デンマーク
デンマーク
アンデルセンの故郷はまるでおとぎの国

【デンマーク】コペンハーゲンの裏名所!ヒッピーの自称国家「クリスチャニア」

2018年4月2日更新

195view

お気に入り

デンマーク・コペンハーゲンに存在する自称国家の街「クリスチャニア(Christiania)」。「ヒッピーの楽園」などと呼ばれ、今やコペンハーゲンの観光名物にもなっているアングラな街の内部の様子を紹介します!

クリスチャニア(Christiania)とは

クリスチャニアは、デンマークの首都コペンハーゲンに存在する自称国家です。基本的には上の地図で赤く囲われているエリアのことを指します。

クリスチャニアは不法居住者が住み着いたことから始まった街ですが、現在でも約900人が住んでおり、1つの街のような様相を呈しています。

過去にはクリスチャニアの「Pusher Street」というエリアで当麻が公然と売られていたこともあり、そういった背景から「ヒッピーの楽園」などと呼ばれています。

また年間約50万人(コペンハーゲンの人口は約60万人)もの観光客がクリスチャニアを訪れるとも言われ、デンマークの人気観光地として認知されています。

クリスチャニアへの行き方

クリスチャニアに入るためには、主にこの両端のエリアからのアクセスとなります。それ以外の場所はほとんど川に阻まれています。

コペンハーゲンの主要観光地は西側にあるので、西側からのアクセスが利用しやすいです。地下鉄の「Christianshavn」駅から徒歩5分で到着します。またタクシーを利用する場合も「クリスチャニア」と言えば通じます。


クリスチャニアのみどころ

クリスチャニアの門

  • クリスチャニアの門

入り口には「CHRISTIANIA(クリスチャニア)」と書かれた門があります。ここはクリスチャニアのちょっとした名所となっており、よく写真が撮られています。

クリスチャニアの門付近のスケボーエリア

  • クリスチャニアの入り口付近の建物
  • クリスチャニアの入り口付近の建物

まるで秘密基地のような建物がいくつかあります。ちょっとワクワクするような雰囲気です。

クリスチャニアを流れる川

  • クリスチャニアの川

クリスチャニアは湾を囲むような形で街が展開しているので、このような光景が見られます。

川沿いにはお墓

  • 花が供えられたクリスチャニアの墓
  • クリスチャニアの墓を見る人々

川沿いにはクリスチャニアのお墓があり、このように花が並べられています。観光客や子供がつい立ち止まるような場所になっています。

川にかかる橋

  • クリスチャニアでサイクリングする人々
  • クリスチャニアの国旗の下を自転車で通過する住人
  • クリスチャニアの国旗とロバ

クリスチャニアの橋にはこのような国旗が掲げられていて、自転車やロバなど様々なものが行き交います。

クリスチャニアの家

  • クリスチャニアの家

クリスチャニアは基本的には「国」という考え方なので、もちろん住んでいる人がいます。ちなみに家などは完全にDIYだそうです。

家付近の様子

  • クリスチャニアの家の生活用品
  • クリスチャニアの住人のDIYテラス

自由や自治を重んじるクリスチャニアらしい自給自足の様子が伺えます。

まぎれもない生活感

  • クリスチャニアの家の周りの様子
  • クリスチャニアの家の生活用品

森を歩いていると誰かの家についてしまった…というのはクリスチャニアではよくあります。

クリスチャニアの住人は土地の共有精神が強く私有地という概念が無いそうなので、怒られるといったことは無いそうです。

そういったシェア精神のためか、クリスチャニアにはフェンスも無いそうです。

遊具もDIY

  • クリスチャニアのDIY遊具

これも完全に自力で作ったというのですから驚きです。子供が住んでいるということも伺えます。


クリスチャニアは危険?

クリスチャニアの住人の様子

  • クリスチャニアの住人らしき人々

クリスチャニアの住人には、このような雰囲気の方が多いです。ちょっと怖いような雰囲気もありますが、トラブルに巻き込まれるようなことは一切起こりませんでした。

意外にも安全な印象

  • クリスチャニアで団欒する子供達

クリスチャニアでは見慣れないものが売られていたり、臭ってきたりということはあります。しかし、押し売りのような不愉快なことは一切起こりませんでした。

意外にも、クリスチャニアは都会の繁華街よりよっぽど安全な印象を受けました。子供や女性の姿も多く、どのエリアでも危険な光景は目にしませんでした。

クリスチャニアの特殊ルール

クリスチャニアには、有名な9つの禁止事項が存在します。武器、暴力、防弾服、バイカー服、私用車、火薬製品の売買、花火、盗品、ハードドラッグ、の9つです。

あるエリアでは「写真撮影禁止」や「走ってはいけない」などのルールもありました。やはり独特な雰囲気はあると思います。


(さいごに)クリスチャニアの観光はツアーがおすすめ

  • クリスチャニアの観光ツアー

クリスチャニアの住人が同伴してくれることもありますので、ツアーでの観光がおすすめです。(ツアー詳細&予約はこちら

【ツアー料金】

  • 6人まで:1人300クローネ/5,100円
  • 6人以上:1人50クローネ/850円
  • 6歳以下は無料

クリスチャニアではちょっとした異世界感が味わえるので、アングラ観光好きな方にはおすすめです。

※記事内のデンマーク通貨クローネから日本円への換算は、1クローネ=17円で計算しています。

クリスチャニア
デンマーク / 町・ストリート
住所:Bådsmandsstræde 43, postbox 27, 1407 København K, Denmark
電話:45 32 95 65 07
Web:http://www.christiania.org/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2014年10月16日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

イスラエル在住のゲイライター
イスラエルに住んでいるゲイのお兄さんです。お昼は英会話講師をやっています。

趣味は世界のゲイスポット巡り。アングラスポットが特に好きです。でもストレートな観光地も大好きです。恐縮です。

ゲイのことについて書いているブログはこちら→ http://pandablog.net/
イスラエルのことについて書いているブログはこちら→ http://isuraeru.net/

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

【イスラエル】テルアビブのカルメル市場でオススメの食べ歩き&お土産8選

イスラエルのテルアビブにあり、観光客がほぼ必ず訪れるであろう超人気スポットといえばカルメル市場。そんなカルメル市場で、食べ歩きやお土産としてオススメの商品を8つ...

【イスラエル】死海で遊ぶなら「Crowne Plaza Dead Sea」のスパ利用がおすすめ

世界一低い場所にある塩湖の死海。「死海ってどんなところ?」「死海の行き方は?」などの解説をしつつ、死海の絶景や楽しみ方を紹介します。死海沿岸の「Crowne P...

【イタリア】ベネチアに現存する世界最古のカフェ「フローリアン」

イタリア・ベネチアのサンマルコ広場にある名所「カフェ・フローリアン」は、「世界最古のカフェ」「カフェラテの発祥地」としても有名です。お店や料理はどうなっているの...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?