デンマーク
デンマーク観光
アンデルセンの故郷はまるでおとぎの国

【デンマーク】現代アートを体感!ARoS オーフス美術館に行こう

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:13ヶ国

2018年2月20日更新

363view

お気に入り

写真:fon

デンマーク第2の都市であるオーフス(Aarhus)は、コンパクトでありながら豊かな歴史と文化が感じられる、見どころの多いまちです。2017年には欧州文化首都にも選ばれました。名門オーフス大学が学舎を構え、歴史ある大聖堂や教会、多くの博物館があります。ARoS オーフス美術館もそんな見どころのひとつ。トレードマークの屋上レインボーパノラマを目印に、ぜひ出掛けてみましょう!

この記事の目次表示

北欧最大級の美術館

  • 写真:fon

ARoS オーフス美術館(ARoS Aarhus Art Museum)は、年間約100万人が訪れる、北欧でも最大規模を誇る美術館です。ミシュランガイドの旅行部門で二つ星を獲得した、オーフスに来たら必見の観光スポットでもあります。

10階建ての館内には、多くの展示スペースがあり、デンマーク国内外のアーティストの作品が展示されています。

アートを体感できるダイナミックな展示の数々

「北欧最大級」というだけあって、膨大なコレクションが魅力です。18世紀・19世紀のデンマーク美術を代表する画家の絵画から、国内外の現代作家の立体・空間芸術作品まで、数多くの作品を所蔵しています。

注目インスタレーションはこれ!

幅広いコレクションや企画展のなかでも、とくに注目したいのは現代アートや前衛的なインスタレーション(環境や空間全体を使って作品を作りだす現代美術の表現方法)の豊富さです。

  • 写真:fon
  • 写真:fon

巨大な立体作品や、壁・床・天井を含む空間全体と結びついたアート作品は、見る人に、作品に包まれているような不思議な感覚をもたらします。

照明を効果的に使っていたり、たくさんのものを集めてひとつの造形物を形成した作品であったり、展示室の一角に異空間が作り出されていたり・・・。ここではそんな中から、とくにインパクト大の作品をいくつかご紹介します。ARoSを訪れたら、ぜひ注目して見てみてください。

“Boy”

  • 写真:fon

しゃがんだ格好をした巨大な少年が、険しい表情をして、ある一点を見つめています。高さ4.5m、重さは500kgあるそうです。

  • 写真:fon

大きさのインパクトがあるだけでなく、皮膚の上から見える筋肉やすじの質感など、非常に繊細に作られています。

少年は何をしているのだろう?何を見つめているのだろう?何を思っているのだろう?見れば見るほど、想像を掻き立てられる作品です。

“Valkyrie Rán”

  • 写真:fon

色とりどりの布を組み合わせたパッチワークのような作品です。全長は50メートルにもおよび、美術館の吹き抜けの真ん中に突如出現した生き物のようにも見えます。

ポルトガルのテキスタイルアーティスト、Joana Vasconcelos が、50人もの職人と協力しながら作りあげました。表面には刺繍やかぎ編みの飾りが細やかに施され、ビーズや電飾がキラキラと輝いています。近づいてじっくり見たり、触ってみたりしてももちろん大丈夫ですよ。

※時期によって、展示されていないことがあります。

“UNK”

  • 写真:fon

暗い部屋に横たわった大きな卵型のタンクに、おじさんの顔が投影されています。怒ったような表情で、ちょっと近づきがたいような印象も受けます。ときどき目を見開いたり、ゆらゆらと顔が微妙に動いて、見ているとなんとも不安な気持ちにさせられます。

作者の Tony Oursler はアメリカのアーティストで、ほかにもこのようなプロジェクションを用いた作品を手掛けています。

虹の中を歩いてみよう

館内の展示を一通り見終わったら、最上部へ上ってみましょう。屋上のうえにある虹色の巨大なリングは、デンマーク/アイスランド人アーティスト、Olafur Eliasson の作品 “Your rainbow panorama” です。中は廊下になっていて、歩いてみることができます。

  • 写真:fon

美術館の建物の上に浮かぶように設置された「虹色の廊下」は、一周150メートル。左右の側面が虹色のグラデーションのガラス張りになっています。歩いていくと、次々に視界の色が変わっていきます。眼下に見えるオーフスの街並みもレインボーカラーです。

  • 写真:fon

フィルターも修正もなしで、こんな写真も撮れちゃうんです。

館内のお店情報

レストラン、カフェ

館内には、レストランとカフェがあり、作品鑑賞の合間に軽食やコーヒーを楽しむこともできます。メニューは、地元のオーガニック食材を使った朝食やデンマーク名物のオープンサンド(ランチ)、その他軽食、ケーキやペストリーといったスイーツなど。おいしいワインもありますよ。

毎週水曜日の夜は、コース料理やお酒とともに季節の料理が楽しめるメニューがあります。美術館でアートを楽しんだ後は、ディナーで優雅なひとときを過ごすのもいいですね。

ショップ

ミュージアムショップでは、おみやげにぴったりのマグネットや絵はがき、クリアファイルなどの雑貨から、画集・作品集、北欧デザインの洗練されたインテリアまで、さまざまなものを買うことができます。

芸術を自由に楽しめる雰囲気

館内は広々として、自由にアートに親しめる雰囲気。子どもといっしょに楽しめそうな展示も多くあります。バラエティーに富んだ展示からは、国をあげて芸術を守り育てる姿勢、若者に芸術に触れてほしいという思いも感じられます。

年に8~10の多彩な企画展示が行われています。ぜひゆっくり時間をとって訪れ、アートに触れてみてください。

基本情報

開館時間

  • 月曜日定休
  • 火、木~日曜日…10:00~17:00
  • 水曜日…10:00~22:00

クリスマス・年末年始やイベント時には開館日時が変更になることがありますので、ご注意ください。

入館料

  • 大人(30歳以上) 130クローネ(約2,301円)
  • 29歳以下 100クローネ(約1,770円)
  • 小人(18歳未満) 無料
  • 学生 100クローネ(約1,770円)
  • 団体(20人以上、代表者がまとめてチケット購入をする場合) 1人あたり110クローネ(約1,947円)

アクセス

オーフスの中心部にあります。オーフス中央駅から北西方向に徒歩10分ほどです。

ARoS オーフス美術館
デンマーク / 博物館・美術館
住所:ARoS ALLÉ 2 DK-8000 AARHUS C地図で見る
電話:0045 8730 6600
Web:https://en.aros.dk/

デンマークの旅行予約はこちら

デンマークのパッケージツアーを探す

デンマークのホテルを探す

デンマークの航空券を探す

デンマークの現地アクティビティを探す

デンマークのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【デンマーク】コペンハーゲンの裏名所!ヒッピーの自称国家「クリスチャニア」

デンマーク・コペンハーゲンに存在する自称国家の街「クリスチャニア(Christiania)」。「ヒッピーの楽園」などと呼ばれ、今やコペンハーゲンの観光名物にもな...

◎北欧3国◎オスロ・ヨーテボリ・コペンハーゲンをさらりと巡る!おすすめ周遊コース

北欧デザインのインテリアや雑貨は日本で人気があり、いつか北欧に行ってみたい!と思っている方もいらっしゃると思います。どの国も見所がぎっしりあり、何日あっても足り...


デンマークのおすすめ観光スポット10選

首都コペンハーゲンの観光スポットを中心に、童話作家アンデルセンの故郷であり「おとぎの国」とも言われるデンマークらしい景色を楽しめるスポットなど、デンマークを旅行...

★デンマーク・コペンハーゲン★フォトスポット7選

童話作家のアンデルセンゆかりの地・コペンハーゲン。おとぎ話に出てくるようなカラフルな街並みに、お城や教会など、観光資源たっぷりの街です。筆者が撮った写真と併せて...


とんがり屋根を探しに行こう!~コペンハーゲンのユニークな尖塔7選~

デンマークの首都コペンハーゲンには、ユニークな尖塔をもつ建築物が点在しています。デザイン大国ならではの美しく芸術的な建築物が多い街並みの中で、尖塔を探しながら街...

この記事を書いたトラベルライター

方向音痴系たび好き
次はどこに行こうかなあ、と考え始めると止まりません。休暇を使ってぼちぼち出かけています。
海外ひとり旅が好きです。ことばに困って、道に迷って、それでも人に助けてもらいながら何とか見たいものを見て楽しい時間を過ごせたときの達成感は、何物にも代えられません。

記事を通じて、旅先での滞在を満喫するための情報が発信できればいいなと思います。

韓国まで3時間海の旅!福岡⇔釜山の高速船ビートルに乗ってみよう

「日本から最も近い外国」のひとつ、韓国。福岡から船で釜山に行ける便があるのをご存知ですか。高速船なら、ターミナルが街に近いので、わざわざ郊外の空港まで行って長い...

【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


ウズベキスタンで女子におすすめのおみやげはこれ!

旅行先として注目度急上昇中のウズベキスタン。異なる文化が交差する歴史をもつウズベキスタンには女子の心をとらえるおみやげがいっぱい!ドライフルーツ、スザニ、陶器、...

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...


【ウズベキスタン】地元っ子と街歩き!サマルカンド・ローカルツアー

中央アジア屈指の古都・サマルカンド。美しいイスラム建築や歴史的名所があまりにも有名ですが、観光地巡りに疲れたら、ローカルツアーに参加するのはいかがでしょうか。「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?