チェンマイ
チェンマイ観光
”北方のバラ”と称される美しい古都

チェンマイ観光人気No.1、ドイステープで僧侶に聖水をかけてもらおう

取材・写真・文:

トラベルライター

2017年2月9日更新

849view

お気に入り

写真:トラベルライター

かつてタイ北部を治めたラーンナー王国。その首都として栄えたチェンマイには、多くの寺院や遺跡があります。どれも個性があって美しいのですが、旅行中の限られた時間ですべて見るのは難しいですよね。そこで外したくないお寺として人気が高い、ドイステープをご紹介いたします。

この記事の目次表示

チェンマイ市内からは車で

  • 写真:トラベルライター

ドイステープ=正式名称ワット・プラタートドイステープ(Wat Phra That Doi Suthep)は、その名の通り山の上にあります。ワット=寺、ドイ=山なので、直訳すると「ステープ山のプラタート寺」になりますが、「ワット・ドイステープ」と呼ばれ、親しまれています。

市内の移動のように、町中のソンテオ(乗り合いタクシー)を止めて交渉するか、チャンプアック門やチェンマイ大学そばから出ている「ドイステープ行き」ソンテオの利用ができ、後者は往復でも一人100~140バーツほど(約450円)。ただしチャンプアック門からだと、乗客が集まるまで長く待たされることがあるそうです。

ドイステープ建立に関わる白い象の伝説

ドイステープは、ラーンナー王朝の6代目クーナー王によって1383年に建てられました。

王は仏舎利(釈迦の骨)の安置場所を探すため、遺骨を縁起の良いとされる白い象に運ばせたところ、象が山頂で息絶えたため、ここに寺を建立する事を決めた、といわれています。

入場までには長い階段が

  • 写真:トラベルライター入り口

こちらが入り口です。本殿までの長い階段を登り切ったところで、入場料30バーツ(約90円)を支払います。

  • 写真:トラベルライター

階段は設置時には306段でしたが、工事により増えているそうです。階段脇にはケーブルカーもあり、乗車時に料金20バーツ+入場料=50バーツ(約150円)必要です。

一番の見どころは黄金に輝く仏塔

※本殿に入る前には靴および靴下を脱ぎ、正しい服装(肌を出しすぎない)で参拝しましょう。

  • 写真:トラベルライター

ドイステープには、たいへん美しい仏塔があります。

  • 写真:トラベルライター

人々はお経を唱えながら、仏塔の周りを時計回りに3周します。

  • 写真:トラベルライター

このようにアルファベット表記のお経があるので、これを読みながら回りましょう。

次のページを読む

チェンマイの旅行予約はこちら


チェンマイのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

チェンマイのホテルを探す

チェンマイの航空券を探す

チェンマイの現地アクティビティを探す

チェンマイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【タイ】ラプンツェルの世界!タイのコムローイ祭りに参加しよう

世界最大のランタン祭り・コムローイ祭りをご存知ですか?映画『塔の上のラプンツェル』の1シーンのモデルとも言われるこのお祭りは、毎年11月にタイで開催されています...


チェンマイで最も美しい寺院、花園の寺「ワット・スアン・ドーク」

タイの北部に位置する「北方のバラ」と呼ばれる古都チェンマイにある「ワット・スアンドーク(Wat Suan Dok)」。寺院の多い旧市街付近とチェンマイの定番観光...

【タイ】チェンマイ・ナイトバザールの夕食はココで!トルコ料理が味わえる屋台「リトルイスタンブール」

ピン川の近くで毎晩開かれているナイトバザール。ショッピングと共に楽しみたいのが、安くておいしい屋台料理です。タイ料理の屋台が立ち並ぶ一角に、トルコ人が開いている...

1位は神威岬!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年10月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介。2018年10月の1位はトリップノートトラベラー K1...

【タイ】キャノピーウォークも楽しめる!チェンマイ・シリキット王妃植物園

チェンマイ北部の観光地メーリム地区にある国営の植物園。1,000ヘクタールもある広大な敷地には、数々の珍しい植物が展示されています。森林の上を散策できるキャノピ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります