箱根
箱根観光
都心から日帰りもできる温泉リゾート

見て!触れて!走り回る!箱根彫刻の森美術館【神奈川】

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2019年4月12日更新

1,296view

お気に入り

箱根彫刻の森美術館は、神奈川県箱根町にあります。人々が自然の中で、彫刻に接する機会を提供する国内で初めての野外美術館(オープンエアーミュージアム)として、1969年(昭和44年)に開館しました。通常の美術館では、静かに!触れない!撮らない!が、3大マナーですが、箱根彫刻の森美術館の野外展示場では、大自然の中、他人に迷惑をかけなければ、笑いあってもいいし、触れるどころか、作品で遊べるものもあり、写真だって撮り放題!そんな夢のような箱根彫刻の森美術館では、一日中のびのびと、ピクニック気分で遊べます。

この記事の目次表示

箱根彫刻の森美術館って、どんな所?

箱根の山々が望める7万㎡の広大で緑豊かな場所に、 近代・現代美術を代表する彫刻家の作品が120点常設展示されています。ヘンリー・ムーアやイサム・ノグチ、高村光太郎など国内外の著名な芸術家の作品が間近で鑑賞できるのです。お気に入りの作品をじっくり眺めたり、ピクニック気分でのんびり歩いたり、自然の中で芸術と触れ合いながら自由に過ごすことができます。

また、ピカソ館など5つの室内展示場でも世界有数のコレクション300点余りを順次公開しているほか、天然温泉の足湯も設置されているので、歩きまわって疲れた足を休めることもできます。

ちびっ子たちも大喜び

箱根彫刻の森美術館には、プレイスカルプチャー(遊戯彫刻)という、子供たちが中に入って遊ぶことができる造形作品があります。遊びの中で自然に、色彩や光の生み出す美しさや、造形の面白さを発見することを目的としているそうです。

ピーター・ピアースの作品、「シャボン玉のお城」は、小学生以下の子供のための作品。ふわふわと空に舞い上がるシャボン玉のようなカプセルの中は、迷路にもなっていて、子供たちの歓声が響いています。

美術館のシンボルとも言える塔「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」も、その一つ。ガブリエル・ロワールの作品で、内部は、らせん階段が続き、一面ステンドグラスがはめ込まれています。

屋外展示はすべてに規格外!

入場して間もなく「芸術は爆発だ!」の岡本太郎の「樹人」が、存在感を示しています。

フランソワ=ザビエ・クロード・ラランヌの「嘆きの天使」は、天使の涙が池になっていて幻想的な雰囲気です。

他にも、突然芝生の中に倒れている人がいて驚かされるアントニー・ゴームリーの「密着」や、思いきりド派手におしゃれをした大きな女性が立っているのだけれど、不思議なほど森に溶け込んでいるニキ・ド・サン・ファールの「ミス・ブラック・パワー」など、楽しい作品がいっぱいです。

ちなみに彼女の名前は、ナナさんですって(笑)。なんて、和んでもいられないのですよ。突如、不気味な球体アルナルド・ポモドーロの「球体をもった球体」が、現れたりもします。

歯型のような割れ目の中には、また球体が!こんなふうに、不可思議なアートもたくさんあるので、想像の翼を広げながら散策してみましょう。開放的な雰囲気の中で大人も子供も、のびのびとアートに親しめる最高の場所です。

芝生も木々も太陽も、自然のすべてが彫刻を彩り、野外美術館ならではの、規格外に大きなアート作品に出会えるのも、箱根彫刻の森美術館だからこそではないでしょうか?このほかにもご紹介しきれないたくさんのアートが展示されているので、一度お出かけください。都内からも直ぐです。

箱根彫刻の森美術館の概要

開館時間

9:00〜17:00 年中無休 

入館料

・一般  1,600円

・大学生・高校生 1,200円

・中学生・小学生 800円

アクセス:電車の場合

小田原駅→箱根湯本駅→箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分

アクセス:車の場合

・東京方面より

東名厚木IC→小田原厚木道路→国道1号線→宮ノ下交差点左折→強羅方面右折→県道723号線

・御殿場方面より

東名御殿場IC→国道138号線→宮ノ下交差点右折→国道1号線→強羅方面右折→県道723号線

箱根彫刻の森美術館
箱根 / 博物館・美術館 / 観光名所
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121地図で見る
電話:0460-82-1161
Web:http://www.hakone-oam.or.jp/
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

箱根の旅行予約はこちら

箱根のパッケージツアーを探す

箱根のホテルを探す

箱根の航空券を探す

(羽田空港)

箱根の現地アクティビティを探す

箱根のレンタカーを探す

箱根の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年9月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2019】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...


【2019】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

【2019】9月の国内おすすめ旅行先19選!3連休に行きたい観光地特集

ようやく暑さもおさまる9月。彼岸花やコスモスなどの秋の花が咲き、早いところでは紅葉も見頃を迎えます。9月の3連休やシルバーウィークにおすすめの国内旅行先をご紹介...

箱根の玄関口・箱根湯本を散策しよう!おすすめスポット・お店10選

新宿駅から小田急線の特急ロマンスカーで、東京駅からJRと箱根登山鉄道に乗って約1時間30分のところにある「箱根湯本」。大涌谷や芦ノ湖、仙石原といった箱根で人気の...

箱根フリーパスで日帰りの旅!いろんな乗り物をお得に楽しもう

箱根の主要な観光地をつなぐ交通機関に乗り放題で、箱根をお得に観光できる箱根フリーパス。箱根フリーパスを使って日帰りで巡ったコースをもとに、それぞれの交通機関で知...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

伊勢&鳥羽で楽しい!とっておきのお土産探し14選

歴史をさかのぼってみると、江戸時代より伊勢参拝の土産物として、お団子などが売られていたことがわかっています。帰りを待つ人達に、土産話と一緒にお土産を配る。そんな...

岐阜「リスの森飛騨山野草自然庭園」のリスが可愛すぎてメロメロ

歴史的建造物が多く残る町並みや温泉郷など、見どころが多い飛騨高山観光で、ぜひ加えて頂きたいのが「リスの森飛騨山野草自然庭園」。放し飼いになっているリスたちと触れ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?