八幡平市

人とは違う旅がしたいあなたに!夏の岩手&秋田旅の裏メニュー4選

取材・写真・文:

トラベルライター

2021年3月16日更新

6,696view

お気に入り

暑い夏におすすめの東北旅行!せっかくなら、人とはちょっと違うディープな東北・岩手&秋田を体験してみませんか?「夏の岩手&秋田旅の裏メニュー4選」では、文化財として見る「小岩井農場」、荒々しくその姿を残す溶岩流の岩原「焼走り熔岩流」、大自然を行く「八幡平」のトレッキング、秘湯露天「ふけの湯」の4つのスポットをご紹介!人には教えたくない秘密の裏メニュー、しかも車さえあれば、4つのメニューを一日で回ることもできる厳選のコース!これはもう、行くしかないですね!

この記事の目次表示

1:定番「小岩井農場」を文化財として見る

小岩井農場(こいわいのうじょう)とは

小岩井農場は、小岩井農牧株式会社が所有する、岩手県岩手郡雫石町にある日本最大の民間総合農場です。

1891(明治 24)年の開設で、共同創始者である小野義眞(日本鉄道会社副社長)、岩崎彌之助(三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)の三名の頭文字から、「小岩井」の名前が付けられました。

農場と聞くと、牛や馬を見たり、アスレチックやアクティビティを楽しむファミリー向けの施設というイメージが強いかもしれません。しかし小岩井農場には、明治時代から昭和初期にかけて建設された、牧畜関連の建築物が複数残されており、文化財として高い価値を持つ側面もあるのです。

牛舎やサイロのほか、事務所、倉庫、集会用の施設である「倶楽部」など、農場に関わる建物が多く残されている小岩井農場。牛舎の建築には、大空間を確保するために「トラス架構」と呼ばれる技法が取り入れられており、近代建築史や近代農業史の世界でも注目されています。

これらの建物をただ保護するのではなく、使用しつつ保存するというのが所有者である小岩井農牧株式会社の方針とされており、牛舎では現在も牛が飼われています。

小岩井農場の重要文化財は自由見学できない

そんな小岩井農場の重要文化財群、今も現役で使用されているという点から、自由見学ができる場所がかなり限られています。遠くから見られるいくつかの施設はあるものの、これでは重要文化財を見たとは言いにくい…。

そんなときに活用したいのが、小岩井農場のバスツアーです!

「小岩井農場めぐり 重要文化財コース」を活用しよう

  • 写真:トラベルライター提供:小岩井農牧株式会社様

ガイド付きツアー「小岩井農場物語」のバスツアー、「小岩井農場めぐり 重要文化財コース」は、非公開エリアや重要文化財の建築物をめぐる、45分間のミニツアーです。「多くの方がご存じない、『小岩井農場の真の姿』にふれることができるバスツアーです。」と公式ホームページで紹介されるほど、「知る人ぞ知る」楽しみ方と言えるでしょう。

全ての重要文化財のところで降車できるわけではなく、主にバス車内からの見学となりますが、特徴や歴史などをガイドさんが分かりやすく説明してくれるので、充実のコースとなっています。

時間、定員が決まっているツアーとなっていますので、特に遠方から行く場合には事前に予約をしておいたほうが安心ですね!

「小岩井農場めぐり 重要文化財コース」
■期  間:4月中旬~ 11月上旬
■開始時刻:重要文化財コース①10:30 ②13:30 ③15:30
■料  金:中学生以上800円、5歳以上400円、全て自由席
■定  員:各回33名(当日受付先着順)
※5歳以上から参加可能。(4歳以下のお子様は参加できません)
※事前予約も可。WEB予約の場合はご希望日の3日前まで。電話予約は当日も可(019-692-4321)。
公式HPはこちら
小岩井農場
雫石町(岩手郡) / 子供が喜ぶ / 観光名所 / 牧場 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 一人旅 / 花畑(5月) / 花畑(6月) / 花畑(7月) / 花畑(9月) / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / 桜の名所 / ハイキング / 遊び場
住所:岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1地図で見る
電話:019-692-4321
Web:http://www.koiwai.co.jp/makiba/

小岩井農場から車で約40分、次の裏メニューは「焼走り熔岩流」!

  • 写真:トラベルライター

小岩井農場を楽しんだ後は、そこから北へおよそ30km、岩手山のふもとへと車を走らせましょう。所要時間は一般道で約40分、山を眺めて車を走らせるドライブも東北旅の魅力です。

2:荒々しい溶岩流の岩原「焼走り熔岩流」

「焼走り熔岩流」とは

  • 写真:トラベルライター

焼走り熔岩流(やけはしりようがんりゅう)とは、岩手県八幡平市の岩手山から流出した溶岩流によって形成された岩原で、国の特別天然記念物に指定されています。焼走り溶岩流が形成された火山活動の年代は、1719年(享保4年)とされていますが、近年の研究では1732年(享保17年)とする説もあります。いずれにしても今から約300年も昔にできたものなんですね。

扇状に広がる黒い岩石帯は、長さ約3km、最大幅約1kmに及びます。緑あふれる周囲の景色とは全く別の、荒涼とした風景が広がります。熔岩流末端に片道約1kmの観察路が設けられていて、すぐ近くで溶岩の固まった小さな岩を見ることが可能です。

なお、冬季には積雪で閉鎖されるため見学ができないのでご注意を。また散策路の終点には、この場所を訪れた宮沢賢治による詩、「鎔岩流」の碑が建てられています。

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター
焼走り溶岩流
八幡平市 / 自然・景勝地 / 絶景 / 穴場観光スポット / 一人旅 / 穴場デートスポット / ハイキング
住所:岩手県八幡平市平笠地図で見る
電話:0195-78-3500

「焼走り熔岩流」から車で約40分、次の裏メニューは「八幡平トレッキング」!

「焼走り熔岩流」の所要時間は約20~30分というところ。次は夏の東北の大自然を味わう山へと足を運びましょう!

「焼走り熔岩流」から北西におよそ30㎞、「アスピーテライン」というドライブウェイを通って、「八幡平山頂駐車場」(「アスピーテライン頂上駐車場」)へと向かいます。ドライブの後半は山道に突入。窓を開けておいしい空気を味わってください!

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


東北の人気温泉TOP25!旅行好きが行っている温泉地ランキング

銀山温泉に秋保温泉、浅虫温泉郷や東山温泉などをはじめとする東北の温泉の中で、トリップノートの6万4千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行っ...


withコロナ!三密さけて外で遊ぼう!東北のおすすめスポット13選

これが正解!とか、これなら完璧!はないけれど、少しでもコロナ感染のリスクを減らしたい!そんな風に考え、できる限り三密を避け、おひさまの下で遊べる散策スポットをピ...

【岩手】コロナ禍で人気が上昇した観光スポット7選

トリップノートのアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のランキングを元に、新型コロナウイルス感染症の流行が始まる前と比べて、人気が上昇した岩手県の観...

【岩手】溶岩を歩く!? 焼走り溶岩流を散歩しよう!

岩手県八幡平市に溶岩流が広がる場所があるのをご存知でしょうか?「焼走り溶岩流」と呼ばれ、国の特別天然記念物にも指定されています。今回は、そんな自然遺産 焼走り溶...

秋の絶景が見た~い!東北6県の紅葉スポット11選

暑い夏がすぎ、街が色づいてくると、お出かけ気分がムズムズ。自然が織りなす秋の絶景が見たくなりますね。東北6県で、筆者が独断と偏見でチョイスした紅葉スポットと、あ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります