インド
インド
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

2018年5月17日更新

110view

お気に入り

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来るとしても、北インドをさらっと巡るだけのことが多い印象ですが、南インドはまた違った魅力があるのです! 本記事では、現地に駐在している筆者が、チェンナイの見どころを7つ厳選してご紹介します!

【1】世界で2番目に長い「マリナビーチ」

  • 夕暮れ時の「アンナードゥライ記念廟」はシルエットが美しい

海沿いの街チェンナイを代表するビーチはマリナビーチ! ビーチとはいえ、バカンスを楽しむリゾートのような場所ではなく、休日に現地の人々で賑わう庶民的なビーチです。

  • 「マリナビーチ」は地元の人の憩いの場

世界で2番目に長いと言われるだけあって、相当広い砂浜には、露店やアトラクションが点在しています。ビーチの入り口から海までは、歩いて15分ほどはかかるでしょう。

  • 特徴的な形が美しい「MGRメモリアル」

マリナビーチには、州政府首相であった、アンナードゥライとM.G.ラマチャンドランを記念するアンナー記念廟とMGRメモリアルがあります。どちらも夕暮れ時は、シルエットが美しいです!

マリナビーチ
インド / ビーチ
住所:Marina Beach

【2】ヒンドゥー教徒で賑わう「カパレーシュワラル寺院」

  • 塔門が美しい「カパレーシュワラル寺院」

マイラポールには「カパレーシュワラル寺院」という、南インドの特徴的なドラヴィダ様式の寺院があり、多くの参拝者が訪れます。高さ40m近い塔門(ゴープラム)と、大きな清めの池が特徴的で、ヒンドゥー教の神であるシヴァ神を祀っています。

異教徒は聖堂までは入れませんが、中庭までは靴を脱げば入ることができます(無料)。お祈りしている方の邪魔をしないように、静かに観光しましょう!

カパレーシュワラル寺院
インド / 社寺・教会
住所:kapaleeshwar temple
電話:044 2464 1670
Web:http://www.mylaikapaleeswarar.tnhrce.in/

【3】チェンナイ、陸の玄関口「チェンナイ中央駅」

  • ライトアップが美しい「チェンナイ中央駅」

大都市チェンナイの中心が、チェンナイ中央駅です。様々な長距離列車が発着しています。大きな駅舎は多くの人でごった返しており、南インドのエネルギーを感じますね!

  • 多くの人で溢れかえる駅構内

改札口はないので誰でもホームまで入れますが、乗車時に車掌さんが切符を確認する仕組みになっています。

  • しっかりしてそうなインドの夜行列車

「インドは電車が遅れる」というイメージが強いですが、筆者がチェンナイ中央駅からマイソール宮殿で有名なマイソールまで寝台列車に乗った時は、ほぼ時刻表通りの運行でした。予想以上に車内は綺麗で、料金も手頃なので、インドの寝台列車にもぜひ挑戦してみてください!

チェンナイ中央駅
インド / 駅・空港・ターミナル
住所:Chennai Central railway station

【4】南インド文化を学ぶなら「ダクシナチトラ」

  • タミル文字の変遷

ダクシナチトラは、タミルナードゥ州だけでなく、アンドラプラデシュ州、カルナータカ州、ケーララ州の、南インド4州の文化を学べる、文化村のような施設です。

それぞれの地域の特徴的な家屋を敷地内に移設しており、実際に中に入って見学することができます。建物内部は資料館になっていて、生活様式から芸術まで、幅広く知ることができます。メヘンディ(ヘナタトゥー)や、おもちゃ作りなどの、アクティビティも充実しています。

  • カルナータカ州の村のお祭りを再現

不定期で、それぞれの地域のお祭りを再現した踊り等を観ることができます。HPは要チェックです! ダクシナチトラの入場料は150ルピー(270円)です。

ダクシナチトラ
インド / 体験・アクティビティ
住所:Dakshina Chitra
電話:9841425149
Web:http://www.dakshinachitra.net/

【5】世界有数の爬虫類園「マドラス・クロコダイル・バンク・トラスト」

  • 「マドラス・クロコダイル・バンク・トラスト」入り口

インドだけではなく、世界中のワニを集め、飼育、保護、研究をしている機関が、「マドラス・クロコダイル・バンク・トラスト」です。マドラスはチェンナイの旧名です。本当に様々なワニがいて、圧倒されます!

ワニは基本的に夜行性です。そんな彼らの生態をより知るために、ナイトサファリも行われています。ワニが大好きな方にはもってこいの場所ですね!

昼間のチケットは60ルピー(128円)、ナイトサファリは200ルピー(360円)です。

世界遺産の遺跡を有するリゾート地「マハーバリプラム」

  • 世界最大のレリーフとも言われる「アルジュナの苦行」

チェンナイから南へ60km下ると、ベンガル湾を望む、マハーバリプラムというリゾート地にたどり着きます。リゾートとして訪れるのもいいですが、実は世界遺産に登録されている数々の遺跡がある村なのです! 

  • 彫刻が美しい石窟

世界最大のレリーフや複数ある石窟も目を引きますが、ここでは、観光客に特に人気な2つのスポットをより詳しくご紹介します!

【6】1,300年の歴史を誇る「海岸寺院」

  • 1,300年の時を語る「海岸寺院」

8世紀初頭、パッラヴァ朝時代に造られた小さな寺院です。「海岸寺院」の名の通り、海岸に建てられているので、1,300年という長い年月をかけて風化してきています。風化してはいるものの、東西交易の拠点として栄えた往時を偲ばせますね。

世界遺産となったため、周辺は整備されています。入場料500ルピー(900円)を払ってでも、近くまで行ってじっくり見てみたいですね! 寺院の中にも入れるようになっています。

海岸寺院
インド / 遺跡・史跡
住所:Shore Temple, Mahabalipuram, Tamil Nadu 603104 インド

【7】今にも転がりだしそうな奇妙な巨岩「クリシュナのバターボール」

  • 今にも転がりだしそうな「クリシュナのバターボール」

この岩を見るとあなたは自分の目を疑うのではないでしょうか? 大きな岩が、今にも斜面を転がりだしそうなのに、ぴたりと止まっているのです! ヒンドゥー教の神である、クリシュナ神の大好物バターボールに似ているため、「クリシュナのバターボール」と呼ばれています。

  • ナイフで切られたような断面も不思議

その昔、象を使って動かそうとしましたが、ビクともしなかったそう。後ろから見ると、まるでナイフで切ったような形になっているのも、これまた不思議ですね。

クリシュナのバターボール
インド / 遺跡・史跡
住所:Mada Koil St, Mahabalipuram, Tamil Nadu, India

終わりに

日本人がよく訪れる、いわゆる北インドの「ゴールデントライアングル(デリー、アグラ、ジャイプール)」は、もちろん素晴らしいです。ただ、観光客が多い分、騙されたり、観光業を生業にしている一部のインド人の粗暴さに疲れ、インドが嫌いになってしまう人が多いのも事実です。

それに比べて、「南インドの人々は穏やか」とインドに詳しい人たちがよく言っており、筆者自身そのように感じています。北インドを訪れて悪い思い出ができてしまっても、インドを嫌いになる前に、ぜひ南インドにいらっしゃってください! あなたの知らないインドがここにはあります。

※記事内のルピーから日本円への換算は1ルピー=1.8円で計算しています。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

神秘的なブルーシティ!世界の青い街並み5選

心を落ち着かせリラックスさせる効果がある色、ブルー。一方で、とても神秘的で人を惹き付ける色でもあります。世界にはびっくりするような青に染まった町があり、足を踏み...

インド【バラナシ】日の出も夜の祭典も!ガンジス川を手漕ぎ舟で巡る

生と死が廻るともいわれる聖なる川、ガンジス川。そんなガンジス川が流れるインドのバラナシは、ヒンドゥー教徒にとって最大の聖地として、インド国内外から多くの教徒たち...

南インドの絶景穴場スポット“石の惑星”ハンピを旅する

訪れた旅人の誰もが絶賛する、南インドの“石の惑星”ハンピ。1986年に世界遺産に登録されるも、アクセスの不便さから観光地化が進まず、日本人にとってもいまだに馴染...

【南インド】チェンナイの2大名所・カーンチープラム&マハーバリプラムのおすすめ観光

インドってカレーしかないんでしょ…そんなイメージをお持ちの皆さん!違います!インドは知れば知るほど魅力を感じられるとってもファンタスティックな国なんです。そして...

【インド・ハヴロック島】アジアNo.1の絶景「ラドハンガービーチ」

トリップアドバイザーのトラベラーズチョイスアワードで、2017年のアジアナンバーワンビーチに輝いた海を皆さんはご存知ですか?それがインドのアンダマン諸島、ハヴロ...

この記事を書いたトラベルライター

インドのIT企業に勤めるバックパッカー
南インド・チェンナイ在住/通訳案内士(英語)/生まれも育ちも日本/インドのIT企業勤務/合気道弍段/アロマテラピー検定1級/タイ・チュラロンコン大学留学/ASEAN全10カ国制覇/インドの荒波に揉まれながら、日々をのんびり楽しく過ごしてます^^/チェンナイの知名度を上げて、「チェンナイ-東京」直行便就航へつなげることが、密かな野望
http://zipanger777.com

【オマーン】まるでディズニーシー!?な街並みのマスカット見所5選

あなたは「オマーン」と聞いて、どこにあるかピンときますか??オマーンはオイルマネーで潤うアラビア半島の南東に位置します。そのオマーンの首都がマスカットであり、都...

【保存版】車社会オマーン・マスカット観光に役立つ乗り物5種比較!

オマーンの首都マスカットを観光したい!と思った方、お目が高いです。まだまだ日本人観光客が少ない、東京ディズニーシーを想起させるような美しい港町は、確実に穴場です...

バスの河渡し!?ペルー〜ボリビア陸路国境越えの安全な方法

南米をめぐるバックパッカーが、よく陸路で国境を越える場所の一つが、ペルー〜ボリビア間の国境です。この国境、なかなかユニークな国境です。国境になっている河を渡る際...

行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由

ディズニー大好きなあなた! もちろん、東京ディズニーリゾートに何度も行くのもアリだけど、外国のディズニーランドにも興味はありませんか?? 興味がある、そんなあな...

【南インド】ジンジーフォート・知る人ぞ知る天空の城

『天空の城ラピュタ』のモデル、と言われる場所は世界中にいくつもあります。その一覧に載ってこそいないものの、9世紀より岩山にそびえ立つ天空の城が南インドにあります...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?