その他

神秘的なブルーシティ!世界の青い街並み5選

取材・写真・文:

2018年9月26日更新

14,683view

お気に入り

心を落ち着かせリラックスさせる効果がある色、ブルー。一方で、とても神秘的で人を惹き付ける色でもあります。世界にはびっくりするような青に染まった町があり、足を踏み入れた瞬間から吸い込まれてしまいそう。この記事では、一度は訪れたい、世界を代表する青い街並みをご紹介します。

この記事の目次表示

シャウエン(モロッコ)

  • モロッコのシャウエン

青い街並として最も有名なのが、モロッコ北西部にある都市「シャウエン」。決してアクセスはよくありませんが、この幻想的な青に染まった光景を一目みようと、多くの観光客が訪れます。迷路のように入り組んだ旧市街へ一歩足を踏み入れると、そこは路地も壁も、さらには内装までもすべてがブルー。眩しいぐらい青いこの町、一体なぜそんなに青いのか?

白い壁では夏の暑い日差しが反射して眩しいからという理由や、虫除けという現実的な理由の一方で、ユダヤ教徒によるものという説もあります。シャウエンに住みついたユダヤ教徒が、ユダヤ教では神聖な色とされる青で壁や路地を塗ったのだそう。

  • モロッコのシャウエン
  • モロッコのシャウエン

そんなシャウエンを訪れるには、まずモロッコの空の玄関口「カサブランカ」へ。そしてカサブランカからは鉄道で「フェズ」へ向かい、バスで約3時間30分でシャウエンに到着します。カサブランカからは他の都市を経由する方法もあります。

シャウエン
モロッコ / 町・ストリート
住所:Chefchaouen,morocco地図で見る

ジョードプル(インド)

  • インドのジョードプル

「ジョードプル」はインドのラージャスターン州にあります。この州はインドで面積が最も大きい州で、州都の「ジャイプール」はインドの観光地として名前を聞いたことがある方も多いはず。ブルーシティの「ジョードプル」に対して、「ジャイプール」はピンクシティと呼ばれます。今回ご紹介するのは、ブルーシティの「ジョードプル」の方ですね。タール砂漠への入口にある街です。

  • インドのジョードプル

家々の壁は綺麗に青く塗られた、というよりムラがあります。そもそもなぜこの町が青いのか?それは害虫駆除のため化学塗料を塗ったところ、ライム色の壁が青く変色してしまったのだそう。ムラがあるのも納得、意図して青くしたわけではなかったのですね。

このブルーシティ随一の観光スポット「メヘランガル城塞」からは、青い街並が一望できます。また建物自体も大変見応えがあるので、「ジョードプル」を訪れたら必ず足を運びたい。

ジョードプル
インド / 町・ストリート
住所:Jodhpur,India地図で見る

フスカル(スペイン)

  • スペインのフスカル

「フスカル」はスペイン南部にある小さな村。人口は300人にも満たない。元々は白い家々が建ち並ぶ普通の村でしたが、なぜこんなに青くなってしまったのでしょうか?それは、アニメ映画「スマーフ」の宣伝によるものだったのです。スマーフという青い妖精にあわせて村の建物を青く塗り、宣伝期間が終われば白に塗り直すはずでした。しかし住民投票により、青いまま存続することが決まり、おかげでこの小さな村の観光客がどっと増えたとのこと。

  • スペインのフスカル

「フスカル」へ行くには、まず「マラガ」へ向かい、「マラガ」からバスで「ロンダ」まで。そして「ロンダ」からタクシーで行くなどの方法があります。

フスカル
スペイン / 町・ストリート
住所:Juzcar,Spain地図で見る

サントリー二島(ギリシャ)

  • ギリシャのサントリー二島

街全体が青、というわけではなく、青と白のコントラストがとても美しい「サントリー二島」。エーゲ海に浮かぶ島のなかでもとくに素晴らしい景色を誇り、そのロマンチックな雰囲気がハネムーンやカップル人気です。

サントリー二島といえば、イアとフィラのふたつの地区がよく名前にあがります。「これぞサントリーニ島!」というような、島を象徴する青と白の景色が見られるのはイアの方。そして世界一の夕日が拝めるのもイア。一方でフィラは、島の中心。たくさんのお土産屋さんや素敵なカフェ、海を眺めながら食事ができるレストランがあります。また頂上からはサントリー二島を一望できます。

  • ギリシャのサントリー二島
  • ギリシャのサントリー二島

日本からサントリーニ島へ行くには、まずギリシャの首都アテネへ。そしてアテネからはエーゲ航空で約1時間、高速船なら4〜6時間、フェリーで約8〜9時間です。

サントリーニ島
ギリシャ / 観光名所
住所:Santorini,Greece地図で見る

シディ・ブ・サイド(チュニジア)

  • チュニジアのシディ・ブ・サイド

「シディ・ブ・サイド」は、チュニジアの首都「チュニス」から約20キロ北東の、地中海に面する観光地です。白い壁に、青く塗られた窓枠や扉がよく映える街並は、ここがアフリカであることを忘れてしまいそう。この美しい青色は「チュニジアブルー」と呼ばれ、ガイドブックにも必ずと言っていいほど出てくる言葉。色合いはコバルトブルーに近いでしょうか?「シディ・ブ・サイド」を訪れれば、家々もカフェもレストランも、どこもかしこも徹底された白と青のコントラストに驚いてしまいます。

ガイドブックで紹介されることの多い「カフェ・シディ・シャバーン」は、地中海を見下ろすベストロケーション。カフェはもちろん白と青のコントラスト。ぜひ足休めに立ち寄りたいですね。

  • チュニジアのシディ・ブ・サイド

日本でよく知られる観光地ではありませんが、「シディ・ブ・サイド」はチュニジア随一のリゾート。比較的アクセスがよく、首都「チュニス」からはTGM(列車)で20〜30分。タクシーを使うのも手です。

シディ・ブ・サイド
チュニジア / 町・ストリート
住所:Sidi Bou Said,Tunisia地図で見る

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年3月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

1位は マダガスカルのバオバブ並木!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2019年3月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2019年3月の1位はトリップノートトラベラーKayo...


摩訶不思議!一度は見たい「世界の秘境・絶景スポット」11選

世界には想像を絶する景色がたくさんあります。秘境から有名な観光スポットまで、一生に一度は見てみたい摩訶不思議な絶景をご紹介。ちょっと人とは違う所に行きたい!地球...

【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...


1位は白鬚神社!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2019年1月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2019年1月の1位はトリップノートトラベラーすらむさ...

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

【2019】京都のおすすめお土産29選!旅ツウが選んだ京都でしか買えないお土産特集

京都らしい定番の和菓子に最新スイーツ、まだあまり知られていない隠れた名品など、旅行ツウのトラベルライターが選んだ京都でしか買えないおすすめのお土産をご紹介します...


温泉街が楽しい温泉15選!風情のあるおすすめ温泉街特集

せっかく温泉に泊まるなら、風情のある温泉街のそぞろ歩きを楽しみたいもの。国内の有名温泉地の中から、温泉街の散策も楽しめる温泉を厳選してご紹介します。

2019夏の旅行に!6月・7月・8月の国内おすすめ旅行先・観光地36選

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を全国から厳選しました。夏休み、お盆休みなどの旅行にぴったりな旅先がきっと見つかります...


【アーユルヴェーダ石鹸徹底ガイド】シンガポールのお土産はこれで決まり!

シンガポールのお土産として、女性に人気のアーユルヴェーダ石鹸。インドの伝統医学をもとに作られた100%植物性の石鹸で、シンガポールなら1ドル前後で購入できます。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?