岐阜
岐阜観光
宿場町や白川郷など、昔ながらの風景を今に残すエリア

あっちにもこっちにも!とっくりとっくん生息地【岐阜・下石町】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2019年9月19日更新

281view

お気に入り

写真:まき子

岐阜県土岐市は美濃焼の生産が日本No.1。そんな一角に、土岐市ならではの陶器でできた面白いキャラクターが “住んでいる” 街があります。「ここにいる。あっちにも!」と、ついつい探すのが楽しくなっちゃう【とっくりとっくん生息地】の下石町とは?!

この記事の目次表示

日本三大陶磁器の一つ「美濃焼」の名産地【土岐市】

日本は全国に「○○焼き」と謳っている陶磁器名産地がたくさんありますが、日本三大陶磁器 といえば「瀬戸焼」「有田焼」、そして今回ご紹介する「美濃焼」です。

  • 写真:まき子

「でも、美濃焼って、なんかピンと来ない…」って思いませんか?一応(…と言っては失礼ですが)、代表的な美濃焼には、抹茶の器などで有名な 志野焼 や、深緑色の色付けが特徴的な 織部焼 がありますが、全体的には形や色のスタイルに決まりはありません。

良く言えば自由奔放、悪く言えば特徴がない(笑)。なので、現代では、美濃焼とは 多治見市、土岐市、瑞浪市 といった東濃地方 で作られた焼き物と定義づけられています。

その中でも、ダントツで美濃焼の生産量が多いのが 土岐市 。スタイルに拘らなくて良い = その時代に合わせたデザインを取り入れることができるので、おしゃれな器などが、今でもたくさん生まれています。

それぞれ町の特徴がある美濃焼

そんな土岐市は小さな市なのですが、面白いのは、町によって「作られるモノ」に特徴があるんです。どういうことかと言うと…

駄知町: どんぶり
土岐津町や泉町: 煎茶碗、湯呑
肥田町: 皿
妻木町: コーヒー碗皿 等

こんな感じ。美濃焼と一言で言っても、これだけ色々あります。もちろん、町ごとにそれしか作ってないと言うわけではありませんが、それぞれの町に得意の分野がある、ということ。

  • 写真:まき子

そして、今回ご紹介するのは 徳利 が得意な 下石町。「しもいしちょう」ではなく、「おろしちょう」と読みます。

下石町には、可愛らしい【とっくりとっくん】が生息しているので、窯元巡りのついでに会いに行ってみましょう!

「下石町 裏山地区」へ【とっくりとっくん】に会いに行こう!

下石町の中でも窯元がたくさんあるエリアが 裏山地区 。ここにはあちこちに【とっくりとっくん】が生息しています。

  • 写真:まき子

もう既に察しているかもしれませんが、 【とっくりとっくん】 は、生き物ではなく、焼き物。でも「生息している」と言いたくなるのは、とっくんたちの表情や格好がとても豊かで、まるで妖怪?!妖精?!のように、あちこちにひょっこり現れるからなんです。

このお茶目なキャラクターを陶器で作り出したのは有名窯元 「荒神窯」さんなのですが、今では多くの窯元が、とっくんを作っています。

駐車場について

【とっくりとっくん】 に出会う旅は、車か市バスで下石町まで来て、その後は徒歩でを散策するのが一番楽しめます。そこで気になるのが、車で来る場合の駐車場。下石町は観光地ではないので、観光客用の駐車場はありません。

ですが、下石陶磁器工業組合、下石公園、陶祖公園、裏山公民館、徳利会館 などに停めることができます。下石町が発行しているとっくりとっくんMAPに駐車場「P」が載っているのでご参照ください。また窯元によっては駐車OKのところがあるので、事前に連絡して行くのも良いかもしれません。

参考までに、筆者が車を停めたのは 下石陶磁器工業組合 です。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

ここは広々とした駐車場で、下石窯元館では美濃焼の展示もあります。そして、さっそく!とっくりとっくんに出会いました。

  • 写真:まき子

囲碁をしていますね〜。こんな感じで、ふとした所に居るんです。

下石陶磁器工業組合
岐阜 / その他スポット
住所:〒509-5202 岐阜県土岐市下石町900−1地図で見る

【とっくりとっくん小径】を歩こう♪

とっくりとっくんMAP を見ればわかると思うのですが、下石町裏山地区には本当にたくさんの窯元があります。それぞれにオリジナリティがあり、窯元の中には小さくても小売店を開いているところもあります。

これらの窯元を繋いでいる道が【とっくりとっくん小径】呼ばれており、お茶目な窯元さんがあちこちに置き始めたのがきっかけなのでしょうね。今でも、ふとしたところで、とっくんに出くわします。

  • 写真:まき子

大量に生息している場所もありますが、散策途中に「あ!あんなとこに!」「こんなとこにも居る〜!」と発見すると、なんだか嬉しくて楽しくなっちゃいますヨ。

  • 写真:まき子

とは言っても、歩くにはなかなか広いエリア。【とっくりとっくん小径】は飲食店などはほとんどないので、こまめに水分をとって散策してくださいね。

お店の個性も光る「個性派とっくん」

小径でふと見かけるとっくんも良いのですが、お店や施設にあるとっくんは、それぞれに特徴があって面白いです。

  • 写真:まき子

こちらは、消防団 の施設。玄関前には 金剛力士の阿形と吽形 のようなとっくんが構えています。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

その横には、ホースで消火を頑張る姿のとっくんたちも。よーく見ると、一体ずつ焼かれているのですが、こうやって繋げて置けるよう象っているのですね。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

喫茶店「まめ蔵」のとっくんも、可愛い!コーヒーを淹れています。

  • 写真:まき子

昭和10年に創業した、下石町の名物食堂「加登屋食堂」は、もともと地元では有名店だったのですが、テレビにも出て一躍有名に!ここにも・・・

  • 写真:まき子

とっくんがいました!うどんを食べていますね〜。お箸は…折れちゃった?(笑)

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

仕出し八百屋のお店「丸攻」のとっくんは、炭火焼をしています。こんな感じで、お店それぞれの個性派とっくんを見つけるのも楽しいです。

まめ蔵
岐阜 / カフェ・喫茶店
住所:〒509-5202 岐阜県土岐市下石町875−4地図で見る
Web:https://mamezou.jimdo.com
加登屋食堂
岐阜 / 和食
住所:〒509-5202 岐阜県土岐市下石町890−2地図で見る
Web:http://j47.jp/oroshi-kadoya/
まるこう
岐阜 / その他グルメ
住所:〒509-5202 岐阜県土岐市下石町422地図で見る

最後に・・・

筆者はカメラが苦手なので、良い写真が撮れないのですが、「とっくりとっくん小径」は フォトジェニックな町 として、写真を撮りに来る方も多く居るそうですヨ!

子供と一緒でも楽しめます。「とっくんを探そうー!」と言うと、大人よりも目線が低い子供達、すぐに「あそこにる!あ!あっちにも!!」と見つけてくれます(笑)。

皆様も、それぞれの “とっくん探し” を楽しんでくださいね。

岐阜の旅行予約はこちら

岐阜のパッケージツアーを探す

岐阜のホテルを探す

岐阜の航空券を探す

岐阜の現地アクティビティを探す

岐阜のレンタカーを探す

岐阜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年9月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【岐阜】郡上踊りだけじゃない!郡上八幡でおすすめの観光スポット7選!

日本三大盆踊りとして有名な「郡上(ぐじょう)踊り」。国の重要無形民俗文化財にも指定されているこのお祭りの舞台となるのが、岐阜県郡上八幡(ぐじょうはちまん)エリア...


【岐阜】焼き物の町「多治見」の散策旅!

岐阜県の美濃地方にある「多治見市」。美濃焼の産地として知られるほか、夏の暑さでも有名な場所です。焼き物はもちろん、焼き物以外にも訪れたくなるスポットがいっぱい!...

【岐阜】「下呂温泉」温泉街を散策ぶらり旅!

日本三名泉の一つ岐阜県「下呂温泉」。温泉はもちろん、温泉の他にも見どころは沢山あります。今回は温泉街を歩いて巡れる「足湯」「寺社」「外湯」「観光」のテーマに分け...

【岐阜県】金山の「筋骨めぐり」はまるで迷路の路地めぐり

岐阜県下呂市は温泉が有名ですが、「金山(かなやま)」という所にちょっとマニアックな観光スポットがあります。「筋骨めぐり」と名付けられたその散策スポットは、旧宿場...

【岐阜】古い町並みや絶景も!長良川温泉を観光しよう

岐阜市にある長良川温泉は、中心市街からほど近い立地ですが、長良川に面して旅館が建ち並ぶ落ち着いた景観が魅力です。古い町並みを散策したり、ロープウェイで金華山に登...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?