びが必要だそうです。とても綺麗好きな動物ですね。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

各自バケツとブラシを渡され、裸足になり池に入って行きます。池の水は結構汚いので少し勇気が要りますが、気持ち良さそうな象達を見ていると、気にならなくなって来ますよ。

水浴びしている象の近くへ行き、ブラシで身体を洗ってあげます。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

象達が鼻で沢山水をかけてくるのでかなり濡れてしまいますが、象と一緒に水浴びをする貴重な経験はとても楽しい思い出になると思いますよ。

チェンマイ滞在が短い方には、この半日ツアーがお薦めですが、たった半日でも十分象達と触れ合える楽しいツアーです。時間がある方は一日ツアーや、もっと象の事を学びたい方には、一日から三日間の象使いトレーニングコースも用意されています。

Baan Chang Elephant Park
チェンマイ / 公園・動植物園
住所:Unnamed Rd, Tambon Ki Lek, Amphoe Mae Taeng, Chang Wat Chiang Mai 50150, Thailand, Tambon Ki Lek, Amphoe Mae Taeng, Chang Wat Chiang Mai 50150 タイ地図で見る
電話:089-6355206
Web:http://www.baanchangelephantpark.com
Baan Chang Elephant Park(オフィス)
チェンマイ / その他スポット
住所:147/ 1 Rachadamnoen RD., Muang Chiangmai 50200地図で見る
電話:053-814174
Web:http://www.baanchangelephantpark.com

チェンマイの旅行予約はこちら

チェンマイのパッケージツアーを探す

チェンマイのホテルを探す

チェンマイの航空券を探す

チェンマイの現地アクティビティを探す

チェンマイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【タイ】ラプンツェルの世界!タイのコムローイ祭りに参加しよう

世界最大のランタン祭り・コムローイ祭りをご存知ですか?映画『塔の上のラプンツェル』の1シーンのモデルとも言われるこのお祭りは、毎年11月にタイで開催されています...


1位は神威岬!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年10月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介。2018年10月の1位はトリップノートトラベラー K1...

5戒を破るとこうなる!チェンマイの地獄寺「ワット・メーゲットノーイ」がまさに地獄絵図、でもこの力作は僧侶からの強いメッセージだった

国民の9割以上が仏教徒であるタイ。実は寺院の数だけを比べると日本の方が圧倒的に多い(タイ:約3万、日本:約7万6千)のですが、信仰心の厚さや、あらゆる場所が観光...

【チェンマイ観光】オススメ度No.1!タイガーキングダムで大迫力の虎と2ショットを撮ろう!

タイガーキングダムは、本物の虎やライオンと触れ合いながら、写真が撮れるオススメ度No.1の穴場スポット。大迫力の虎との2ショットはインスタ映え間違いなし!チェン...

【チェンマイ観光】絶対外せない観光5選!タイ通がオススメする穴場スポットも大公開!

タイ北部の街チェンマイは、のどかな自然が残る美しい古都です。観光雑誌で紹介されているスポット以外にも見どころは盛り沢山。少しコアなオススメスポットやオススメの過...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります