インド
インド
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

ヨガの聖地 インドのリシケシでヨガ体験する方法と町の魅力

2017年11月9日更新

562view

お気に入り

日本のみならず、世界中で大ブームのヨガ。そんなヨガの聖地がインドにあるのを、みなさんご存知ですか?そこにはかつて、ビートルズやスティーブ・ジョブズなどもお忍びで行ってヨガを習ったとか。今回はそんなヨガの聖地の魅力の紹介と、聖地でヨガを体験してヨギーになる方法について紹介していきたいと思います。

ヨガの聖地はどこにある?

世界中で大ブームのヨガ。その聖地があるのは、インドの「リシケシ」という場所。リシケシは、首都のデリーよりさらに北、ヒマラヤの麓にある町です。

リシケシの町はヒンドゥー教の聖地として知られており、ヨガのふるさととしても有名です。ビートルズやスティーブ・ジョブズなど、世界のセレブがお忍びで修行にきたというこの場所は、ヨギーにとっての憧れの場所として知られています。

リシケシでヨガを体験するには?

そんなヨガの聖地リシケシ。実際にヨガを体験してみたいけど、どうすればいいの?聖地でそんな簡単にレッスンができるの?と思われる方も多いかもしれません。

しかしご安心ください。ヨガを体験するための仕組みさえ知れば、とても簡単。自分のレベルに合ったヨガのレッスンを本場で受けることができます。次からは簡単に、ヨガ体験の方法を解説していきます。

体験の方法は大きく分けて2種類

リシケシでヨガを体験する方法は、大きく分けて2種類あります。1つは「アシュラム」と呼ばれているヨガの道場の中からお気に入りのアシュラムを探してそこに滞在し、寝食もアシュラムで行いながら1日中じっくりヨガを体験する方法。

こちらは、ヨガインストラクターの資格を取りたい方や、日本でのヨガの経験が豊富で、じっくりヨガに取り組みたい人向きといえるでしょう。

もう1つは、ドロップインといわれる方法です。アシュラムの中には時間を決めて何種類かのヨガクラスを開催しているところがあり、それぞれのクラスに飛び込みで参加することができる場合があります。これがドロップインと呼ばれる方法です。

アシュラムの前にレッスンの内容と時間が書かれた看板が出ているところは、飛び込みでの参加が可能なアシュラムです。自分のレベルに合い、都合の良い時間のレッスンがないかをチェックしましょう。気になったらアシュラムに入ってみて、どんな内容のレッスンで、飛び込み参加が可能かなど詳細を聞いてみましょう。

おすすめアシュラムは「Yoganandaham」

リシケシには、アシュラムが多くありすぎてどこに行けばいいか迷ってしまう。いきなりアシュラムに飛び込んで話を聞くのは少し不安。そんな人のために、私が実際にリシケシで行ってみてオススメできるアシュラム「Yoganandaham」をご紹介しておきます。

私もこのアシュラム「Yoganandaham」のレッスンに飛び込みで参加しました。ハタヨガのレッスンでしたが、初心者の私にも優しく、わかりやすく丁寧に指導してくれました。

Yoganandahamの先生のマニィッシュさんはアメリカでの指導経験も有り、ビルゲイツにもヨガを指導したことのあるすごい人。生徒のレベルに合わせて、優しく丁寧にヨガを教えてくれます。また、先生は気さくでお話好きでもあります。

日本から本格的にヨガを勉強しにきたヨガインストラクターの方も、ここに滞在してレッスンを受けていました。本格的にヨガをやりたい方、初心者どちらにもぴったりです。ドロップインは1レッスン300ルピー(約520円)で受講が可能です。

Yoganandahamホームページはこちら

Yoganandham
インド / 体験・アクティビティ
住所:Anand Dham Ashram, Tapovan, Post Office- Shivananda Nagar Tehri Garhwal, Rishikesh, Uttarakhand 249192, India
電話:98971 88007
Web:http://yoganandham.com/

ヨガだけじゃない?!リシケシの魅力!

リシケシはヨガの聖地。でも、魅力はヨガだけではありません。その他にもたくさんあるリシケシの魅力をご紹介!

綺麗な流れのガンジス川

リシケシはヒマラヤの麓にある町。そのおかげで、リシケシの町の真ん中には綺麗な潮流のガンジス川が流れます。壮大で綺麗なガンジス川の流れは、いくらでも眺めていられそう。ただぼーっと眺めているだけで、心が洗われるような気持ちになるんです。

カフェがたくさん

リシケシにはカフェがたくさんあります。ヨーロッパやアメリカからも多くのヨギーが集まるこの町では、カフェ文化が発展しているんです。おすすめのカフェは「GERMAN BAKERY」というカフェ。美味しいパンとコーヒーはもちろん、店からのガンジス川の眺めも最高です。

Devraj Coffee Corner German Bakery & Restaurant
インド / カフェ・喫茶店
住所:Laxman Jhula, Rishiskesh, Uttarakhand 249192, India
電話:135 244 2089

ベジタリアンな町

リシケシは、ヒンドゥー教の聖地でもあり、食事は全てベジタリアンメニュー。ヨガの修行をしながらベジタリアンなメニューで身体の内側からも綺麗に。この町に来れば、健康になること間違いなしです。

リシケシへの行き方は?

日本からリシケシへ行くには、まず首都のデリーへ飛行機で。その後、ニューデリーからタクシー、列車、バスで向かうことが可能です。

もっとも楽な移動はタクシーでの移動です。所要時間は約4時間。交渉次第ですが、相場は4,000ルピー(約7,000円)程度です。楽ではありますが、少し料金がかかります。

列車の場合は、ニューデリーからハリドワールという駅まで列車に乗っていき、ハリドワールの町からタクシーや人力車のようなリキシャで行くことになります。こちらの列車の相場は、2等のエアコン付き車両で700〜1,000ルピー(約1,230〜1,750円)。所要時間は8時間ほどです。タクシーよりも手間と時間はかかりますが、安く行けるのが魅力です。

バスの旅は、乗り継ぎが難しかったり、時間が読めないので、よほど旅慣れている人以外はやめておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、ヨガの聖地リシケシでヨガを体験する方法と町の魅力をご紹介しました。是非皆さんも、ヨガの聖地で自分のスタイルに合ったヨガレッスンを受け、ベジタリアンな食事を楽しみ、ガンジス川に心癒されてヨギーになってみてください。

身体も心も綺麗に整うこと間違いなしのリシケシ、本当におすすめです。

リシケシ
インド / 町・ストリート
住所:Rishikesh, India

※記事の中のインドルピーから日本円への換算は2017年10月現在のレートを利用しています。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月18日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

旅するフリーランス
生田芳貴(teriyaki44)

「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。

1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。


神戸市で7年間中学校の先生をやったたあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。

世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。

現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。

お仕事の依頼、相談は随時受け付けています!
https://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

神の創造した最後の秘境 フィリピン・エルニドで最高の海の楽しみ方

7,000以上の島からなる国フィリピン。格安の英語留学で話題のセブ島や、人気リゾート地として旅行者の多いボラカイ島などが有名です。しかし、フィリピンの底力はそん...

【フィリピン】セブから日帰りできるボホール島のおすすめ観光3選

日本から気軽に行けるリゾートとして話題のフィリピン、セブ島。もちろんセブ島だけでも見所満載ですが、皆さんはセブ島から日帰りで行ける楽しい島があることをご存知です...

ヨーロッパ 幻想的で美しすぎる 観光におすすめの図書館5選

みなさんは図書館と聞いて、どんなイメージを持ちますか?本を読むところ?調べ物をするところ?しかし、ヨーロッパにはそれだけにとどまらない存在意義を持った、図書館が...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?