デンマーク
デンマーク観光
アンデルセンの故郷はまるでおとぎの国

★デンマーク・コペンハーゲン★フォトスポット7選

取材・写真・文:

イギリス在住
訪問エリア:46ヶ国

2018年11月29日更新

1,182view

お気に入り

写真:yosiasu

童話作家のアンデルセンゆかりの地・コペンハーゲン。おとぎ話に出てくるようなカラフルな街並みに、お城や教会など、観光資源たっぷりの街です。筆者が撮った写真と併せてコペンハーゲンのフォトスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

フォトスポット7選

【1】Nyhavn(ニューハウン)

ニューハウンは童話作家のアンデルセンが愛したという港町です。かつては船着場だったのですが、今はコペンハーゲンで一番人気のある観光地となっており、カラフルな建物のほとんどがレストランになっています。昼でも夜でも、更にいえば晴れでも雨でも絵になります。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu
ニューハウン
デンマーク / 町・ストリート
住所:Nyhavn地図で見る

【2】Borsen(旧証券取引所)

ねじねじの形になっている尖塔が特徴的な建物です。実はこの尖塔、4頭の龍が絡まりあっているデザインなのです。遠くから見てもインパクトのあるデザインで、写真映えします。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu
旧証券取引所
デンマーク / 建造物
住所:1217 København K, デンマーク地図で見る

【3】Amalienborg Slot(アマリエンボー宮殿)

王室の居城です。12時になると衛兵の交代式が始まります。他国で見る衛兵の交代式よりも長く、人数も多いので迫力のある写真を撮ることができます。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu
アマリエンボー宮殿
デンマーク / 建造物
住所:Amalienborg Slotsplads 5, 1257 København K地図で見る

【4】Frederiks Kirke(フレデリクス教会)

アマリエンボーのすぐ近くにある教会です。緑の大きなドームと、大理石の白い外壁がとっても美しく、マーブルチャーチとも呼ばれているようです。左右対称なので、簡単にバランスの良い写真を撮ることができます。

  • 写真:yosiasu
フレデリクス教会
デンマーク / 社寺・教会 / 教会
住所:Frederiksgade 4, Copenhagen K地図で見る

【5】Rosenborg Slot(ローゼンボー離宮)

クリスチャン4世王がこよなく愛したお城です。角度によってお城のようだったり、教会のようだったり、住居のようだったり、いろんな表情があります。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu

ローゼンボー城を取り囲む庭園はコペンハーゲンで最も古い庭園で、地元の人の憩いの場となっています。綺麗に手入れされているポプラ並木は圧巻です。

  • 写真:yosiasu
ローゼンボー離宮
デンマーク / 建造物
住所:Oster Voldgade 4A, 1350 Koebenhavn地図で見る

【6】St Alban's Church(聖アルバン教会)

石を散りばめたような外壁が特徴的な教会です。カステレット要塞側から撮ると、水面に映る教会とグリーンの要塞が一緒に写り、とても綺麗で写真映えします。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu
聖アルバン教会
デンマーク / 社寺・教会 / 教会
住所:Churchillparken 11 1263 København K地図で見る

【7】The statue of The Little Mermaid(人魚姫の像)

「世界三大がっかり」と言われている像です。どれほどがっかりなのか見に行ってみると、確かに小さく、誰もがイメージする人魚のヒレとは少し違いました。ですが、人魚姫の像にフォーカスを当て、横顔が見える角度から周りをぼかして撮れば、悲しげな人魚姫をそれらしく写真に写すことができます。がっかりとは思わせない一枚を狙ってみてください。

  • 写真:yosiasu
人魚姫の像
デンマーク / その他スポット
住所:Langelinie, 2100 København Ø地図で見る

コペンハーゲンへの行き方

成田空港からコペンハーゲン空港まで直行便で約11時間半です。

デンマークの旅行予約はこちら

デンマークのパッケージツアーを探す

デンマークのホテルを探す

デンマークの航空券を探す

デンマークの現地アクティビティを探す

デンマークのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年11月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


がっかりなのに大人気!?世界三大がっかりスポットを一挙紹介

いつ、誰が言ったのか定かではないものの、知っている人も少なくない「世界三大がっかりスポット」。いずれも観光名所にも関わらずなぜがっかりスポットと言われてしまうの...


デンマークの人気観光スポットTOP14!旅行好きが行っている観光地ランキング

ニューハウンや人魚姫の像などをはじめとするデンマークの観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)が実際に行っ...

バーチャル旅行にもぴったり!SNS映えするヨーロッパの街10選!

なかなか海外旅行に出かけることができない時は、ヨーロッパの素敵な街並みの写真を見て、お家でバーチャル旅行を楽しみませんか?今回は、建物や自然景観の美しいヨーロッ...

◎北欧3国◎オスロ・ヨーテボリ・コペンハーゲンをさらりと巡る!おすすめ周遊コース

北欧デザインのインテリアや雑貨は日本で人気があり、いつか北欧に行ってみたい!と思っている方もいらっしゃると思います。どの国も見所がぎっしりあり、何日あっても足り...

とんがり屋根を探しに行こう!~コペンハーゲンのユニークな尖塔7選~

デンマークの首都コペンハーゲンには、ユニークな尖塔をもつ建築物が点在しています。デザイン大国ならではの美しく芸術的な建築物が多い街並みの中で、尖塔を探しながら街...

この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
<!!イギリスに引っ越しました!!>

2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんななんの特徴もないわたしですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車・ビール・ワインなど、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートと南米大陸とアフリカ大陸です。

特に好きな国は、イギリス・アイスランド・イタリア・リトアニア・カンボジア・カナダです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。

【大阪】中崎町の雑貨&アクセサリーショップ7選

大阪といえば食べ歩きのイメージが強いと思いますが、ここ中崎町はおしゃれなカフェや雑貨屋が集まるエリアとして人気があります。大阪駅から歩いて行けるエリアなので、百...


◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...


☆スペイン・バルセロナ☆ピンチョス・タパス食べ歩きにおすすめのバル5選

サグラダ・ファミリア聖堂やカサ・バトリョ等、アント二・ガウディの作品で有名な観光地・バルセロナ。美食の街としても知られており、ピンチョスやタパスの食べ歩きを楽し...

【大阪】関西最大級!100万株のネモフィラ祭りの見どころ

ネモフィラ畑といえば茨城県の国営ひたち海浜公園が有名ですが、大阪にも見渡す限り一面のネモフィラ畑が誕生しました。ネモフィラだけでなく、他にもたくさんの見どころが...

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります