アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

取材・写真・文:

兵庫在住

2018年9月6日更新

2,425view

お気に入り

写真:まき子

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや、シカゴ発祥の老舗ポップコーンなど、“いわゆるアメリカンフード”とはちょっと違う個性的なグルメがいっぱい!その中でもオススメな4つのシカゴ名物とその由来を、それぞれ食べられる人気のレストランを含めてご紹介します。

シカゴの「地理」が個性派グルメを生んだ!

アメリカ3大都市の1つでもあるシカゴはアメリカ大陸のほぼ中央にあり、今や交通のハブとしても、産業やビジネスにおいても、重要な都市となっています。

ですが、個性派グルメの由来は、だいぶ昔、鉄道が普及する前のとして栄えてきた頃まで遡ります。

  • 写真:まき子

「シカゴに港?!」と思われるかもしれませんが、シカゴに海はありません。シカゴは五大湖の1つミシガン湖に面しています。そして、シカゴに流れるイリノイ川は、アメリカ合衆国で南北に一番長いミシシッピ川とミシガン湖を繋いでいるので、シカゴは昔から船による交通の便が良かったのですね。

  • 写真:まき子

こうしてアメリカ全土からモノが集まって来たこともあり、当時から中西部の農産物の集配地であったり、食肉加工産業の中心地としてアメリカ全土に加工した食肉を送り出していたそうです。

それでは、そんな歴史深いシカゴに行ったら食べるべきオススメ4グルメを、レストランとともにご紹介します。

ナイフとフォークで食べる!【Deep Dish Pizza(ディープディッシュピザ)】

シカゴピザといっても、日本のピザチェーン店ではありません(笑)。まさにシカゴ特有のピザで、正式にはDeep Dish Pizza(ディープディッシュピザ)と呼びます。その名の通り、深い鉄製の鍋で作られるピザで、ボリュームがあり、普通のピザと見た目が全然違います。

元々はシカゴでも普通の平たいピザが食べられていたそうですが、テキサス州の有名なフットボール選手Sewellが、シカゴで「Pizzeria Uno」というお店を創業したのがディープディッシュピザの始まりと言われています。さすがフットボール選手、とてつもないボリュームのピザを考案したものですね〜。

「Pizzeria Uno」以外にもディープディッシュピザの名店はたくさんあります。今回、筆者がご紹介するお店はこちら↓!

行列は覚悟!「Gino's East Pizzeria」

  • 写真:まき子

1966年創業から変わらない味を提供しているという老舗の人気店。ディナーを食べるには少し早いかな?と思う16時に行っても、もうこの行列!

  • 写真:まき子

中はレンガ造りで穴蔵みたいな雰囲気がいい感じです。しかもお店の壁という壁に、落書きが!!周りをみると、落書きするためにペンを持参している人もたくさん。

  • 写真:まき子

壁だけじゃありません、木製の椅子にもびっしり!コンセントの差し込み口のプラスチックにまでびっしり!

  • 写真:まき子

廊下や柱、お店の像にもびっしり!

ディープディッシュピザは注文してから作られるので、出てくるのに約30分以上かかります。その待っている間に子供が落書きしたのが、この落書きの始まりだったそう。

  • 写真:まき子

ディープディッシュピザは深い鉄製の鍋で作られるので、具材もたっぷり!筆者が注文したGino's Supremeは、中にpepperoni(ペパロニ), onion(玉ねぎ), mushroom(マッシュルーム), greenpepper(グリーンペッパー),そしてSausage(ソーセージ)が入っているのですが、このSausageがハンバーガーのパテみたいに大きく、食べ応えがあります。

注文する際はサイズにご注意ください。ミディアムは3〜4人用。2人ならスモールで十分です

  • Small $23(約2,530円)
  • Midium $27(約2,970円)
  • Large $30(約3,300円)
  • 写真:まき子

スモールといってもこのボリューム!4分の1でこのサイズです。しかもパン生地の高さは5cm

  • 写真:まき子

ピザといえば手で食べるのが普通ですが、ディープディッシュピザはこんな大きなピザなので、ナイフとフォークで食べるのも特徴。ジャンクフードというイメージのあるアメリカンピザとは違い、ディープディッシュピザはチーズもトマトソースも本格的でジャンクフードとは格が違います。

なお、今回ご紹介したのは本店です。本店から徒歩20分くらいの距離のところにも新店があり、その他の地区にも展開しているようです。

ジーノズ・イースト・ピッツェリア
アメリカ / 洋食・西洋料理
住所:162 E Superior St, Chicago, IL 60611 アメリカ合衆国
Web:http://www.ginoseast.com

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

超話題沸騰中!ニューヨーク5番街・ティファニー本店4Fの魅力♪

ニューヨークの5番街にあるティファニー本店は、4Fのホーム&アクセサリー売り場が一新され、2017年11月10日にはティファニー初のオリジナルカフェ「ザ・ブルー...

サンフランシスコ在住者がおすすめするSFグルメ10選・徹底ガイド

食に対する市民の関心が高く、オーガニックカルチャーのメッカでもあるサンフランシスコ。毎日のように新しいレストランがオープンしては話題になり、2016年はフードマ...


ニューヨーク・最新&定番の喜ばれる絶品チョコレートお土産ガイド♪

ニューヨークのチョコレート土産というと、ニューヨークらしいパッケージがセンス良く、空港で手軽に買える「アスターチョコレート(Astor Chocolate)」や...

出張サラリーマン必見!!女性が喜ぶアメリカ土産 〜サンフランシスコ編〜

シリコンバレーが近く、IT企業やスタートアップが集まるサンフランシスコ。最新のテクノロジーやビジネスのトレンドの発信地として注目度が高く、日本からの出張サラリー...


週末はNY最大級の名物フリーマーケット「ブルックリンフリー」へ!

NYのブルックリンで行われる“ブルックリンフリー”は、NY最大級規模のフリマ!冬は屋内、夏は屋外で、ニューヨーカーから古着やハンドクラフト雑貨など、お洒落でお買...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


【ネスタリゾート神戸】グランピングもホテルもゴージャス★BBQを楽しもう!

「グランピング」とはテントやキャンプの道具を持っていかなくても、自然の中でホテル並みのゴージャスな空間やBBQが楽しめる新しいリゾートスタイル。その本格的な施設...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?