アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2019年11月6日更新

73,256view

お気に入り

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや、シカゴ発祥の老舗ポップコーンなど、“いわゆるアメリカンフード”とはちょっと違う個性的なグルメがいっぱい!その中でもオススメな4つのシカゴ名物とその由来を、それぞれ食べられる人気のレストランを含めてご紹介します。

この記事の目次表示

シカゴの「地理」が個性派グルメを生んだ!

アメリカ3大都市の1つでもあるシカゴはアメリカ大陸のほぼ中央にあり、今や交通のハブとしても、産業やビジネスにおいても、重要な都市となっています。

ですが、個性派グルメの由来は、だいぶ昔、鉄道が普及する前のとして栄えてきた頃まで遡ります。

「シカゴに港?!」と思われるかもしれませんが、シカゴに海はありません。シカゴは五大湖の1つミシガン湖に面しています。そして、シカゴに流れるイリノイ川は、アメリカ合衆国で南北に一番長いミシシッピ川とミシガン湖を繋いでいるので、シカゴは昔から船による交通の便が良かったのですね。

  • 写真:まき子

こうしてアメリカ全土からモノが集まって来たこともあり、当時から中西部の農産物の集配地であったり、食肉加工産業の中心地としてアメリカ全土に加工した食肉を送り出していたそうです。

それでは、そんな歴史深いシカゴに行ったら食べるべきオススメ4グルメを、レストランとともにご紹介します。

ナイフとフォークで食べる!【Deep Dish Pizza(ディープディッシュピザ)】

シカゴピザといっても、日本のピザチェーン店ではありません(笑)。まさにシカゴ特有のピザで、正式にはDeep Dish Pizza(ディープディッシュピザ)と呼びます。その名の通り、深い鉄製の鍋で作られるピザで、ボリュームがあり、普通のピザと見た目が全然違います。

元々はシカゴでも普通の平たいピザが食べられていたそうですが、テキサス州の有名なフットボール選手Sewellが、シカゴで「Pizzeria Uno」というお店を創業したのがディープディッシュピザの始まりと言われています。さすがフットボール選手、とてつもないボリュームのピザを考案したものですね〜。

「Pizzeria Uno」以外にもディープディッシュピザの名店はたくさんあります。今回、筆者がご紹介するお店はこちら↓!

行列は覚悟!「Gino's East Pizzeria」

1966年創業から変わらない味を提供しているという老舗の人気店。ディナーを食べるには少し早いかな?と思う16時に行っても、もうこの行列!

中はレンガ造りで穴蔵みたいな雰囲気がいい感じです。しかもお店の壁という壁に、落書きが!!周りをみると、落書きするためにペンを持参している人もたくさん。

壁だけじゃありません、木製の椅子にもびっしり!コンセントの差し込み口のプラスチックにまでびっしり!

廊下や柱、お店の像にもびっしり!

ディープディッシュピザは注文してから作られるので、出てくるのに約30分以上かかります。その待っている間に子供が落書きしたのが、この落書きの始まりだったそう。

ディープディッシュピザは深い鉄製の鍋で作られるので、具材もたっぷり!筆者が注文したGino's Supremeは、中にpepperoni(ペパロニ), onion(玉ねぎ), mushroom(マッシュルーム), greenpepper(グリーンペッパー),そしてSausage(ソーセージ)が入っているのですが、このSausageがハンバーガーのパテみたいに大きく、食べ応えがあります。

注文する際はサイズにご注意ください。ミディアムは3〜4人用。2人ならスモールで十分です

  • Small $23(約2,530円)
  • Midium $27(約2,970円)
  • Large $30(約3,300円)

スモールといってもこのボリューム!4分の1でこのサイズです。しかもパン生地の高さは5cm

ピザといえば手で食べるのが普通ですが、ディープディッシュピザはこんな大きなピザなので、ナイフとフォークで食べるのも特徴。ジャンクフードというイメージのあるアメリカンピザとは違い、ディープディッシュピザはチーズもトマトソースも本格的でジャンクフードとは格が違います。

なお、今回ご紹介したのは本店です。本店から徒歩20分くらいの距離のところにも新店があり、その他の地区にも展開しているようです。

ジーノズ・イースト・ピッツェリア
アメリカ / 洋食・西洋料理
住所:162 E Superior St, Chicago, IL 60611 アメリカ合衆国地図で見る
Web:http://www.ginoseast.com

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら


アメリカのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【アメリカ】In-N-Out Burgerの裏メニュー、一挙にご紹介!

In-N-Out Burger(イナウトバーガー)は、アメリカ、カリフォルニア生まれの人気ハンバーガーチェーン店。フレッシュな商品を提供することにこだわった日本...


アメリカ最強のメキシカンファストフードチェーン「チポトレ」(ボストンより)

2019年時点でアメリカで最も有名なファストフードチェーンの一つ「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill)」。アメリカ東海岸...

【LA】大迫力の飛行機を見ながら食べるIn-N-Out Burger

ロサンゼルス国際空港(LAX)間近!!大迫力の飛行機を見ながら、アメリカらしい食事はいかが?今回はIn-N-Out Burgerウェストチェスター店の魅力と、オ...

【NY】あふれるパストラミ!カッツデリカテッセンの魅力と注文方法

日々美味しいものが産み出され、世界中から絶品グルメが集まるNY。そんな場所に1888年創業、今も人気が衰えない老舗があることをご存知でしょうか?その名も「カッツ...

サンフランシスコ在住者がおすすめする名物グルメ・レストラン10選

人口比に対してレストランの軒数が世界一ともいわれる美食の街・サンフランシスコ。サンフランシスコ在住の筆者が、お財布への負担も考慮しながら、サンフランシスコで食べ...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【大丸神戸店】デパ地下で楽しくお買い物!神戸土産にもぴったりな名物13選

神戸観光の人気エリア、旧外国人居留地にある【大丸神戸店】は、神戸元町を象徴する建物として鎮座しており、地元人も観光客もショッピングや飲食に訪れる人気スポット。そ...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【新神戸駅】新幹線の真下を流れる「生田川」で大人も子供も楽しく水遊び♪

山陽新幹線・新神戸駅のプラットフォームの真下には、びっくりするほど澄んでキレイな「生田川」という清流が流れていて、小さなお子様から大人まで水遊びができる一帯があ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります