香港
香港観光
ヴィクトリアピークからの夜景は世界三大夜景のひとつ

意外と快適!【中国・鉄道旅】香港〜上海片道19時間の寝台列車へ

取材・写真・文:

イギリス在住

2018年5月22日更新

2,329view

お気に入り

写真:Kisa

時間があれば憧れる、のんびりと時間をかけて進む鉄道の旅。異国なら、なおさら冒険心が掻き立てられませんか?そんな人にこそ挑戦してもらいたいのが、香港~上海の寝台列車の旅です。香港から上海へは片道19時間で到着できるうえ、日本の近隣国である香港発なら「あまり時間がない…」という人でも挑戦しやすいはず◎また「中国の電車なんて、不安…」と思っている人は特にビックリしちゃうほど意外と快適な陸の旅だから、「普通の旅行じゃ物足りないし、時間もある!」という人こそ、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

〈香港~上海〉寝台列車の基本

総距離と所要時間

  • 写真:KisaTrain

香港と上海の総距離は、約1,500km、マイルで換算すると932マイル離れており、通常フライトであれば1時間半ほどの旅路です。そこをあえて寝台列車に乗り、時間をかけて移動するところにロマンを感じずにいられない人は筆者だけではないはずです!

4種類ある座席の種類

  • 写真:KisaTrain

香港と上海を結ぶ寝台列車の場合、基本的に「硬座・軟座・硬臥・軟臥」の4種類のシートから選びます。「座」は椅子、「臥」は寝台を表しており、意外と快適な陸の旅とはいえ、19時間もの時間を過ごす車内のシートだからこそ、「臥」と付く寝台を選ぶことが、快適に過ごす条件としてもとっても大切です。

この「臥」と付く寝台の場合、コンパートメントが何人用であるかをはじめ、カーテンやテレビなど付属品による快適さが異なってきます。たとえば、「硬臥」はコンパートメントに3段ベッドが2つあり、計6ベッドが配置されています。一方、「軟臥」の場合は、硬座に比べると2倍近い値段に上がるものの、カーテンを閉めれば個室になるコンパートメントに4ベッドと1人1人に与えられる空間が広くなるためより快適な旅ができるのです。

実際に、「軟臥」は1等寝台、「硬臥」は2等寝台として捉えられており、さらに快適さを求める場合には、数が限られているものの、2人個室であるデラックス軟臥を選ぶこともできちゃいます!

※ちなみに、筆者は2等寝台クラスの「硬臥」を選択しました。

おすすめなのは1番上の寝台

  • 写真:KisaTrain

4種類ある座席の種類から「軟臥」もしくは「硬臥」と寝台を選んだら、ベッドの位置も希望することができます!このとき、プライバシーを大切にしたいのであれば、絶対におすすめなのが1番上の寝台ベッドです。1番下になると、同じコンパートメントになった乗客のお友達や親族などがやってきてはそこに座り、お菓子を食べお喋りを楽しむことも…。

そのため、旅の目的は「とにかく現地の人と仲良くなる!」という人であれば、あえて1番下の寝台ベッドを希望するのもアリかもしれません◎ただし、トイレに立つときなど貴重品以外の荷物が気になるという人であれば、物理的に高さがあって盗難などの危険性が低くなる1番上の寝台がおすすめです!

切符の購入方法と料金の目安

  • 写真:KisaTrain

希望の乗車日はもちろん、座席の種類や寝台の位置まで希望を決めたら、いざ切符を購入しましょう!切符の購入方法は、基本的に駅の窓口で購入するのが一般的です。とはいえ、「中国語に自信がなくて窓口購入は不安…」という人であれば、手数料を支払って旅行代理店にお願いする方法もあります。

ただし、切符を買うときから冒険心を高めてもらいたいからこそ、おすすめは窓口で直接チケットを購入する方法です。中国語が全くできないという人も、事前に購入したいチケットに関する情報を箇条書きにした紙を窓口の人に見せれば、語学ができなくても購入することができます。

  • 日付(○年○月○日)※日本の西暦と同じ
  • 出発駅(九龍站)
  • 到着駅(上海火車站)
  • 座席タイプ(硬臥)

この4つの情報を箇条書きにして見せるだけで、ほぼ間違いなく購入することができるはずです◎なお、料金は硬臥で380元(約6,600円)でしたが、希望する座席の種類によって異なります。また、5歳以下の子どもは大人が同伴の場合に限り無料ですが、座席はないため、座席もしくは寝台を一緒に使用することが条件となります。

購入時および乗車時に必要なもの

  • 写真:Kisaimmigration

中国でも香港は特別区であるため、香港から上海への移動には「パスポート」が必要です。切符の購入時と乗車時、さらに到着時にはイミグレーション(検疫)があるため、パスポートは貴重品とともにすぐに提示できるよう準備しておくことが大切です。

  • 写真:KisaTrain

なお、移動中も乗員によるパスポートや切符のチェックがあるため、乗車時だけでなく乗車中もすぐに見せられるように用意しておきましょう!


のんびりと19時間の鉄道旅を楽しむのみ!

  • 写真:KisaTrain
  • 写真:KisaTrain

列車内には食べ物や飲み物を持ち込めるのはもちろん、車内販売も頻繫に行われているため安心です!普段あまり見ることのない永遠と続く中国の田舎景色を車窓から楽しんだり、飛行機ではなく19時間かけて行う列車移動だからこそ目にする風景や出会いが、大切な旅の思い出になるはずです◎

九龍駅
香港 / 駅・空港・ターミナル
住所:香港油尖旺区西九龍填海区地図で見る
上海駅
上海 / 駅・空港・ターミナル
住所:中国 上海市 閘北区 火車站 邮政编码地図で見る

香港の旅行予約はこちら

香港のホテルを探す

香港の航空券を探す

香港のパッケージツアーを探す

香港の現地アクティビティを探す

香港のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

イギリス在住。ママになっても一生トラベラー
イギリスにて子育て中のフリーライター。
沖縄1人旅からはじまり、現在約50ヵ国を旅するトラベラー。
1本バスを乗り違えただけでストーリが変わる1人旅の魅力にはまり、もっぱら1人旅が大好きだったときに、現在では主人であるイギリス人の彼と出会い2人旅に目覚める。
遠距離歴6年、現地集合・現地解散で2人で世界を旅する。
そして3人家族となった今も、さらに旅欲は増すばかり。
娘に見せたい景色、肌で感じてもらいたい文化、人の温かさはまさに無限。
母・娘2人旅もモロッコはマラケシュにてデビューを果たし、2歳の娘も現在10ヵ国を訪れた立派な旅人。
いつでも・どこでも自分で楽しみ方を見つけて全身で遊ぶ娘に学ぶ日々。

【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...

子連れに嬉しいエリアも!ロンドンヒースロー空港ターミナル2の魅力

2014年6月にリニューアルオープンした、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル2(T2)。スターアライアンス各社の便が発着するため、全日空(ANA)直行便や韓国の...


タイタニックの世界へタイムスリップ!イギリス/サウサンプトンにある「SeaCity博物館」

イギリス南部の街「サウサンプトン」。実はここ、映画でも知られる「タイタニック号」の母港がある街なのです。そんなサウサンプトンを訪れたのなら必ず足を運びたいのが、...

イギリス国民的アニメ【ペッパーピグ】の世界へ誘うPeppa Pig World

イギリスで国民的アニメーションといえば、「Peppa Pig(ペッパーピグ)」。約180もの国々で放送されており、今やイギリスだけでなく世界各国にファンがいるほ...


自由に冒険したいなら車が1番!アイスランドのレンタカー事情とは?

アイスランド旅行の醍醐味である、大自然を感じる旅。「自然の宝庫」ともいわれるアイスランドの大自然をもっと身近に、もっと自由に感じられる旅にしたいなら、レンタカー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?